FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

「東美濃ナンバー」を考える8
DSC_0145_1_convert_20180216221940.jpg
 東美濃ナンバーの特集第8回です。
 東濃地方では、こんな横断幕を見かけるようになりました。
 東美濃ナンバー実現協議会による東美濃ナンバー推進の横断幕やチラシなどの製作費に1,800万円もの予算がかかっているそうです。
しかも、この費用の大部分は各自治体からの税金だそうです。
DSC_0160_1_convert_20180216222105.jpg
 多治見市金岡町、中央自動車道多治見インターチェンジ前にて。
DSC_0148_1_convert_20180216222006.jpg
 歩道橋を上がり、横断幕の裏側を見てきました。
 ここまで厳重に結びつけられた横断幕、なかなか見ません。このエリアは山の中ですので、風も吹きません。よく、高速道路を走っているとこんな横断幕を見かけますが、高速道路の横断幕でも、こんなに厳重に縛り付けてはいません。
DSC_0157_1_convert_20180216222044.jpg
 歩道橋の両サイドに横断幕を張り、更に歩道橋の下へロープを張り巡らせています。その本数、14~15本。
 もしも、ロープを2~3本切られても、自立を保てるようになっているみたいです。切り裂き魔やスプレー缶による落書き魔など、反対派からの妨害工作を恐れているのでしょうかね?
DSC_0177_1_convert_20180216222135.jpg
 多治見市、国道248号線にて。非常に気になるのは国道248号や地元の主要道路には横断幕が目立つのですが、東濃地方の大動脈である国道19号線には、この横断幕が一切無いのです。
 地元市民にはトコトン押し売りを繰り返しておきながら、他県ドライバーが多く走る国道19号のドライバーに見せられない理由はいったいなぜでしょうか?国土交通省管轄の国道19号と県管轄の国道248号で扱いが異なる点もあるのでしょうが、ダサい東美濃ナンバーが恥ずかしくて他県ドライバーに見せられないなんてことだったりして。
 ちなみに、土岐市の環境センターに国道19号を名古屋方面に走行するドライバー向けに縦長の横断幕が掲げられたこともありましたが、この区間はカーブであることから幕を見ていると事故を引き起こしかねないことから冗談抜きに危険だと思っていたら、本当に撤去されていました。アホとしか言いようがありませんね。
DSC_1244_convert_20180216222423.jpg
 2月上旬の某日、ココにも行ってみました。
DSC_1248_convert_20180216222455.jpg
 東美濃ナンバー実現協議会が置かれている悪の枢軸多治見商工会議所。
DSC_1343_convert_20180216222303.jpg
 内部の撮影は自粛しましたが、職員の机一つ一つに画像の様な東美濃ナンバーの小さな旗が置かれていました。ちなみに多治見市役所でも窓口の大半に置かれており、その様子は異様というか、ほとんどビョーキのような狂信的な空気が漂っていました。
(画像は土岐市図書館にて撮影)
DSC_0228_1_convert_20180216222200.jpg
 1月上旬には岐阜県東濃地方向けのスーパーチラシにも東美濃ナンバーの広告が掲載されていました。さすが、社長自身が東美濃実現協議会会長であり、東美濃ナンバー推進筆頭企業のバローさんです。しかし、苦情でもあったのか、チラシには掲載されたのはこの一回のみでした。バローさん、どうしてなんでしょうかね?そんなに都合悪いのでしょうか?
DSC_0126_1_convert_20180216221916.jpg
 多治見駅前、東濃信用金庫本店にて。今回の東美濃ナンバー推進運動で、協賛企業の動きの無さが非常に気になっていましたが、さすがにこれにはショックでした。

 東濃信用金庫が「東濃」の名を捨てて「東美濃」を推進している。

 腐っても地元で最大規模の金融機関です。自分の屋号である「東濃」の名前を守ろうとするプライド無かったのでしょうか?

 あまりに強引な物事の進め方、市民感情を一切無視した東美濃ナンバー推進論者の暴走行為。本当に気持ち悪い空気が支配しています。何とかならないのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

該当地区のMZNM市住民の私ですが、行政と商工会議所の横暴をストップさせるにはどうしたらよいのか、無い知恵を使ってみたのですが・・・
最初思いついたのが「メアド公開している市議会議員にメールにて現状を訴える」とのことでした。「SNSが発達している現在、この手法は全国に恥を晒しているんですよ」ってな内容でね。
しかし、市議会の3分の2j以上を占める会派は首長寄り、ってか、首長は元市会議員でその会派出身。市議会の最大会派が支援して当選した人物なので、お互いに馴れ合っている。
もし野党系の会派が市議会で力説したとしても議決の際には否決される・・・と思い、メールを送ることを諦めました。

となると「住民監査請求になるのかなぁ・・・。PR素材は公金の不正使用のように感じるし」と思ったんですが。

(住民監査請求につぃてはまた後日記したいと思います)

【2018/02/19 21:17】 URL | 南亭東四楼 #- [ 編集]


