名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

名鉄特急の歴史的大転換
 6月30日の名鉄ダイヤ改正で犬山線・河和線に待望の一部指定席の特急が登場した。今回の改正では特急列車の半数にとどまっているが、名鉄は将来的に中部国際空港発着の「ミュースカイ」を除く特急列車のすべてを「全車指定席」から「一部指定席」特急にするらしい。名古屋本線では1990年に登場しながら、名鉄は競合路線がない独占路線などの理由で他線へ導入せずに放置していた。乗客にサービス格差をつけているなど長年不評であったが、最近では犬山線での朝のラッシュで急行列車の混雑が深刻な状態になっており、今回の施策は輸送効率の改善という目的で17年遅れの実現となった。
 かつては名鉄:JR=8:2ともいわれた、豊橋~名古屋~岐阜間の競合における名鉄のシェアはJRの猛追で岐阜・一宮ではJRに逆転され、現在は豊橋で激しい競争が続いている。名鉄は長年その減収分を独占区間である犬山線や常滑線・河和線などの収入で内部補填することで維持してきた。内部補填は企業として当然の判断であるが、その手段として利用者へ明らかなサービス格差を長年放置してきた件については明らかな愚行である。
 名鉄と競合しているJR東海は1999年12月に中央西線で全車指定席の快速列車「セントラルライナー」という最低最悪のアホ列車の運転を開始した。JRが名鉄の施策に習ったかどうかは定かではないが、名鉄がこの格差を是正しなかったことは利用者ニーズを完全に無視し、同一地域内で「非競合の独占路線はサービス格差を温存させてもかまわない」という認識や土壌を同業者に植え付けてしまった悪しき前例となったに違いない。
 今回の施策で名鉄も年間10億円近い減収となるそうで相当な痛手になるだろうが、今回の歴史的大転換で将来的にはそれ以上の信頼を獲得することができるだろう。ミュースカイ以外の特急全区間で早期に実現させてほしい。ここ数年、名古屋では鉄道利用者の比率が僅かながら上昇傾向にあるという。今回の改善は公共交通復権に向けて追い風になるに違いない。名鉄も「損して得とれ」である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/201-3e7bcb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)