FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

瀬戸市・菱野団地住民バス社会実験
DSC_0337_1_convert_20170803100502.jpg
 お久しぶりの乗りものレポートです。
 各地で公共交通、特にバスの社会実験が盛んに行われています。ここ数年で大きく変わったのは、住民が行政やバス事業者に陳情・委託して行ってきたものが、バス事業者も運転士の高齢化及び定年退職後の再雇用契約すら満了するようになり、人員確保が困難になってしまったことから望み薄となったことから、住民自身が実際にバスの運転士として携わり、住民が地元の公共交通を自ら確保し維持しようとする動きが始まっています。これは地元にバス会社・タクシー会社も無い過疎地域で行われていましたが、都市部でも導入する動きが見られます。
 今回は愛知県瀬戸市での社会実験を取り上げます。
DSC_0247_3_convert_20170803100150.jpg
 愛知県瀬戸市にある菱野団地は愛知県が瀬戸市の南部に開発し、1969(昭和44)年より入居が始まった住宅団地です。菱野団地は原山台・萩山台・八幡台の3ブロックに分かれており、現在は人口14,000人ほどが暮らしています。街の設計は黒川紀章氏による独特な発想によるもので、菱野団地を構成する3ブロックを合わせると「クローバー」や「葵のご紋」のようなデザインで、団地の中心部に高層住宅や商店、外周部に低層住宅を配置しています。また、交通事故防止策として団地内の生活道路からから団地外へ出入りする外周道路への出入経路最小限に抑えられている上に、すべてT字交差点になっています。最近の住宅団地では当たり前の設備ですが、半世紀前の時点でクルマ社会を想定した設計であるのは特筆すべき点です。
DSC_0243_3_convert_20170917182650.jpg
 菱野団地は名鉄尾張瀬戸駅・地下鉄藤ヶ丘駅、名鉄バスセンターからの直通と3本のバス路線があり、尾張瀬戸駅へは1時間2本、藤が丘へは1時間1本程度バスが運行されています。名古屋都心からのアクセスも良い環境ですが、路線バスは団地の中心・商店街のある団地の中心部寄りしか走らないことから、団地でも外周部に住んでいるとバス停まで随分歩かねばならない地域もあります。
DSC_0254_3_convert_20170803100312.jpg
 近年顕著になっている団地にありがちな住民の高齢化現象は、ここでも例外なく見られます。高齢になりクルマの運転が難しくなると、団地中心部にある商店や通院などのために団地中心部のバス停へ行くなど、基本的な日常生活動作において支障が出てきます。菱野団地は幸運にも丘の上にあることから坂道が比較的少ないのですが、クルマから自転車に乗り換え、更に自転車も諦めた人にはクルマ社会を想定した街路設計の街では暮らしにくくなります。瀬戸市が調査した2010年のデータでは菱野団地の住民のうち、65歳以上の人が28.2%を占めていたそうです。郊外の住宅団地において、クルマを失うことは生活の軸を失うことに等しく、同時に生活圏ですら移動を困難にすることは住み慣れた団地を離れなければならない恐れもあるのです。近年、都心部への人口回帰が続いていますが、これは若い世代に限らず、郊外団地での生活継続が困難になった高齢者世帯が住環境の良い都心部へ戻っているケースが相当数あり、名古屋から20~30kmしか離れていない団地でも実際に起こっています。
DSC_0238_2_convert_20170917182428.jpg
 「住み慣れた地域に引き続き暮らすためには、外出をするための支援が必要である。」この見地に立った「団地住民による、団地住民のための」新しいタイプの路線バスが各地で生まれています。東海地方でも、愛知県春日井市・高蔵寺ニュータウンの「サンマルシェ循環バス」や岐阜県多治見市「古虎渓よぶくるバス」など、郊外の住宅団地を発着点とする新しいタイプの路線バスが、既存の路線バスでカバーできなかった部分にメスを入れ、地域内で熱狂的なファンを増やしながら成長しています。
 今回の社会実験は、菱野団地の外周部から中心部にある商店や名鉄バスのバス停を結ぶことにより、団地内の移動を円滑に行うことを目標にし、これらの流れに追随したいのだと思われます。
 平成29年7月10日~12月26日までの月曜日から土曜日(祝日を除く)に2つのコースで1日5本運行されます。運賃は無料!
