名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

世も末だな
週明け早々、腹わたの煮えくり返るニュースを聞いた。

 JR北陸線の特急電車内で昨年8月、女性客に乱暴したとして、大阪府警淀川署は21日、滋賀県湖南市の解体工事業、植園貴光被告(36)(強姦=ごうかん=罪などで公判中)を強姦容疑で再逮捕した。
 調べでは、植園被告は昨年8月3日午後9時20分ごろ、特急「サンダーバード」(9両)が福井駅を出発した直後、旅行客の大阪市内に住む20歳代の女性の隣に座り、「声を出すな、殺すぞ」と脅して体を触り始め、同10時45分に京都駅を出発後、トイレに連れ込んで暴行した疑い。


ここまででも十分に許しがたいのだが、この先が特に許せない。
 

同じ車両には約40人の乗客がおり、異状に気付いた人もいたが、植園被告にすごまれ、制止や通報ができなかったという


(以上、引用元はhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000312-yom-soci)

 これ、どういうこと? 早い話、見殺しじゃないか。約40人の乗客よ。お前ら、それでも人間か? 車内放送で「御用がありましたら、乗務員にお知らせください」なんて言っているが、車掌が回ってくるのは気まぐれ程度なことぐらい誰でも知っているだろ? 福井から京都までの約1時間20分間で、異常な光景を見ることができたはずなのに。明らかな緊急事態なのだから、取り押さえることぐらいできなかったのだろうか? 仮に全員女性・全員老人でも、相手が1人なのだから何とかなったはずだ。植園も鬼畜だが、40名の乗客もまともな人間じゃない。犯人より乗客に腹が立つ。こんなことは外国でのことだと思っていたのに、ショックだ。
 やはり、「自分の身は自分で守る」「他人を当てにしない」でないといけないのだろうか。見て見ぬ振りや無責任が横行する社会。世も末だな。

 先日、アメリカの大学で発生した銃乱射事件で犠牲となった教室では、70歳台の教授が学生を守るため教室の扉に立ち、体を張って犯人の侵入を阻止しようとし銃弾に倒れたという。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
問題点
性犯罪で一番のクズは犯人。
サンダーバード事件では乗客もクズ。
あと、社会の仕組みにも問題がある。
http://sr1000.blog11.fc2.com/
【2007/04/24 04:27】 URL | 草津マン #- [ 編集]

ほんに世も末
21歳の娘さんのことを考えると悔しくてやりきれない。同世代の娘を持つおやとしては、一番許すことが出来ないのは居合わせた乗客。ひとりひとりぶっ殺したいね。
【2007/04/24 12:22】 URL | ichamonko #- [ 編集]

なんてこと・・
草津マンの言うとおり乗客も何らかの手は打つべきですよね。
自ら制止できなくても駅員に連絡はしなきゃ、あまりにも女性が残酷すぎる・・。



【2007/04/24 13:46】 URL | ebiko #yHWihEls [ 編集]

改めて考えると・・・。
コメントありがとうございます。
ホント、腹の立つ事件です。仮に車内の乗客40人のうち半分が寝ていたとしても、まだ20人いる。男4~5人で取り押さえ、女性又は老人が車掌室に乗り込むなり、隣の車両で助けを求めるなりすれば、最悪の事態には至らなかったと思います。トイレに成人男女が一緒に入るだけでも異常事態でしょ。
【2007/04/24 21:45】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


どこに重きを置くかによって人の選択は異なると思います。
「妻子や恋人が大事だからこんなことにむやみに関わって死んではいられない」と考えるのは一例としてですが、もっと大事な使命がある場合は命をかけてまでして助けることを選ぶのは困難と思います。
前科があり凶暴で、肉体労働で鍛え上げた体の持ち主が犯人ですから、刃物で刺されて死んだり、目を殴られ失明したり頭を打って脳挫傷となり障害者となって余生を過ごしたり、または死亡する可能性は十分あります。まず殴られることは必ずと言っても良いでしょう。最悪な場合は刺されることでしょう。
今回の場合、JRの車内で起きたことですからJRが管理することです。他の乗客の命の危険を回避するためにも、犯人が車内にいる間は乗客は何も行動を起こさず、犯人が女性とトイレに入った時に車掌などの乗務員に告げて、あとは乗務員に任せる、これが最良の方法だったと私は思いますが、みなさんはそのように思われませんか?
ニュースでの乗客の話では「男女関係の問題で泣いてしまった女性を男がデッキのほうに連れて行っているように見えた」とのことでした。乗客は犯罪と思わず、男女関係のもつれ、カップルの喧嘩としてしか捉えなかったから助けなかったのでしょう。
【2007/04/24 22:43】 URL | rei #sf6iYxag [ 編集]

なぜ救出できなかったのか?
コメントありがとうございます。
 乗客も痴話喧嘩なのか、犯罪行為かが判断できない問題もあったかもしれません。それでも、私は乗客が車掌に通報する余地はあったと思うのです。報道によると、犯人に「何をジロジロ見ているんだなどと怒鳴られた」という情報があります。被害者の女性は「声を出したら殺す」と脅迫された状況でパニックになり、まったく抵抗できない状況だった。でも、それを感じ取ることのできた人が少なくとも車内に数人いたということですよね。怪我などのリスクを恐れても、車掌への通報はできたはずです。犯人に飛びかかるような人は、怪我などのリスクを(咄嗟に)考えない人でしょう。単独行動では相当なリスクがあります。これが2~3人のグループだったら何とかなったかもしれませんが、不幸にも気づいた人がグループではなかったのかもしれません。なぜ、彼らが異常事態を知りながら通報しなかったのかは謎のままです。
 一部の意見に「車内の非常ボタンを押さなかったのはおかしい」という論調もあるのですが、これは無理だったと思います。まず、ボタンを探すことができない点。次にボタンを押すと列車が停止する恐れがあることです。犯罪行為を立証できず勘違いで列車を停めてしまったとなれば数百万円単位の損害賠償請求を受ける危険があるので、十分慎重な判断が必要になるはずです。ただ、この場合でも車掌室へ乗り込み通報することはできたはずです。
 別の情報では「犯人は乗車地の福井から無札乗車していた」というものがあります。となると、現場が特急列車という性格上、自由席でも車内改札があります(車掌は各停車駅を出発後、座席見取り図を持参し車内改札しながら、乗車状況の把握と乗車区間の確認をしながら車内を見回る)から、無札乗車が発覚した段階で強制下車させるなどの処置ができたはずです。ところが、この列車は運悪く福井~京都間ノンストップのため、それができなかった(犯人は事前に知っていたと思う)。でも、車掌はこの段階で犯人を何らかの手段で隔離することはできたと思われます。
 今回の件は、何らかの形で最悪の事態を回避することができたと思うのです。
【2007/04/26 00:38】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/172-d52e5af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)