住民監査請求とは地方自治法第242条にある制度ですが、第75条にある事務の監査請求とは少々異なります。その違いは
1)請求者
 「事務の監査請求」では有権者の50分の1の連署が必要なのに対し。「住民監査請求」は一人でも可能です。
2)請求先
 両者とも「監査委員」です。
3)監査請求の対象
 「事務の監査請求」が「事務の執行全般(違法・不当な事務)に対し、「住民監査請求」では「財務会計上の行為(違法・不当な財務会計上の行為)」に限られます。
4)請求期限
  「事務の監査請求」では期限がないのに対し、「住民監査請求」では「対象行為の日から1年以内」です。
5)監査期限
 「事務の監査請求」では期限がないのに対し、「住民監査請求」では「請求日から60日以内」です。
6)住民訴訟の可否
 もしも監査結果を受けて訴訟をする場合、「事務の監査請求」では監査結果の内容は訴訟の必須要件ではないのに対し、「住民監査請求」では「住民監査請求前置主義」が原則ですので訴訟が可能です。
7)個別外部監査
両者とも可能です。

というのが概略ですが、ここにもローカルエリアならではのハードルがありそうなんですよねぇ…。(として、後は後日…・)
【2018/02/20 22:18】 URL | 南亭東四楼 #- [ 編集]


住民監査請求を行うに場合には地方自治法などに定められた要件を満たす必要があります。その要件を福岡市のHPより抜粋しますと
1)住民監査請求を行うときの書面
2)請求者の住所・職業・氏名の記載及び押印
3)事実を証する書面(事実証明書)
4)住民監査請求の請求者
5)住民監査請求の対象となる行為を行った者
6)住民監査請求の対象事項
 ①財務会計上の行為
  1.公金(委託費、補助金など(の支出
  2.財産(土地、建物、物品など)の取得、管理、処分
  3.契約(売買、工事請負など)の締結、履行
4.債務その他の義務の負担(借入など)
②財務会計上の怠る事実
5.公金の賦課、徴収を怠る事実(市税の徴収を怠るなど)
6.財産の管理を怠る事実(市有地や市債権の保全管理を怠るなど)
なお請求者は、「いつ、どこで、どのように行われ,又は怒なwれようとしているのか」を「請求書」及び「事実証明を証する書面」にて示す必要があります。
7)損害発生の可能性
8)求める必要な措置
9)請求期間

まずハードルになりそうなのが「監査委員」自体です。
監査委員の定員は通常、都道府県及び政令指定都市では4人、その他の市町村では2人です。そして首長が議会の同意を得て選任されます。この監査委員のうち、監査委員は有識者及び議員から選任されますが、議員から選任される監査委員は都道府県及び政令指定都市ででは2人又は1人、その他の市町村では1人です。
 私の住所の監査委員を調べると、2人のうち、1人は市議会の最大会派に所属する議員、もう1人は国税OBの税理士でした。首長は元・市議会最大会派所属の議員です。もし議員と首長が馴れ合っていれば、監査委員の一人は行政側に有利な監査になりそうです。もう一人の税理士にしても、地方では縁故が重視されますので、議員とコネがあるかもしれません。、市議会も自分たちに不利になる人物には同意をしないでしょうから「監査は正しく行われるのかなぁ」との気持ちになります。

後、上の要件のうち2)、3)。4)、6)、7)が問題になりそうですが…
(またまた長文になりまして、申し訳ありません)
【2018/02/22 16:17】 URL | 南亭東四楼 #- [ 編集]


先に記した「住民監査請求の要件」について思っていたとき、ふと、ごく初歩的な疑問が湧きました。私が事情オンチのせいかもしれませんが、その疑問とは
「『東美濃ナンバー実現推進』PR材の受発注はどうなっているの?」
というものです。
 1市町の催し物ならともかく、6市1町に渡ってチラシや大小の幟旗、横断幕等がばらまかれているわけですから、もし受注業者が1社なら相当額の売上になるはずです。
話は逸れますが、私が「東美濃ナンバー」の住民意向アンケートが行われることを知ったのは、遅ればせながら、近所で毎月行われる寄り合いにて、昨年12月1日のことでした。この寄り合いにて報告した役員は、11月20日前後に行われた役員会にて、役員の長(私の地域では「区長」と呼びます)が知ったのは11月上旬または10月下旬の区長会のはずです。その後10日も経たぬうちに市内の消防署や図書館、市役所等の公共施設にて幟旗や横断幕等を見かけ「要領が良すぎるよなぁ」と感じたのが最初の疑問でした。その後このブログにて、多治見市と恵那市に9月7日に同時に要望書が提出されたことを知り、また協議会設立からの推移を知りました。
 PR材のデザインが要望書提出のときから始まったとしたら、約3ヶ月で方々にばらまかれたとすると、デザインや各種PR材がバラバラの業者に発注したとは考えにくいんですよね。どこか1社が一括して請け負ったとしか思えません。
 発注者は誰なのかも疑問です。協議会が発注者とすれば、協議会の設立は10月12日、この時点からデザインの依頼をし決定、校正を経た後ならば約2ヶ月でばらまかれるのは、やはり要領が良すぎるんですよね。
 商工会議所と行政が内輪で、デザイン及びPR材の話を進め発注をかけられる状態までしておき、住民意向アンケートが実施されることが下々まで伝わったタイミングをみてPR材を設置し始めたと考えるのが妥当じゃないかと思います。
 東美濃ナンバー実現の有無に関して、現時点で直接の利得があるのはPR材の受注業者だけだと思いますので、この業者の特定が私の疑問解決の足がかりになるかもしれません
【2018/02/25 08:57】 URL | 南亭東四楼 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1373-68a28baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)