FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

公共職業訓練スタート
 名古屋市某所にある専門学校へ今日から5月末まで通います。30歳になって、朝9時から16時まで1日6時限の講義に耐えられるか大変不安だ。高校時代ですらイスにまっすぐ座っていた記憶が無い。座学が拷問にならないか、いろいろ考えて昨夜は眠れなかった。
 今回入学する学校、学費は教科書代12000円を除いてなんとタダ。みっちり勉強できるのも魅力だけど、どういうわけか1日出席すると数千円の日当と500円の手当、更に交通費も出る。更に休校日である土日・祝日も日当だけは出るオマケ付き。すごいでしょ?
 実はこれ、雇用・能力開発機構というお役所色の濃いところが行う「公共職業訓練」といわれるもので、原資はずっと天引きされていた雇用保険で行われている。ちなみに、この訓練には様々なコースがあって、なかには半年・1年・2年という長期に渡る訓練もあるとか。2年間通うとなると知識・技術の面もさることながら、支給される手当の総額もすごいことになる。
 今回、幸運にも(?)訓練生といて入学できたので、職業訓練の概要・実態、受講者の面々など、ディープな失業保険の世界をしばらくブログでご報告したいと思う。

 今回は、訓練を受けるまでの出来事を簡単にまとめてみることにする。
 受講しようと決めたのは理由があった。前の職場を1月末に退職。2月初めに失業保険の手続きをした。ところが、自己都合で退職した者は「3ヶ月の受給制限」というペナルティを受けないと失業保険が受けられないという。すぐに申請しても5月中旬まで受給制限期間であるため、初受給は6月15日以降で、しかもその月の配当は5月15日からの半月分(本格的な支給は7月から)ということが判明。1月末の段階で、6月まで無収入生活を続けるだけの蓄えは無い。30歳にもなって、親に泣きつくのも情けない。どうすればよいか悩んでいた時、栄のハローワークで公共職業訓練のチラシを手に入れた。1月30日午後3時のことだった。
 よく読むとこの訓練を受けている間は、受給制限期間中でも満額の失業保険と、1日あたり500円の手当と訓練校までの交通費(定期運賃の全額)がもらえるという。幸運にも資格試験の勉強で行き詰まっていた法律(特に民法)を学べる科目を発見したので、その科目を選択。ただ、それは建前であるのは言うまでも無く、本音は失業保険の前倒し受給狙いである。応募締め切りが1月30日だったので急いで窓口で申し込むと、「あなたは昭和区在住だから、名東区の名古屋東職安で申し込んで欲しい」と言う。時刻は午後3時40分。「今から平和ヶ丘(名古屋東職安の場所)まで行けっていうのか?」と半ばケンカ腰で言うと「大丈夫です。5時15分までやっていますから間に合うと思います」と無責任な対応。このオンライン通信全盛の世の中で、そんなふざけたことを平然と言うのは職安と中部電力ぐらいだ(中電は引越しの際、同じ中電管内でも現在地と新居の営業所管轄が違うと、わざわざ2ヶ所の営業所に連絡する必要がある。同一管内のNTTで可能なことが、中電ではできないのは理解に苦しむ。共に社内ネットワークは何とでもなっているというのに、顧客対応は縦割りのままで迷惑かけても平気という体質は驕りとしか思えない)。幸いにも栄までバイクで来たので、名古屋東職安までぶっ飛ばす。名古屋東職安で更に20分待たされる。午後4時45分にようやく手続き開始。何とか申込書をねじ込ませた。 
 訓練を受けるには試験があって、問題は中学校1年程度の数学と漢字の読み書きがある。2月21日に試験があって、会場である名古屋市某所の専門学校には20人の定員枠に40人(男27人女13人)が挑む。試験時間は20分で、そのあと2(試験官)対5(応募者)による集団面接。ただ、人数が多いという理由で志望動機
だけ聞かれて面接終了。何が選考に影響するのかサッパリ解からぬままに試験終了。1週間ほどして「受講指示」とかかれた手紙が届く。これが採用(合格)通知らしい。
 そして、今日入校式を迎えた。クラスは男女10人ずつ。クラスの平均年齢は35歳程度。女性は8割方合格だが、男は3倍近い競争をしていたのだ。一応学校なので「起立!! 礼!! 着席!!」の号令が行われる。学校側は「学生気分で気楽にやってもらえばいいです」というが、やはり、学校と縁遠くなったメンバーで義務教育の真似事をするのは無理がある。教室には担任教師がいて、62歳のベテラン教諭が担当。いきなり自己紹介で1時間独演会を行われ疲労が蓄積。教室を見渡すと女性は8割方若奥様ばかり。また、3人は失業保険受給資格の無い人もいる。いったいこの先どうなるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/163-0054fd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)