FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東美濃ナンバー」に消えた市民の税金
平成29年度平成30年度
多治見市315.3300.0
土岐市225.0
瑞浪市189.0
恵那市211.8
中津川市260.4260.4
可児市300.0300.0
御嵩町156.0
 
 全国に向けて地域の恥となる岐阜県のご当地ナンバー「東美濃ナンバー」は岐阜県東濃・可児の40万人の総意によって、住民アンケートで回答者の61.1%もの反対をもって、実現することなく滅ぼすことができました。しかし、東美濃ナンバー問題は終わっていません。なぜなら、東美濃ナンバー運動によって各自治体から供出させられた「東美濃ナンバー負担金」の清算と未消化分の返還が終わっていないからです。
 東美濃ナンバー実現協議会の予算は平成29年度が1,780万円、平成30年度は1,480万円に加え、前年度からの繰越金が700万円ほどあったそうで、その総額はおよそ3,200万円にもなります。
  ところで、早い時点で可児市は300万円を計上していたことが新聞で報道されていましたが、他の自治体はいくら予算を計上していたのか。その情報は報道されないままでした。そこで、平成29年度及び30年度の各自治体の予算をホームページから目を皿のようにして調べてみたところ、右図のような予算が計上されていたことが判明しました。(単位は万円、空欄は不明。)
 一部不明なところもありますが、2年間でほぼ同額を負担金として税金から供出していることから、多治見市は615万円、土岐市は450万円、瑞浪市は370万円、恵那市は420万円、中津川市は520万円、可児市は600万円、御嵩町は310万円前後の市民の血税が東美濃ナンバーの闇に消えてしまったことが分かります。
 また、その計算式についても明らかになりました。
『均等割りは各市125万円、人口割は各市の人口を6市の9月1日住基人口で割った率ということで、恵那市の住基人口は9月1日が5万1114人でございましたので、率は0.116になり86万8000円ということで、先ほどの均等割りと足しまして211万8000円という計算をさせて頂いております。』(出典:恵那市平成29年第4回総務文教委員会会議録より)

 しかし、東美濃ナンバー実現協議会は9月24日の協議会で導入断念を決めており、平成30年度は折り返し地点を目前に終了していますから、当然平成30年度予算も半分程度残っているはずです。だからこそ、声を高らかに税金返せ!と言いたいわけです。
 東美濃ナンバー問題は、まだ終わっていないのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1409-b53f2119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。