名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

さよならトワイライトエクスプレス1
DSCN0563_convert_20150510205030.jpg
 2月10~11日に関西へ出かけました。
 かつては、東海地方から京都・大阪はJRでも在来線を乗り継いでいくのが当然であると思っていましたが、新幹線の快適さに慣れるとやみつきになってしまいますね。これを乗り物好きとして喜ぶべきか否かは難しいところですが。しかし、京都まで45分、新大阪まで1時間というのは魅力です。
DSCN0577_convert_20150510205114.jpg
 お昼の京都駅。もちろん、ここへ来たのは目的があります。「あの」列車の撮影を行うためです。本当は大阪駅まで見に行く予定でしたが、間に合わないことが判明したので、京都駅で待ちかまえます。30分前で既にこの状態。途中何本か通過していく特急列車や貨物列車で撮影の練習です。そして、12:24。
DSCN0578_convert_20150510205130.jpg
 ついにやってきました!大阪発札幌行寝台列車「トワイライトエクスプレス」。列車が停止するや否や撮影スタートです。なんせ、京都駅での停車時間は1分。とにかく、必死にシャッターを押し続けます。
DSCN0583_convert_20150510205211.jpg
 乗り物好きなら、一度は乗ってみたかった列車ですが、ついに乗れずじまいで廃止の日を迎えてしまいました。鉄道に採算性や経済性を求める論調が台頭し、寝台列車に廃止の波が及んでもなお、この列車は一線を画し、高級志向と優雅さを兼ねたグレードの高さと、乗客からの憧れを最後まで提供してくれました。
DSCN0581_convert_20150510205152.jpg
 今でこそ、JR九州の「ななつ星」や近鉄の「しまかぜ」がハイグレードを武器に観光客の脚光を浴びていますが、その原点はこの列車にあるのです。
DSCN0589_convert_20150510205228.jpg
 1分間はあっという間に過ぎ去り、車掌の笛の音と共にドアが閉まると、トワイライトエクスプレスは札幌に向けて、静かに京都駅を去っていきました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1308-43e6cafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)