FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

新型コロナウイルス・多治見病院騒動
EQduWRaU4AAQP9T_convert_20200224202446.jpg
 新型コロナウイルス騒動。横浜の大黒ふ頭に停泊している大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での集団感染はまさに地獄絵図の様相を呈していますが、日本人の感染者の中には体調不良から病院へ搬送される人も出てきました。
 2月11日お昼前、11:30のニュースで横浜からの中継映像を見ていると、衝撃的なシーンを目撃。
「多治見病院」

 アナウンサーが「岐阜県多治見市や山形県からも応援車両が集まっています。」と伝えています。ちょっと待て!岐阜県立多治見病院。地元では「県病院」と呼ばれる岐阜県東濃地方で最も大きな病院で、岐阜県内でも数ヶ所しかない3次救急病院としての機能を有しています。
 横浜だったら東京や関東一円の救急車が集めるならまだしも、どうして300kmも離れた岐阜県の多治見なのか?関東地区の病院への単なる救急搬送応援?でも、どうして多治見なのか?愛知県や静岡や長野、福島や新潟など、もっと近い自治体の応援を得られないのか?わざわざ多治見の救急車を呼んだのは、岐阜県東濃地方在住者が乗客の中にいるのか?横浜から多治見までコロナウイルス感染者を搬送するつもりなのか?どうなっているのか。
ERJMAbAUYAATDQ3_convert_20200224202527.jpg
 TwitterなどSNSでも騒然となり情報を集めますが、情報が得られません。もしも患者の搬送となれば、午後1時過ぎに横浜を出発すれば、新東名や東海環状を経由して夕方6時頃には多治見に到着します。いったい、どうなっているのか。続報を待つこととしました。
 その夕方6時少し前、岐阜放送のラジオで速報があり、今回の岐阜県立多治見病院の件は、「厚生労働省の要請に基づくDMAT(災害派遣医療チーム)として横浜港へ派遣されたもので、関東地区の医療機関に搬送したが、岐阜県へコロナウイルス患者を搬送したものではない」とのことで、大きく胸を撫で下ろしました。

 多治見病院は今回の件について病院内に掲示を貼り出しました。日付は報道の翌日である2月12日付。ホームページでの弁明も公開は12日午前10時以降でした。中日新聞の報道によると、この件で県立多治見病院への問い合わせが3件あったそうです。たった3件。拍子抜けする数字ですが、実態はこの報道がなされた2月11日が建国記念の日・祝日であったため、多治見病院の事務方が休暇だったことから問い合わせ自体があっても病院側が対応していなかったための数字ではないかという疑惑が残りました。医療行為としての応援自体は良かったとしても、危機管理能力については大いに課題の残る結果になった気がします。大きな病院にありがちですが、医療の専門性から選民意識が芽生えてしまい、地域住民への同様不安を軽減・払拭する情報発信を非常に軽んじてはいなかったか。医療と地域の大きな壁を実感する機会となりました。危機管理能力の一環として、今後の教訓として欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1429-2f3d07ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)