名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広瀬さん、広瀬神社の砂かけ祭りへ行く
KIMG1344_convert_20150222223446.jpg
 ここ数年、興味を持ちつつあるのが全国に点在する私の姓と同じ「広瀬」の地名。文献で調べてみると、北は青森県から南は鹿児島県まで全国に80ヶ所ほどあるそうです。元々川沿いに多い地名なので、全国に分布しているそうです。数年前の平成の市町村合併までは、新潟県に入広瀬村、島根県に広瀬町という自治体もありました。
 また、広瀬の地に立つ神社、「広瀬神社」というのも全国に5ヶ所ほどあるそうです。その中の一つ、奈良県河合町の「広瀬神社」は奈良盆地の底にある神社で、毎年2月11日に行われている伝統の「砂かけ祭り」は、その内容の強烈さから「大和の奇祭」という異名を持つ、地元では超有名な祭りだそうです。
 広瀬さん、これには居ても立ってもいられず、奈良へ潜入してきました!!
KIMG1345_convert_20150222223401.jpg
 大阪・天王寺からJR大和路線快速で約30分。法隆寺駅で下車。ここまで来たなら、法隆寺も見に行きたいですが、今日は絶対に広瀬神社。ところが、広瀬神社まで2㎞強。バスの便は一切無し。駅に客待ちタクシーも1台も無し。午後2時のお祭り開始まであと30分。これが奈良の大仏商法か?って半ギレ状態で駅前の交番に飛び込むと、広瀬神社への道を訪ねる先客の姿が。しかし、警官が示した道のりの遠さに老夫婦は諦めて法隆寺へ歩き出す始末。しかし、岐阜の山奥から乗り込んだ私にとっては、天下の法隆寺より絶対に広瀬神社。今日は年に一度のお祭りですからね。是が非でも行きますよ。法隆寺は逃げません!!とにかく必死で歩きました。途中で道を間違えるも、午後2時10分現地到着。
KIMG1348_convert_20150222231204.jpg
 この砂かけ祭り、元々は五穀豊穣を願う御田植祭なのだそうです。
 まず、牛の被り物をした氏子が「モー」と鳴きながら、牛飼い役の氏子を連れて境内を歩き回ります。ここまでは実に素朴な祭りです。しかし、この後、祭りの様相が一転します。
KIMG1354_convert_20150222223705.jpg
 氏子が被り物を外し鍬を手にすると、祭りは突然始まります。鍬に山盛りの砂をすくうと…。
KIMG1355_convert_20150222223807.jpg
 なんと、観客へ砂をぶち撒くのです。それも容赦なく、ガンガンに。境内が大騒ぎです。これが約5分間続きます。
 5分ほど続くと笛が鳴り、砂かけは終了。砂かけの氏子は観客の拍手と共に引き揚げる。これを10回繰り返します。
KIMG1351_convert_20150222223608.jpg
 最初は砂を被りたくないので逃げ回るのですが、何度が繰り返してくると、観客もエキサイトしてきて砂をかけ返すようになり、まさに祭りの盛り上がりは最高潮となります。
 1時間程のカオスが終了すると、巫女さんが稲を見たてた松苗を境内に植え、それを観客が取り合います。松苗は最前列に陣取る子どもたちによって、ほぼすべて取られてしまうのですが、ある子のお爺さんが「一人占めはアカン」と近くの人達に分けて下さいました。そして、「田」という字の入った餅「田餅」の餅投げがあり、祭りは4時過ぎに終了しました。
 まぁ、砂は被りまくり。カメラは守るのに必死と大変でしたが、非常に楽しいお祭りでした。奈良まで見に行って良かった。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1300-de16d6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。