名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

岐阜FM、会社解散・事業譲渡へ
KIMG0033_convert_20140222213659.jpg
 岐阜県のFMラジオ局・岐阜エフエム放送(岐阜県大垣市)が自力再建を断念し、総務省の許可を条件に今年3月31日で会社を解散し、放送事業を新会社「エフエム岐阜」に譲渡することが明らかになりました。総務省から放送免許承継の許可を受けて事業譲渡されるのは、全国の民放FM局では兵庫県のKiss FM KOBE、福岡県のcross fmに続き3例目となります(画像は2013年2月20日中日新聞朝刊より)。
 岐阜エフエム放送は2001年4月に開局しましたが、7~8億円に及ぶ初期投資や金融機関からの借入金返済が重荷となり、2013年3月期決算で3億円超の債務超過となっていたそうです。ただ、ここ数年は単年度で黒字決算となっており、早期の事業譲渡が適当と判断されていたそうで、昨年10月に臨時株主総会で岐阜エフエム放送の会社解散及び清算が特別決議されていたそうです。
KIMG0029_convert_20140223003042.jpg
 新会社はエフエム東京(東京)、エフエム愛知(名古屋)、ジャパンエフエムネットワーク(東京)の3社が出資して昨年8月に設立され、承継後の今年4~6月に第三者割当増資を実施し、岐阜県内企業の出資比率を50%以上に引き上げるそうです。
 エフエム岐阜は岐阜エフエムの事業所やスタジオ、従業員をそのまま引き継ぎ、放送を継続する方針とのこと。中日新聞の岐阜県向け紙面には「4月以降も放送継続」と見出しが出ておりました(画像は2014年2月20日中日新聞岐阜県版より)。とりあえず、最悪の事態は回避した模様です。
 でも、今まで通りにはいかなくなるだろうね。何となく、そんな気がします。
KIMG0056_convert_20140222213722.jpg
 岐阜FM。正直、早い時点から経営が苦しいという噂が絶えることはありませんでした。以前から平日夜の「A.O.R」や土曜日夕方の「YAJIKITA ON THE ROAD」などJFNの番組を軸に聴いていましたが、とにかくCMの少なさが尋常じゃ無く、その時間の大半は番宣と曲を流す「パワープレー」でしのいでおり、それは今は無きRADIO-i(愛知国際放送)を彷彿させるものでした。近年はJFNの配信番組の内容が充実していることから、その番組ネットを増やすことで自主路線へ傾倒するFM愛知やFM三重と異なる存在価値を維持していたと言えます。

 経営苦境のエフエム岐阜3月末迄に清算か?

 こんな記事がメディア業界誌サイトで飛び出したのが今年の1月末でした。腐っても企業ですし、放送局ですから許認可事業です。夜逃げなんて許されませんから、新聞報道から察して昨年の春から初夏あたりには岐阜FM内部で解散の方針が固まっていたのでしょう。

 どうして、こんな状況になってしまったのか。そこで良く出てくるのは、犬猿の仲と言われる中日新聞と岐阜新聞によるメディア抗争の舞台として岐阜FMが利用された影響を指摘する方もいますが、詳細はメディア当事者同士しか分からない話なので、詳しい解説はそちらにお任せします。
 ただ、それ以前に「放送局として、企業として、その存在意義を岐阜県民に提示し、確立することができなかった」こと、そして「岐阜県全体で岐阜FMを支える姿勢が醸成できなかったこと」こそ、解散に至った最大の要因だと思います。 未だに岐阜県内で受信できない地域がある。県内の高速道路や幹線道路のトンネル内、そしてCATVですら再送信がほとんど無く、県民にどの程度認知されていたのかは疑問です。とにかく、電波が飛ばず30km先の名古屋まで届かない。岐阜県美濃地方の多くはFM愛知、場所によってはFM三重も受信できるため、時間帯によってはFM3局が同じ番組を流している状況で、無くては困るという必要性が県内で醸成しにくい環境にありました。
 確かに飛騨高山や郡上・中津川など、岐阜FMに誕生によって民放FMの恩恵を受けた地域もあります。しかし、その地域だけでは経営が成り立たない。それは前発局の岐阜放送を見れば分かるのであって(相当苦しい)と、とにかく散々なロケーションで運営せねばならない厳しい環境だったかと思います(画像は2014年2月20日朝日新聞朝刊より)。その構図は兵庫県のKiss FM KOBEや佐賀県のFM佐賀に近いものがあります。
KIMG0071_convert_20140222213742.jpg
 だから、この局は差別化として地域密着型の企画で繋ぐしか無かったわけです。だから、中津川とか郡上とか、一部の地域を猛烈にプッシュしたり、長良川の花火大会をラジオで実況中継するという、本来ならコミュニティFMが担うべき企画まで、こなさねばならないわけです。ちなみに、2月24日には岐阜FMの電波がまともに届いていない名古屋港で開催中のサーカスの実況中継をするそうです。一体、この企画、誰得なんでしょうか。岐阜県民に向けての放送として明らかに逸脱していると思います。実験企画かもしれませんが、少なくとも今行うべきモノじゃないと思います。企画自体も末期的です。

