名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

鹿島鉄道最後の日
kashima1.jpg

 毎年、3月31日と9月30日は乗り物好きにとってじっとしていられない日だ。前夜にビョーキが疼き、「ムーンライトながら」に飛び乗って茨城県まで出かけた。予約も無しに乗り込みデッキで座るのは数年ぶりのことだ。東京・築地市場で朝飯を食べ、つくばエクスプレスで北上。土浦までバスに乗り、鹿島鉄道の起点石岡駅には午前11時に到着。
kashima2.jpg

 昼過ぎだというのに、2両編成の列車に収まる程度の乗客でまったりとしている。岐阜の路面電車のときのような危険な状況はない。
kashima3.jpg

 ただ、本数の少ない常陸小川~鉾田間は、最終日らしいフィーバー振りだった。おそらく社員にとって、最初で最後の経験だろう。
kashima4.jpg

 警備員も記念撮影に参加。まったりしている。
kashima5.jpg

 途中の石岡~常陸小川だけでも存続させると良いという意見も聞いたが、国道が並行しておりバスの定時運転に問題があっても、結局は競争に勝てないと思う。区間短縮での延命がいかに難しいかは、廃止された名鉄揖斐線や美濃町線が見事に証明している。仮に定時運行が重視されても時速40km程度でトロトロ走るだけなら定時運行のメリットも半減だ。末期の輸送密度(1kmあたりの輸送人員)は3桁だったそうだ。これはバス輸送のレベルだ。起点の石岡は駅前コンビニすらない集客能力のない街。乗換だけの街だったみたい。また、玉造や鉾田の人の流れは石岡ではなく水戸へも向いていること、そしてクルマの存在もあって鹿島鉄道は完全に四面楚歌だったようだ。沿線にあった航空自衛隊基地への燃料輸送が無くなった段階で生命線が絶たれた様なもので、ここまで延命できただけでも大したものだと思う。乗客減少もあるが、最大の要因は親会社の関東鉄道もつくばエクスプレス開業で乗客が激減し、内部補填が困難になったことのようだ。老朽化も激しく、満身創痍での廃止である。
 玉造町駅近くの図書館で地元の新聞を読み漁ると、こちらも廃止が噂されていた茨城交通が当面廃止申請をしないと宣言する記事を発見しホッと胸をなでおろす。
kashima6.jpg

 日も暮れると石岡駅は最終列車の発車時間に向けて、最後の盛り上がりを見せてきた。
kashima7.jpg

 21:00頃の石岡駅。
kashima8.jpg

 22:15頃に発車する鉾田行き最終列車発車前の花束贈呈。満員の乗客を乗せて列車は発車した。
 東京・上野まで戻り、汚い場末のカプセルホテルで就寝。イメージキャラが林家ペーという段階で選択を考えるべきだったのだが…。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/168-43e5ea43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)