FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

高齢者の運転免許返納について
 高齢者の運転によるクルマの重大事故が増えています。
 先日も神奈川県茅ケ崎市で90歳の女性が運転する車が歩行者と衝突する事故があり、一人が亡くなった件は大きく報道されました。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

 「90歳でクルマを運転している。」

 聞いただけでも不安になります。本当に大丈夫なのかと。しかし、報道やWEB上の情報を見ていると、いろいろ感じることがあるので述べてみます。

 まず、以下の点について。
・女性は約半年前に受けた認知機能検査では問題なかった。
・女性がゴールド免許を持っていた。

 認知機能は問題なくても、90歳では体力面や判断力に衰えがあるのは明らかであり、瞬時の判断や操作が求められるクルマの運転能力は既に持ち合わせていなかったのではないかなと思います。あと、運転免許においてゴールド免許は名誉でも何でもないですからね。
 報道メディアはこんなことすら知らないこと自体どうかしているなと思います。ゴールド免許は、一定期間無事故無違反だっただけであって、実際に運転した走行距離など一切評価の対象じゃないですから。だから、ペーパードライバーで免許証がタンスの肥やしになっていてもゴールド免許は取得できるわけで、運転免許として何の評価対象にもならないわけです。あれは次回の免許更新までの期間が長くなるとか、拷問でしかないクソつまらない免許更新講習の時間が短くなる程度の個人的な特典しかないわけですから。
 根本的には高齢者にクルマの運転から引退してもらうように誘導することも必要かと思います。年齢で一律に切ると問題になりそうなので、判断力や操作能力の効果測定を厳格に行って実地試験で判定するとか。75歳以上が免許更新時に受講義務となった「高齢者講習」でなかなか落ちない(落とせない?)という事情もあるみたいですけど。とりあえず、免許更新を1年とか短くして、高齢者の運転能力を数値で測定できるぐらいにしないと。

 次に、この問題について。
・「なぜ、免許を返納してなかったのか」
 産経新聞のサイトで乗り物や公共交通では有名な某大学の先生が怒っている記事が出てきました。高齢者の運転免許の返納は最近増えているとはいえ、それまで保有していた生活における「移動の自由」が奪われることによる利便性の低下と(基本的に)年金収入しかない高齢者が将来を悲観する要因にもなっています。
 「家族が説得を試みるも、本人が提案に応じず、運転免許返納を拒否した」
 良くある話ですよ。私、かつて福祉関係の営業していたのですが、高齢者のいる個人宅を訪問すると良く聞きましたよ。免許を返上したら、買い物に行けない。畑や田んぼに行けなくなる。孫の送迎ができなくなる。バスには乗ったことが無い。ひどいケースでは、バス停まで遠くて歩けないなんてケースもありました。田舎じゃ、クルマが杖や車いすと同じレベルに位置するケースもあります。親としてのプライドもあるのか、多くの場合、最後は喧嘩になるようです。だから、些細な物損事故を起こすとその時点で無理矢理取り上げたり、カギを隠す、更には勝手に名義変更して処分するなんて強硬策を講じるケースもあるみたいです。
 私も昨年、名古屋から来た80歳の叔父が運転する車に乗せられ長野県まで出かけたことがありますが、普段名古屋市内で運転している叔父とはいえ、往復200㎞以上の運転に不安を感じました。同乗者にクルマの運転できる者が3人いたので、いつでも交替できたのですが、叔父が拒否するんですよね。家長の意地なのか他人を信用していないのか、良くわかりませんが。
 免許返納で最も心配なのは生活上の利便性が大きく制約されることです。最近では返納による特典制度を設ける自治体も増えてきましたが、自治体ごとで大きく異なります。毎年5,000円分のバス券やタクシー券を配布する自治体も見られますが、運転免許証の代替となる身分証明書として住民基本台帳カードの無料交付程度しかない自治体、制度自体が無い自治体も多いのが現状です。民間企業が独自で行うサービスもあるようですが、タクシー料金1割引きで納得できるかと言えば、正直厳しいと思います。
 今回の事故が発生した茅ケ崎市は比較的交通事情も良い地域だと思いますが、同じ町でもバスがある街無い街ありますからね。また、近年は旧市街地が急速に衰退し郊外にショッピングモールが展開するも、路線バスは一切無くて事実上利用できないなんてケースもありますからね。

 運転免許返納制度は高齢者の危険運転による、いわゆる「もらい事故」に代表される「悲惨な交通事故防止とそれによる被害を減らす」という大前提にある点については理解します。例えば、高速道路の逆走事故などは高齢者の判断力不足や単純なミスですが、それが引き起こす悲惨な事故は半ばテロ行為です。絶対に無くさねばなりません。
 しかし、そのために個人や家族といった末端に生活上の制約をもって負担を強いるのは非常に簡単でかつ薄っぺらい、いかにもお役所的な上から目線ではないかなと思います。後出しジャンケンなら、誰でもできますから。
 運転免許の返上、高齢者も交通事故防止に協力していると考えて、もう少し手厚く生活の保障を行うように制度改革しないと返上する高齢者の理解を得られないでしょう。収入は年金のみ。経済力もない上に免許を返上したら外出もできない、孫の送迎もできない。無力感に陥った高齢者を誰が守るのか。どの家も家族のサポートが受けられるわけじゃないですからね。年金の加算とか、市内交通の無料化を行うとか、本腰を入れた補償策を提示しないと返納は増えず、不幸な事故も減りません。一方で、最近はスーパーの移動販売や戸別配送などの民間レベルでのサービスも拡大しています。まだ、知らない世帯も多いので、免許を返上してもサポートを受けられる制度については周知していくことも必要です。

 交通事故を減らすために高齢者に一部の負担を強いてもらう。移動の自由を保障しつつ、住み慣れた地域での生活維持と福祉の増進を図る。非常に難しい課題だと思いますが、それを提案し実現していくのがお役所や大学の先生の役割だと思います。
 世の中、便利になっているはずなのですが実感が無く、世知辛く窮屈な社会になっている気がします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/06/20 11:50】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1388-5f447abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)