名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

北海道遠征2016秋3・増毛町散策
KIMG1485_convert_20170506225044.jpg
 11/19~22に行きました北海道遠征の旅レポートの3回目です。

 留萌本線、深川11:08発の増毛行きは12:07に留萌到着。13分の停車時間に立ち食いソバでも行こうかと思いきや、既に同業者で行列。食事を諦め、ここで3両目を切り離して12:14に増毛に向けて出発します。いよいよ、今回の廃止区間の乗車を行います。これまでの風景が一変して、荒涼とした海岸線の風景が現れると、視線はずっと海岸線。鉄道と並行して沿岸バスの路線バスが留萌~増毛間をカバーしており、鉄道が冬季に雪崩の恐れがあると運休になっても、地元では何の問題もなかったとか。途中の駅では乗降もほとんど無いまま、12:47に終着駅増毛到着。
KIMG1488_convert_20170506225103.jpg
 新千歳空港から延々使ってきました切符もここでお別れですが、せっかくなので記念に欲しいと申し出たところ、無効印を押して頂き、手元に残すことができました。増毛駅では全面回収されるという情報があったので助かりました。ありがとうございます。このまま、10分後の折り返し列車で帰るのも芸がありません。せっかく来たのですから、増毛の街。少し歩いてみましょうか。
KIMG1495_convert_20170506225121.jpg
 増毛駅は無人駅ですが、駅舎は立派でした。
KIMG1496_convert_20170506225138.jpg
 駅前から非常に渋い建物が続々。元々、ニシン漁の基地として栄えたそうですが、昭和30年ごろにニシンの枯渇に伴い、漁業の水揚げは甘エビやタコが中心になったそうですが、依然、北海道でも上質の甘エビが上がることで知られています。
KIMG1502_convert_20170506225158.jpg
 街並みから海まですぐ。遮るものは一切ありません。
KIMG1504_convert_20170506225216.jpg
 漁業で栄えた街ですから、当然お酒の文化があります。増毛町にある国稀酒造さんは、日本最北の蔵元として知られます。蔵の見学ができるそうなので、せっかくですから見せて頂きました。
 国稀酒造さんは明治15(1882)年、初代本間泰蔵が創業した、北海道で一番古い造り酒屋さんだそうです。増毛町にそびえる暑寒別岳の伏流水を使った辛口の酒として数多くのファンを持ちます。駅前通りに面して大正7年に建て直された木造2階建ての事務所棟と明治38年から10数年かけて建てられた石造りの文庫蔵や酒造蔵などの建物群からなります。蔵の内部は見学ができるようになっており、酒造り道具の展示室や利き酒コーナー、売店などがあり、同酒造の法被を着て写真撮影もできます。 増毛近郊には明治末頃7軒もの酒造会社があったそうですが、今はこの1軒のみとなっています。
KIMG1512_convert_20170506225236.jpg
 蔵の奥には試飲コーナー。ズラリと並んだ酒を片っ端から呑む、飲む、のむ…。調子乗って、随分頂きました。ありがとうございます。
KIMG1515_convert_20170506225252.jpg
 燃料も投入したので、駅へ戻ると、増毛13:53発臨時快速旭川行きが待っていましたので乗り込みます。あまり、宣伝されてなかったのか、車内はガラガラでした。次来れる機会あるやろか。そんなことを思いながら、増毛の街を出発しました。鉄道を失っても地元の方はあまり迷惑することは無いのでしょうが、観光客にとっては増毛が遠い街になってしまうかもしれません。でも、札幌からクルマで2時間半ほどだそうで日帰りできるでしょうから、札幌近郊の日帰り観光として頑張って欲しいと思います。
KIMG1523_convert_20170506230625.jpg
 いったん、留萌へ戻ります(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1337-effee8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)