FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ついに「東美濃ナンバー」推進派の本音が出た!
higasimino20180426.jpg
 既に全国に恥をさらしている、岐阜県東濃地方の「東美濃ナンバー」問題(画像は2018年4月26非中日新聞朝刊「東濃」より)。
 岐阜県知事から「住民の合意形成を急ぎすぎている」とご当地ナンバー導入自体の懸念も跳ね返して、むりやり国土交通省にゴリ押しした「東美濃ナンバー」。9月28日までの半年にも及ぶ延長戦が始まりました。全国のご当地ナンバーでここだけの大恥で、国土交通省の業務にも支障をきたしている税金の無駄遣い行為です。
 多治見市で4月25日の東美濃ナンバー実現協議会で住民意向再調査の予算が計上されていないことから、瑞浪市の水野市長が「賛成意見が50%を超えたという確証を持って申請するものでなければならない。周知の機運も高まらない」、多治見市の古川市長も「住民の意向調査をすべて避けるのは困難」と述べたところ、協議会の会長でバロー会長の田代正美氏から耳を疑うような発言があったようです。それがこの発言。

「(自治体は)市民の反応を気にしすぎている」

 ついに出ました。これが東美濃ナンバー推進派の本音です。東濃・可児40万人から噴出している反対意見はどうでも良い。「観光振興」という建前上、自分たちの商売にとって利益になればそれで良い。東美濃ナンバーが嫌なら東濃・可児から出て行けば良い。そういうことなのでしょう。会長の田代氏は神奈川県の出身だそうで。だから、別に東濃や可児がどうなろうと関係無いんでしょうね。地域愛がまったく無いから、自分の都合の良いようにやっているわけで。強行・強制することでしか権威を誇示できないわけですね。器が小さいわ。


 ところで、この推進派ジジィたちの言う「観光振興」とは一体何なんでしょうか? 今回の協議会での声明文が手に入りました。
01EPSON384_convert_20180624020007.jpg
02EPSON385_convert_20180624020025.jpg
03EPSON386_convert_20180624020102.jpg
 突っ込みどころ満載で、呆れてモノが言えません。東美濃ナンバー実現協議会のジジィたちの発想がいかにお花畑で、商売の感覚が1980年代で思考停止しているのがハッキリと示しています。記載内容に突っ込んでみます。

『日帰りより一泊、一泊より二泊』
→日帰り観光すらまともに成立していないのに、東濃・可児で二泊も足止めさせるのは、監禁でもしないと成立しないぞ。

『この地に訪れる観光客の皆様に一円でも多くのお金を使って頂く』
→観光バス1台分の客が街を散策しても、多くの商店主が個人経営で日銭商売。バローとピアゴしかない地域でいったいどの程度の臨時収入になるのやら。その程度の収入もあてにしないと成立しない商売というのは、客を待つ以前に経営が破綻してないか?

 東美濃ナンバー実現協議会のジジィたちは、本当に経営者なんでしょうか? ド素人が見ても明らかに商売勘の無い発想です。彼らの言う「観光振興」とは、どの程度の規模で考えているのでしょうか? 東京ディズニーリゾートやUSJ、ハウステンボスでも誘致するつもりなんでしょうか? 岩手県の三陸沿岸や静岡県浜松市は、NHKの朝ドラや大河ドラマの舞台でご当地ナンバーなんて使わなくても、これ以上の経済効果が出ていますよ。

『美濃の名称は「古事記」や「源平合戦」にも登場する。』
→美濃は登場するけど、「東美濃」は出ていませんが? 東美濃は見つからなかったのか? そもそも、「~であったとみられる」と書かれるような存在自体がわからない古代の文書や、お侍さんの時代の文書があれば正しいということ自体がおかしい。著者は地元の人間ではないのだから、美濃の地理に詳しいとは限らない。

 こじつけがひど過ぎて、読んでいるのもアホらしくなります。こんな文章で「東美濃ナンバー」に賛同してもらえると思っているのでしょうか?ますます、東美濃ナンバーに対して反対の意志を強くするだけです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1389-7d8a6f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)