名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

アピタ中津川店閉店、今後どうなる?
DSC_0040_2_convert_20170921011503.jpg
 8月20日、岐阜県中津川市にある「アピタ中津川店」が閉店しました。
 アピタ中津川店は岐阜県東濃地方東部の中津川市と恵那市の大半、そして長野県木曽郡の南半分(大桑村以南)と商圏が非常に大きく、この地域に競合店も少ないことから集客力の大きい地域ナンバーワン店舗でした。田舎ですので週末に買いだめする世帯も多く、売上収支も黒字の優良店舗だったと聞きます。私も仕事の合間に昼飯買いがてら、時々出かけていました。
 土地の賃借契約が20年目の更新期にあたり、再度更新をすべく地主である繊維会社のオーミケンシと交渉するも相当額の値上げを求められた模様で、経営立て直し中のユニーグループにその体力が無く、交渉決裂。地域一番店がまさかの撤退という、大どんでん返しになってしまいました。
 もともと、新町にユニー中津川店として昭和45年に出店してから47年。地域にしっかり根付いていた「ユニー」が中津川から撤退しました。中津川市は岐阜県東濃地方では土岐市に続く、「ユニー」店舗の無い街に転落です。
DSC_0185_1_convert_20170921011408.jpg
 アピタ中津川店撤退の噂は昨年秋に新聞報道で急浮上しました。当初、建物は取り壊して更地にして返却という契約だったようで、取り壊して後継テナントを誘致したとしても、建て直し期間まで考慮すると2~3年かかります。その間、食品は他の店舗で何とかなっても、特に衣料品と生活雑貨の充実した店舗が中津川にないことから、「中津川に買い物難民が大発生する」と地元ではもっぱらの噂でしたが、地元のスーパー「バロー」が他のテナントと共同でショッピングセンターとして居抜き出店することが決まり、建物の取り壊しは中止、懸念された買い物難民問題も大半は解消され、当初4月の予定だったアピタの閉店も8月まで延びたわけです。
DSC_0180_1_convert_20170921011345.jpg
 ただ、バローは既に中津川市街地の東西を挟むように店舗があり、恵那市寄りの坂本や木曽川渡った苗木にもあることから、バロー包囲網が形成されており、品揃えにも斬新さが一切なく、競争原理は働かなくなりますので買い物がつまらなくなります。スーパーを選ぶ選択肢がこれでバロー4店舗と坂本のオークワ、地元資本のスマイル(主婦の店中津川店)しかなくなることから、地元市民の失望感は相当なものでした。特に衣料品は深刻で、服を買う店が無いとの声は非常に強かったです。
DSC_0188_1_convert_20170921011433.jpg
 バローをキーテナントとする新しいショッピングセンター。アピタ時代のテナントも一部残る模様。新規出店で大きいところではニトリと清水屋が確定。清水屋。本当に久しぶりに聞きました。愛知県春日井市の呉服店が発祥で、衣料品販売で拡大し、総合スーパー事業にも拡大。スーパーですが、なぜか外商部が存在する不思議な古参の名古屋系スーパーチェーンです。名古屋市守山区四軒家にある藤が丘店は30年ほど前は相当な賑わいでした。しかし、没落も早く衣料品販売専業だった大曽根店や尾頭橋店は老朽化も深刻な状態で営業を継続するも平成20年代に入り閉店。春日井店は移転改築し、極めて保守的な春日井市商業界のリーダーとして残るも、他店は厳しい話を聞いています。近年、雑貨店の業態でバローのテナントに入るようになり、バローとのパイプをつないで今回の出店だったのでしょう。
 さて、新ショッピングセンターがアピタの穴埋めを担うことができるのか、非常に気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1356-9ec73502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)