名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

新年度に思う、切磋琢磨すべきこと
 4月1日。新年度に突入しました。
 我がブラック企業にも2人の新卒社員と中途入社が1人やって来てくれました。

 今の職場へ来て、困っていることがあります。それは人の出入りが激しいことです。既に何人もの仲間が職場を去っています。私が知っているだけで昨年度は9人。これが社員数500人・1,000人の会社ならいいのですが、数十人の企業ですから深刻な問題です。寿退社などの理由ならまだしも、退職理由の大半は悪いものばかり。

 昨年末にやって来た新人も営業所長の執拗ないじめが原因で、つい先日、退職してしまいました。在職3ヶ月。これでは履歴書にも書けませんが、社会保険に加入しているので履歴に傷がついてしまいました。
 27歳で社会人経験なし。明らかに能力不足ですが、せっかく会社の門を叩いた人材なのだから、育てることで戦力にすれば良かったのですが、教育を放棄した職場で新人が育つはずもなく、ダメ出ししかしない愚かな指導は新人の意欲を日々へし折り続け、最後は営業所長と大喧嘩という最悪の展開でした。
 能力不足で営業が無理なら、最初は配達などのチョイ役を担ってもらえばよかったのですが、私も彼に手を差し伸べられなかったことを反省しています。
 
 すぐに仕事を辞めてしまう人、結構います。私も何度か職場を変わっているので、「こんなはずじゃなかった」とか「聴いていた話と違う」といった事例や、会社の体質的な問題に起因するイジメなどで辞めたくなってしまう気持ちも分かります。しかし、これを組織が一方的に「個人の問題」として片付けてしまうのは、如何なものかと思うんです。突き詰めていくと会社側の指導技術の不足という問題が個人の問題以上に大きい気がします。

 先日、会社に影響力のある別の上司(在職11年目)が私に「オレは職場をもっと良くしたいと思っている」と、職場内で規律を守り、互いに仕事で切磋琢磨する重要性について熱弁してくれましたが、あまり響きませんでした。むしろ「お前、10年もいて、会社がこのザマであることに情けなくないのか」と思ってしまいました。言いませんけどね。上司は正論ぶって言っているのですが、そこに会社の病理が隠れているのです。
 
 誰だって、職場を良くしたい。給料を上げたい気持ちを持っています。だから、仕事を精進し自ら腕を磨くのです。その気持ちが高ぶると、連帯していくために同僚と共に「切磋琢磨」していくのですが、その方向性が途中でおかしくなった結果、同僚への単なる「つつき合い」「ダメ出し合戦」という次元の低いものとなり、それが職場の士気を下げてしまい、有望な社員が次々と職場を去ってしまうのです。

 営業はプロセス関係なく、結果が全てです。したがって、数字を見れば一目瞭然。そこで他人を批評・批判するのは、思った以上に簡単です。しかし、本当に会社という組織を盛り立てていきたいのなら、褒めて伸ばすしかないのです。次に繋がりそうなものがあれば、そこで褒める。原則、野放し。暴走し始めたら、そこで初めて指導する。人材を育てずして会社は永続していきません。永続させるためにも、指導・継承する技術が職場のメンバーすべてに求められるのです。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。(山本五十六)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1274-3ac6882b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)