名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい廃墟「ピエリ守山」探訪1
DSCN0629_convert_20140102092512.jpg
 大型ショッピングモ-ルのウインドーショッピングってお好きですか?私、結構好きで各地のショッピングモールへ出かけます。見ているだけでも何か豊かさを感じてしまう魔力。地方に暮らしていてもある程度のモノが地元で手に入る買い物の楽しみを消費者に与えた商業形態だと思います。その集客力の大きさから、全国各地にタケノコのように増えてきたショッピングモールですが、近年ではショッピングモール同士による競争が激化した結果、勝ち組と負け組がハッキリと出てくるようになり、競争に敗れていったショッピングモールも見られるようになりました。
KIMG9314_convert_20140102104602.jpg
 弊ブログでは、以前その大激戦地域の一つである岐阜地域で敗れていったショッピングモール「リバーサイドモール」を取り上げたことがあります。
【参考】弊ブログ・オーバーストア現象(2011.05.24)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-911.html
 ところが、それを遥かに更に上回る、すごいショッピングモールが滋賀県にあるという噂を聞き、2013年11月末に見に行ってきました。今回から数回に分けて、その模様をお届けします。
 岐阜の山奥から名古屋・大垣・米原と電車を乗り継いで約3時間。滋賀県守山市へやってきました。JRの新快速で京都まで20分、大阪梅田まで1時間弱という立地なので、京都・大阪へのベッドタウンとして発展している街の一つです。ここからバスに乗り換えます。ショッピングモールまでの所要時間は約30分、運賃480円。運悪く、正面まで乗り入れるバスが1時間待ちだったので、その近くまで行く琵琶湖大橋経由の堅田行きバスに乗ります。
 この守山市と琵琶湖大橋の対岸である大津市の堅田・雄琴・坂本地区を走る近江鉄道及び江若交通のバスに乗り放題の1日乗車券があることが判明。元が取れそうだったので記念に購入しました。日曜日で営業所は休みでしたが、バス運転士さんから購入できたので助かりました。
【参考】近江鉄道ホームページより
http://www.ohmitetudo.co.jp/bus/rosen/ecobus.html
 なんせ、開業時は滋賀県最大のショッピングモールとして開業したのだから、名前ぐらいは載っているだろうと思って、1日乗車券のエリア図を眺めていたら、
KIMG9789_convert_20140102104333.jpg

わんわん王国(笑)

DSCN0634_convert_20140102092725.jpg
 オレが行きたいのはわんわん王国じゃなくて、ショッピングモールなんだけど。調べてみたら、このショッピングモール、確かに犬のテーマパークだった「びわ湖わんわん王国」の跡地に造られた模様。びわ湖わんわん王国、確かに名前は聞いたことがあります。名古屋でも中京テレビ限定で流れてましたからね。東海地方じゃ、岡崎の「わんわん動物園」の方が有名ですからね。まぁ、わんわん王国は2005年に閉園。入場料1800円だったそうで、それじゃリピーターおらんやろな。同時に、この乗車券自体もそれ以前に印刷されたモノ。よほど、売れてないのでしょうね。
DSCN0637_convert_20140102092807.jpg
 堅田行きバスは10名ほど乗せて守山駅を出発。10分も走るとのどかな田園風景となり、お客さんが徐々に減ってきました。日曜日午後2時過ぎのバス。ショッピングモールへ行くなら、買い物客にとってある意味ゴールデンタイムのはず。しかし、買い物客らしき姿は見られません。バスの乗客は4人まで減って、立派な琵琶湖大橋のたもとにある「琵琶湖大橋東詰」で下車。湖周道路と呼ばれる県道を彦根方面へ10分ほど歩きますと、カーブの向こうに大きなショッピングモールが見えてまいりました。これが、噂のショッピングモール「ピエリ守山」です!!
DSCN0645_convert_20140102092919.jpg
 このショッピングモール、2005年にテナント数200を有する滋賀県最大のショッピングモールとして開業したというのに、日曜日の午後3時の駐車場がこれ。定休日じゃありません。日曜午後3時といえば、ショッピングモールにとってはゴールデンタイムです。周辺道路まで駐車場へ入るクルマがあふれて当たり前なのに、こんなに立派な駐車場にはクルマがほんの20数台止まっているだけ。なかなか見られませんよ。
DSCN0649_convert_20140102093005.jpg
 屋上駐車場は補修工事中につき閉鎖中。しかし、どう見ても補修された形跡はなく、長期に渡って閉鎖されている様子がうかがえます。
 外観を見ただけだというのに、早くも衝撃に言葉を失ってしましましたが、館内に突撃します。そして、館内で繰り広げられたピエリ守山の姿に打ちのめされます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1260-27781385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。