名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

大阪都構想反対多数で幻に
osakatokousou.jpg
 大阪市を廃し、特別区を設置する大阪都構想住民投票は、惜敗率98%の僅差で反対多数となり幻となりました。
 私は大阪市民ではないので投票権も無く、結果をそのまま受け止めるしかないのですが、大阪府と大阪市による二重行政の弊害と地方議会の無駄、更には公務員天国を徹底的に排除する、近代自治の新しい形を模索する最初で最後のチャンスだったので注目していました。
 結局は今の生活、行政サービスの低下を懸念した市民の反応が開票結果に現れた気がします。興味深かったのは24区別の投票で、都心部や北部は基本的に賛成が多く、湾岸地域や南部では反対が過半数でした。繁華街とその他の地域、所得のある地域・無い地域など、地域特性がハッキリ出たと感じました。もともと、「〇〇区とくっ付くのは嫌だ」という意見が各所から出ていました。生活保護受給者日本一の区や在日外国人の比率が日本一の区もありますからね。自民党が関西で放映した都構想反対意見のテレビCMが特に印象的で、自分の税金が自分の街に反映されなくなるという主張は、別の意味で市民感情を煽ったのだと思います。しかし、自民・公明に加え、民主・共産も相乗りして反対を訴えたというのは、歴史的に見ても極めて異例の出来事でしたね。

 個人的には都構想は賛成だったんです。やはり、二重行政の弊害は改善すべきですし、地方公務員や地方議員の数も多すぎますから、人員整理するためにも都構想によって行政改革ができるということを示して欲しかったです。大阪都知事に権力が集中する問題がありますが、これは東京都知事と同じなのですから、さほどの問題とは思いません。
 今回、60%を超える投票率となりました。シルバーデモクラシーなんて言われていますが、これは賛成反対に限らず、大阪市政及び府政に対する有権者の潜在的な不満の表れによるものであり、高齢者や若年層がどうこう言う問題ではなく、自分の街に対する自治意識というより地域愛の高さが表れた様に感じます。
 橋下徹市長の政治家引退。市政について賛否両論でしたが、政治家としては有能だったように感じます。非常に残念です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1312-2a8d38de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)