名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家電量販店業界の曲がり角
KIMG2191_convert_20150531115501.jpg
 家電量販店の業績悪化。エコポイントやらテレビの地上デジタル放送による半強制的な買い替えにより、5年~10年先までの需要を先食いしてしまったので、相当厳しい冬の時代を避けられない状況であるのは間違い無い点は、幣ブログでも何年も前から繰り返し述べてきました。
 そんななか、家電量販店最大手のヤマダ電機が大規模な店舗閉鎖を断行することが明らかになりました。遂にというか、やはりというか。ヤマダといえば「雑」。この一言がすべてを物語っていたように感じます。売場構成や陳列が雑、店員のレベルの低さ、電話かけても通じない、ただ店がデカいだけ、家電じゃダメだから洗剤や雑貨などドラッグストアみたいな売場になってたり。その他にリフォーム事業、最近ではソフトバンクとの提携など、手当たり次第に提携して生き残り策を模索しているイメージがありました。
 都市部の店舗でも客が少ないんですよね。週末に名古屋へ出かけますが、名駅のLABI名古屋なんてあの立地でガラガラですからね。店員の外国人比率が高く、明らかに中国人の爆買い客をあてにしているのが分かるほどです。
KIMG2194_convert_20150531115523.jpg
 しかし、驚きましたね。閉鎖店舗の一覧を見ていると北海道の稚内や中標津、岐阜県の郡上大和とか。エライ遠くや山奥まで店舗網を構築していたのですね。ここまで来ると量販店同士の競争から個人店まで相手にする消耗戦ですね。社員は近隣店舗に配置転換しリストラはしないそうですが、岐阜の郡上大和店の場合、最寄りの店舗が各務原か下呂。社員は引っ越すしかないですよね。パートの非正規労働者や工事・配送の請負業者もこれで仕事を失うケースもあることでしょう。また、北海道の場合はもっと深刻で稚内は旭川が最寄、中標津は釧路が最寄と100㎞以上離れており、消費者も故障時の修理などのアフターケアは絶望的な状況ですよね。
 地元の電気店も大型店により閉店に追い込まれていることから、頼むあてのない家電アフターケア難民が相当数出そうですね。私、営業で個人宅を訪問することがありますが、田舎へ行きますと高齢化による生活難に陥っている世帯が多いことに気付きます。電球1個交換できず、夜はテレビの明かりを頼りに生活してる人や、いつ電話してもつながらないので飛び込んでみたら、ベッド脇の子機が故障し、足が悪く電話機本体までの移動がおぼつかず途中で切れてしまうなど、家電製品を使う生活のスタートラインにすら立てない高齢者世帯が思った以上に増えています。買い物難民に次ぐ、生活難民の救済が急がれます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1313-599e0aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。