 岐阜県は地域によって事情がバラバラであるため、一部の地域で盛り上がっても、県全体に拡大できない「永遠の課題」が存在します。県庁所在地の岐阜市と岐阜FM本社のある大垣市もほんの10数キロしか離れていませんが、実際の経済圏は別物です。金融機関の十六銀行と大垣共立銀行による激闘は、その典型例です。ましてや飛騨や東濃は岐阜市へのつながりすら希薄です。大垣なんて隣の県のイメージです。これは岐阜新聞・岐阜放送も、サッカーのFC岐阜も、そして今回の岐阜FMも克服できませんでした。
 本社のある大垣市の「ソフトピアジャパン」も、梶原拓知事時代の「無駄なハコモノ」として揶揄されたことで知られます。その店子として入居したところからケチのつけ始めだったかと思います。西濃地区の企業が中心になって支えるそうですが、どうなることやら。
 4月改編でこの局がどうなるかは注目したいと思います。大阪のFMCOCOLOがFM802の第2放送になってしまったように、エフエム岐阜がFM愛知の第2放送になって自主路線でボロボロにならないように願います。逆にこれを喜んでいるのは、FM愛知の自主路線を担当しているお抱えのDJ連中だったりして(画像は2014年2月20日毎日新聞朝刊より)。

 ところで今回の件、岐阜新聞が沈黙を保っています。なぜなんでしょう?非常に気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

岐阜県は広いゆえに県内でもいくつかの地域に分かれ事情がバラバラなんですね…。
岐阜市周辺と飛騨地方では全然違うし。
槍ヶ岳や穂高連峰と言った3000m級の山々も県内にありますね。

大垣と岐阜は近い割には経済圏は別なんですね。
言われてみたら揖斐川と長良川という2つの大河川に隔てられています。
岐阜市は名鉄が強いですが大垣市は名阪近鉄バスや養老鉄道など近鉄のエリアと言えますね。
JR西日本の快速電車が乗り入れるなど関西的な一面も見せる地域です。
【2014/02/23 20:06】 URL | えびちゃん #- [ 編集]


>電波が飛ばず30km先の名古屋まで届かない。
サービスエリアが公式サイトに載っておりまして、それでは届いております。実際、名古屋市内でも聞こえるところがあり、過去にナゴヤドームで聴取ができたことから、栄以北ではFM三重より悪いがそれなりに、それより南ではFM三重よりも聞こえがかなり悪いふう(うっすら聞こえるレベル)になっています。実際、家(栄以南)でInterFM NAGOYAの試験放送がやってないかチェックするついでで確認したところ、岐阜FMのCM(文中にあるパワープレイの件)がうっすらレベルで確認できました。

>未だに岐阜県内で受信できない地域がある。県内の高速道路や幹線道路のトンネル内、そしてCATVですら再送信がほとんど無く(以下略)。
それゆえに、なぜradikoに参画しなかったのかと。某カード会社のCMじゃないですけど、お金で買えない価値があると思うんですけどねぇ・・・。ぎふチャンはそれをやって、それなりの支持者を得たはずです。

>2月24日には岐阜FMの電波がまともに届いていない名古屋港で開催中のサーカスの実況中継
岐阜エフエム主催・エフエム愛知協力となってますが、実際はエフエム岐阜とエフエム愛知の繋がりの強さを見せていますね。新会社の宣伝と実験放送を兼ねてるなんて言い過ぎでしょうかねぇ。

>FM愛知の自主路線を担当しているお抱えのDJ連中
こんな奴らの放送垂れ流しにするくらいなら、腐ってもJFN系の番組垂れ流しの方がマシじゃないのと。それでは大票田の美濃地方にメリットがないし、リスナーも逃げますよ。それに第三者割当増資も上手くいかないに決まってる。

とにかく一番やってほしいのは、名古屋にきちんと聞こえるようにする(スピルオーバー確実ですが、三重でやっているのはいいのかと突き付ければ総務省も首を縦に振ってくれないかと)こととradiko参入でしょう。絶対数を増やすことで、差別化を図り、そこから確固たる地位を確立していくべきだと思います。実際、それを開局当初から行ったFM三重は成功しているとも言えます。

乱筆乱文、および長文失礼しました。
【2014/02/28 00:10】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/02/28 18:24】 | # [ 編集]

サーカス特番について
2月24日のサーカス特番はFM愛知でも同時放送されました。
記事を書くなら他局でもネットがあるのかどうかぐらい確認するべきです。
【2014/03/02 01:15】 URL | 迷鉄たまラン #dPrU6uTg [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/04/01 17:02】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1269-0248d4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)