名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

餘部鉄橋・城崎への旅
amarube1.jpg

3月1日の続きである。

 鳥取駅前の日の丸温泉という温泉銭湯で朝風呂を浴び鳥取砂丘を再訪。
20070302a.jpg

これまで静岡県の浜岡砂丘や中田島砂丘を見たことがあるが明らかにスケールが違う。馬の背といわれる山があるので登ってみた。
20070302b.jpg

途中、見事な風紋も見られる。観光客が踏み荒らすので朝早く出かけないと見られないとか。25分かけて山頂へ。
20070302c.jpg

思わず山の上で寝転びたくなるぐらいのいい眺めだ。日本海の大パノラマに加え、大山も眺めることができる。

20070302d.jpg

昼の列車で今回の最大の目玉となる餘部鉄橋へ向かう。
20070302e.jpg

餘部鉄橋に限らず、このあたりは車窓の美しい区間だ。
20070302f.jpg

浜坂駅で列車を乗り換え餘部到着。だが、1度でも多く展望を楽しみたいので、一旦鉄橋を渡り1つ先の鎧駅で折り返す。だが、この駅の景色が良く意外な穴場だった。
20070302g.jpg

待合室にあったノートにはこんな書き込みが。マンガ『鉄子の旅』のメンバーが取材に来たらしい。
20070302h.jpg

 折り返しの列車は近ツー系のクラブツーリズムのバッチをつけたツアー客で満員。鉄橋見学が目的と思われる。餘部駅到着。観光客でごった返しているので、先に餘部集落を見学する(餘部については別項でまとめることにします)。
amarube2.jpg

amarube3.jpg

1時間ほど集落を歩いて駅近くの有名な撮影スポット「お立ち台」へ行くと、既に撮影部隊が列車を待ち構えていた。15:30頃、浜坂行き普通列車で前述のツアー客が帰り、入れ替わりに阪急交通社のツアー客がやってきた。その直後に通過する臨時特急「はまかぜ」を撮影し餘部を後にする。
20070302i.jpg

17:00、城崎駅前の「おけしょう」で食事をした後、一の湯で温泉に浸かる。夕方なので芋洗い状態。浴衣姿に下駄履きの人が多い。旅館の湯に浸かればいい気もするが、やはり外湯めぐりもしたいらしい。19:00、城崎での滞在時間が長引き、今日中に普通列車だけで名古屋まで帰れないことが確定。明日も休みなので別に急ぐ理由も無い。したがって、延長戦突入を決意する。山陰線から福知山線に入り一路南下。足は自然に神戸のフェリー乗り場へ向かっていた(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/161-cddc3767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)