FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

久しぶりの鉄崎幹人
11月3日の浜松遠征の続きである。
 浜松へ来たもう一つの目的は、SBSラジオ「GOGOラジオWテツのラブラジ」という鉄崎幹人のラジオ番組を聴くことである。最近のラジオファンは彼を「てっちゃん」と呼ぶ人が多いが、我々の世代のラジオリスナーはやっぱり「鉄様(てっさま)」である。

 ご存じない人もいるかもしれないので、簡単に説明しますね。
 鉄崎幹人は名古屋を中心に活躍しているタレントで、私が10代の頃ラジオの深夜放送を聴いて以来のファンである。長年CBCを中心に活躍していたが、CBCのローカルタレント飼い殺しのせいで数年前から「そこ知り板東リサーチ」でたまに出るだけになった。

 しかし、あの人は今…って言っているうちに、自然保護をテーマに講演で全国をまわるエコタレントになっていた。バックにあの大企業がついていたとは知らなかった。そして、いつの間に静岡へ進出していたのだ。
 静岡では結構評価が高いらしい。静岡で小さな営業もこなしているとか。川柳など、ネタコーナーは意外とベタで10年前とさほど変わらないが、静岡では斬新らしい。ただ、斬新だったのはニュースネタに激しく異論を唱え社会派になっていたことだ。週末の高速道路1000円均一にハッキリNOを叩きつけていた氏は、かつて名古屋でお笑いライブをしていた頃とは別人だ。

 しかし、また名古屋のラジオへ帰ってきてほしい。別にCBCでなくてもいい。東海ラジオでいいから。老齢化著しい名古屋のラジオを引っ掻き回して欲しい。

 鉄さま、カムバッ~~ク!!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
はじめまして
3年半前の記事にコメントするのも何ですが、『らぶらじ』はストリーミングで聴く事が出来ます。
そのせいか県外の常連リスナーが幅を利かせるようになり、番組が閉鎖的なりつつあります。
投稿を読まれようと、貢ぎ物をする人もいるようですし。

『らぶらじ』以前のSBSラジオの午後ワイドは長らく男性局アナが担当していたのですが、
異動等で人材不足、その結果県外からタレントさんを呼ぶようになったようです。
鉄崎さんが悪いという訳ではないですが、戸口が狭い午後ワイドになった事を寂しく思います。

CBCは地元のタレントよりも関西弁タレントを起用しすぎなような気がします。
【2012/05/21 23:57】 URL | 三重県在住の静岡県民 #kTjA9xso [ 編集]

Re: はじめまして
>3年半前の記事にコメントするのも何ですが
 いやいや、発掘していただきありがとうございます。

>『らぶらじ』はストリーミングで聴く事が出来ます。
 鍵穴で何度か聴いたことがありましたが、公式に流しているんですね。

>そのせいか県外の常連リスナーが幅を利かせるようになり、番組が閉鎖的なりつつあります。
>投稿を読まれようと、貢ぎ物をする人もいるようですし。
 これはラジオ1局地域にありがちですが、SBSの番組カラーが長年東京・名古屋の番組カラーの浸食を受けていなかった点もあるかと思います。ただ、リスナーもネタで勝負するのか、公共の電波で売名したいだけなのか、良く分からない投稿が増えています。それだけ、ラジオリスナーの倫理観も低下しているのでしょう。
 貢物はどこでもいるようですね。名古屋のAM2局もその傾向は顕著です。パーソナリティがそこで勘違いするか、冷静に対応するかで番組の方向性が変わってしまいます。
 SBSはある意味過渡期に来ているのかもしれません。でも、三大都市圏がああだから、うちの地域でもって安易に導入するのは、地域のラジオ文化を破壊しかねる激薬となることを忘れて欲しくないですね。

>CBCは地元のタレントよりも関西弁タレントを起用しすぎなような気がします。
 在名局が地元タレント育成の場を無くして十数年。鉄崎さん・戸井さんの世代までで、30歳代はほとんどいません。本来ローカルタレントが担う枠まで東京や関西(吉本)に割り振ってしまった点にあります。
 関西系タレントの起用については、この地方が関西文化へ理解がある背景もありますが、関西の放送局もタレント起用を抑制しつつある(特にABC・KBS)ことから、あぶれたタレントを地の利もあって起用しやすい件もあるようです。
【2012/05/26 15:44】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

補足
SBSラジオのストリーミングURLです。楽曲とCMは差し替えられるのでご注意を。
http://www.ustream.tv/channel/sbs-radio-test
【2012/06/02 14:43】 URL | 三重県在住の静岡県民 #kTjA9xso [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/262-111de50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)