FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2019年12月名古屋地区ラジオ聴取率調査結果
img34930_convert_20200122000913.jpg
 毎回楽しみにしている、名古屋地区ラジオ聴取率調査。令和元年12月の調査結果が明らかになりました。
 ネタ元はいつもの某ラジオ局のデータより。下手にグラフとか出すと怒られるといけないので、詳しいデータは、そちらをご覧ください。

 今回、総合1位はZIP-FMのようですが、3%目前まであった最高聴取率が2.5%で頭打ちになっていることや、朝9時や昼1時にCBCラジオの猛追で追いつかれているところ、ZIP-FMが勝ち切れていないことが判明しました。やれZIP、やれCBCだと言う以前に、根本的にラジオ離れが深刻であることをデータが証明してしまった格好であるとも言えます。
 ZIPは平日昼間のパワーダウンが気になるところ。CBCは「生島ヒロシのおはよう一直線」と「テレフォン人生相談」の強さが底堅さを見せています。ただ、東海ラジオを含め、平日夕方のドラゴンズ枠は共倒れではないかと思う一面も。
 今回、評価したいのはFMAICHI。東海ラジオを抜いて第3位に浮上。出口の見えないトンネルに入って20年以上経過したFMAICHI。数年前には東京から有名パーソナリティ呼んだ番組タイトルが「ラジオフリーク」。東海地方のラジオフリークはFM愛知なんて聴かないの!って、猛ツッコミしていました。しかし、長続きせず路線修正して確実にリスナーを増やしているようですね。
 一方、惨敗だったのは東海ラジオ。ガッツナイターの無いナイターオフは聴取率が取れない弱点を持っているのは例年通りなのですが、例の「宮地事件」以降、ガッツナイターと双璧を成す番組を構築することができず、ナイターオフはレギュラー番組が総崩れしているのが現状です。特に平日昼休みからリスナーが戻ってこない現実。一刻も早く、正午枠と昼一枠は打ち切って、路線を再構築しないと手遅れになると思います。正午枠なんて、CMも入らないノンストップトークよりもラジオショッピングや歌謡曲でも流した方が東海ラジオの収益に貢献すると思いますよ(笑)。山浦ひさしには華が無い。荷が重いって(笑)。
 RADIO NEO…。某芸能プロダクション絶縁の改編。大前を切ったのは賛否あるようですが、まっいいか。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ラジオ全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1427-00ed1ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)