DSC_0279_2_convert_20170917182511.jpg
  1台はトヨタのハイエース、もう1台は低速電動バス「e-COM」という群馬県桐生市のメーカーが群馬大学と共同開発したクルマで、10人乗りの電動バスを借りて運行しています。バッテリーに充電した電気で動くもので、1回のフル充電(8時間)で40㎞走り、晴れた日は天井にある560Wのソーラーパネルでバッテリーの半分を賄うのだそうです。私が乗りに行った日は前日からの雨が朝まで降っていたことから、ソーラー発電がほぼ絶望的な状態。バッテリーに不安があることから、悪天候時は充電するために40分程度の「休憩時間」を設けているとのことでした。なお、充電は家庭用の100Vコンセントでできるそうです。
DSC_0271_3_convert_20170917182453.jpg
 電動バスの後部に「19㎞」という表示がありますが、これは公安委員会の制限でも何でもなく、e-COM8の最高スピードが時速19㎞しか出せないためだそうです。原付バイクの制限速度が時速30㎞ですから、自転車に毛が生えた程度の相当ゆっくりなペースで走るわけです。だから、走行中に後続車が列をなすことがあると、脇に避けて追い抜いてもらいながら進みます。団地の中心部にはバス停を設置していますが、団地の周回道路にはバス停は設置されておらず、手を上げればどこでも止まってくれるフリー乗降できるようになっています。
 電動バスが普通自動車運転免許があれば運転できることから、今回の社会実験では地元住民がボランティアで運転士を行います。運転手にも1回4時間勤務で500円の報酬があるとか。
DSC_0333_1_convert_20170917182541.jpg
 乗った感想ですが、ハイエースは車両能力を持てあます状態。所々で時間調整していました。一方のeCOM-8はゴルフ場のキャディーカート並みのスピードで本当にゆっくり走ります。冷暖房一切ないので、非常に暑かったです。また、バス通りを一本外れると集合住宅エリアでは路上駐車が非常に多いのも菱野団地の特徴です。バス停の前にも路上駐車。いくら社会実験とはいえ、これはひどいですね。団地内での温度差を象徴する場面でした。ちなみに、この停留場は機能せず、バスの係員が道路の斜め向かいにある集会所に誘導してそこで乗降する惨状。
 今回、地元の方に話を伺いましたが、団地住民の間でも温度差が非常に大きいこと、団地全戸にチラシを配布したが試乗した住民から「チラシが欲しい」という利用者が多く、配布しながらろくに読まずに捨ててしまった住民が相当数いることなど、非常に厳しい話を聞かせて頂きました。乗車人数の記録もチラリと見ましたが、「正」の字が書けない様で、非常に厳しいみたいでした。
DSC_0350_1_convert_20170917182626.jpg
 最終便は保育園の帰宅時間と重なり、子どもの利用が多いのが特徴でした。アトラクションの一環だとしたら面白いでしょうが、これが有償運行となった場合、仮に1乗車100円にしても利用する人が本当にいるのか非常に気になりました。1日5本、昼間のみの運行。午後2時過ぎには運行終了。利用する方がコツがいるようでは厳しい印象を持ちました。団地の外周部住民に活路を見出さねばなりませんが、外周部は戸建て住宅であるため、利用者確保にも限度があります。最近はコミュニティバスに協賛スポンサーを募る手法も良くありますが、菱野団地内に商店も少ないことから、これも難しそうですね。高蔵寺や古虎渓の様なバスに発展させるためには相当な改善とメスを入れないといけない気がしました。団地内も良いですが、団地の外にもスーパーなどがあることから、せめて菱野団地からも近い愛知環状鉄道の瀬戸口駅まで延長すると、少しは使えるかと思います。名鉄バスとも事実上競合してませんし。充電の問題があるかもしれませんが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1353-50290a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)