FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

「半分、青い。」終了
 半年に渡って放映されたNHK朝の連ドラ「半分、青い。」が9月29日の放送をもって終了しました。視聴率はまずまずだったようで。しかし、ドラマの内容については賛否両論で、朝の連ドラとしては異端の作品になってしまった印象があります。近年の東京制作のヒロインは、女優というよりは日曜日の昼に流れている「新婚さんいらっしゃい!」に出てくる嫁と同じで、ヒステリックでセリフがぶつ切りのワンパターンな感情表現しかできない女優が多いのが特徴で、もう少し滑らかにセリフ回しできないのかなと思います。今回の鈴愛のセリフはあまりにもひどかったです。まだ、少女漫画の方がマトモです。最後の方は展開がマンガみたいでしたけどね。

 私も地元が舞台のドラマということで、ほぼ全話録画して見ておりました。NHK朝ドラは東京制作と大阪製作が交互に流れるのですが、近年の東京制作はドラマの舞台となる地方を「北三陸市(あまちゃん)」や「奥茨城村(ひよっこ)」の様に、実在しない自治体名を使用することが増えており、今回も「東美濃市」なる架空自治体名が登場し、地元である岐阜県東濃地方では物議を醸していました。
Dct4yJ9VQAAdUht_convert_20181028232310.jpg
 時を同じくして、岐阜県東濃地方では行政と商工会議所のゴリ推しによる、ご当地ナンバー「東美濃ナンバー」が物議を醸しており、その推進媒体として「半分、青い。」が利用されるということで、「東美濃農協」「東美濃バス」「東美濃バスセンター」などの名称の連発、トドメは「東美濃ナンバー」のバスが登場する始末。地元では戦前の日本が行った「創氏改名」や、ナチスドイツのユダヤ人迫害にも近い、地域のアイデンティティやDNAにまで破壊させようとしている「東美濃ナンバー」問題にピリピリしていたところでしたので、正直なところ、良い感情を持って見ることができませんでした。更にロケ地が岐阜県東濃地方ではなく、美濃市や郡上市、茨城県取手市役所とか、地元以外で数多く行われたことも印象を悪くしました。
 地元では「東美濃」の名前が毎日ドラマで登場しますという情報が流れていました。ご当地ナンバー「東美濃」で地元はウンザリでしたが、ドラマが中盤に差し掛かるところから「東美濃」が影を潜め、「岐阜」を連呼するセリフが台頭するようになったのは幸いでしたが、脚本家もNHKも、もう少し地域を大切にしてもらいたいものです。
o1007054714247858240_convert_20181028232244.jpg
 今回のドラマで残念だったのは、「方言」の問題。地元では「あれは東濃弁ではない」「あれは多治見の言葉。恵那の言葉ではない」という、ネイティブ東濃弁を話す地元住民の厳しい声が非常に多かったのは事実です。一応、岐阜ことば指導として地元・土岐市出身の俳優さんが担当されていましたが、この方は地元出身というだけで言語学や方言の専門家ではなかったのが致命的でした。
 実は、東濃地方でも多治見・土岐・瑞浪辺りでは愛知県の尾張弁に近い「a」「e」の中間の音を多用する「西の言葉(多治見方言)」が話され、恵那・中津川辺りで話される中間音は使わない「東の言葉(恵那方言)」を用います。しかし、ドラマでは東の言葉を使う地域である恵那市岩村町を舞台として設定しておきながら、恵那方言が一切聴くことがなく非常に残念でした。唯一、ネイティブな東濃弁でセリフ回しを完ぺきにこなしていたのが、東美濃農協の職員役だった酒向芳さん。見事な東濃弁でした。この方も東濃地方出身だったそうで。

 既に私の関心は次作の「まんぷく」に向いております。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1403-b205684a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)