名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

公共職業訓練7
 5月31日の続きである。

 公共職業訓練・最後の1ヶ月の企業実習が始まり10日が経過した。
暇で暇で死にそう。
感想はこれだけである。
 毎日、名古屋駅近くの実習先企業(不動産管理会社)まで地下鉄で通う。専門学校から受けた事前連絡では「業務内容は掃除」と聞かされていたので、作業服を着てモップ担いで現場のおばちゃん達とヨタ話しながらの掃除をイメージしていた。しかし、実際はスーツにネクタイ着用で掃除とまったく縁の無いオフィスが実習先だ。この会社はビル・マンションの管理がメイン。私が配属されたのはマンション管理の部署。この会社のマンション管理はマンションごとに管理人を雇用して、その雇われ管理人が清掃や維持管理などの管理実務を行う。だから、社員は雇われ管理人が休みの際にマンションで管理人の代打となる以外はオフィスワークが中心となり、雇われ管理人からの報告電話を受けて現地を飛び回るのが業務のメインになっている。社員は20軒前後の物件を抱え、朝会社を飛び出すと夕方まで帰ってこない。直行直帰も珍しくないという。
 仕事を指示する社員がいないから、掃除どころか仕事もろくに与えられない。初日に「本でも読んでいて下さい」と4時間放置されブチギレ、それ以降オフィスで寝るわけにもいかないので、仕事しているようなふりをして机に堂々と参考書とノートを広げて民法の勉強をしている。これで1日4時間以上過ごしている。たまに書類の作成(製本)や伝票の計算などの仕事が回ってくるが、不動産関連の書類は重要なので安易に人任せにできないから、「何か仕事ありますか」と御用聞きをしてもムダで基本的には雑用ばかりである。朝9時から夕方5時までしっかり拘束。お目付け役のお局社員が昼休みと終了の時だけ声をかけてくれる。ただ、退勤時の一言は「どうぞ、お帰りください」である。ご厄介になっているとはいえ、すごく複雑な思いだ。きっと、窓際族など閑職の人ってこんな心境なんだろう。
 1度だけ、管理物件の巡回に同行した。いわゆる外回りである。名古屋から車で走ること約1時間。管理物件のマンションに到着したのだが、いるはずの雇われ管理人がなぜか留守。仕方がないのでマンション管理組合の総会資料をポストに投函し、会場となる公民館の予約する風景を見学し終了。マンション管理実務の研修も兼ねているはずだが、これでは収穫まったくなし。前職が外回りだったから、外回りの楽しさとつらさはわかる。ただ、外回りの同行ほどつまらないものは無い。外回りは一人で回ってこそ楽しいのだ。
 この業界は予想以上に激務で、実態を把握するほど魅力が無くなる。ろくな収穫も無く別の意味で拷問である職場実習。あと20日弱を何とか逃げ切るつもりだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:公共職業訓練 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/193-814a3174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)