名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

北海道遠征2016秋2・北海道鉄路の現実
masike1.jpg
 11/19~22に行きました北海道遠征の旅レポートの2回目です。

 遠征2日目は今回の目玉の一つ・留萌本線に乗り、今回廃線となる留萌~増毛間の乗車を行います。宿泊した岩見沢のホテルは朝食付きで6,000円。しかし、朝食バイキングがあまりに豪華で思わぬ穴場でした。朝9時過ぎに出発、岩見沢駅でしばし列車待ち。昨夜は夜でしたので良く分かりませんでしたが、非常に構内が大きな駅です。かつての貨物輸送が盛んだったころの名残でしょうか。
KIMG1434_convert_20170506210851.jpg
 岩見沢はJR函館本線と並ぶ北海道の重要幹線鉄道であるJR室蘭本線の起点でもあります。室蘭線というと、道南から札幌へ向かう特急列車が行き交う北海道を代表する鉄道路線の一つですが、苫小牧から千歳を通って札幌へ行くのは室蘭線ではなく千歳線であることは、あまり知られていません。実は室蘭線は苫小牧から空知地方の炭田地帯を通って岩見沢に来ているのです。いまや、1日7往復程度しか旅客列車の走らない閑散線区ですが、この路線こそ北海道の鉄道史を象徴している路線ではないかと思います。
KIMG1432_convert_20170506210832.jpg
 この路線は、北海道最大の都市・札幌を通らずに北海道を南北に縦断できることが最大の特徴です。それは、旅客輸送よりも石炭など鉱物資源や農作物など貨物輸送が重要視されてきた、明治時代計画された北海道での鉄道敷設計画を最も色濃く残している線区の一つと言えます。
 北海道の道北・道東から鉱物資源や農作物を運び、本州から工業製品・生活物資を運ぶ。本州への輸送は船舶輸送がメインだから、冬も海が凍らない太平洋側の港(室蘭・苫小牧・函館など)へ運ぶ必要があり、札幌周りではスイッチバックする必要があるので非効率であることから、輸送効率に長けた室蘭線の岩見沢~苫小牧間は重要な役割を果たしてきたのだと思います。
6.jpg
 しかし、エネルギー革命による相次ぐ炭鉱の閉山とJR石勝線の開通、更に高速道路網の拡充により鉄道貨物輸送が激減すると、それに対抗しうる営業上の戦略を講ずることもできず、JR北海道の社長がついに全路線の半分が自力運営継続困難と宣言し、該当する線区は「廃止」か「上下分離方式」のいずれかで協議を始めるという話になってしまったわけです。
 根本的に北海道の鉄道路線は旅客輸送よりも貨物輸送が軸である。これが本州のローカル線問題と一線を画しているところです。だから、貨物輸送が廃止になった時点で、その穴を旅客輸送で埋めるのは困難であることから、ローカル線の行く末はある程度定まってしまうわけです。今回訪問する留萌本線も札沼線末端区間もこの典型的パターンの路線です。
KIMG1443_convert_20170506210916.jpg
 岩見沢駅でそんなこと考えていましたら、岩見沢9:55発旭川行き特急「スーパーカムイ」がやって来ましたので深川へ向かいます。ひたすら続く石狩平野を駆け抜けて10:35深川到着。留萌本線に乗り換えます。留萌線沿線は北海道でも観光ルートから外れており、留萌線が無ければ生涯行く機会があるかどうか分からない地域ですので、非常に興味深いです。
 11:08発増毛行き列車がやって来ました。2両編成に更に1両増結され3両編成ですが、最後尾の3両目は回送扱いで封鎖されていました。減るモノでもないのに、なぜ渋っているのかはよくわかりません。車内は留萌線狙いの同業者ばかり。日本ハムの日本一パレードよりも留萌線なんて、相当な鉄分の濃い人ばかりの車内です。
KIMG1460_convert_20170506210949.jpg
 封鎖された3両目。しかし、2両でイスが一通り埋まる程度しかお客さんいませんでした。
KIMG1463_convert_20170506211023.jpg
 11:08、深川出発。すぐに人家も無くなり、のどかな風景の中を走ります。すぐ脇に高規格道路が姿を見せています。深川留萌道という自動車専用道路で通行料無料。山はトンネルでぶち抜き、谷は橋で渡し、直線で最短距離で結びます。日本の鉄道の大半は昭和30年ごろまでの鉄道規格であるため、トンネルは必要最低限で、川沿いに線路を敷いてできるだけ橋も架けない発想で造ったものをそのまま使っているから、勝てるわけなのね。鉄道も1日7往復、旭川~深川~留萌間にはバスが1日10往復。札幌からの高速バスも10往復ある。非常に厳しい現実を垣間見る。列車は小さな峠を越えて留萌市内に入りました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1336-45413688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)