名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

賢い「Edy」生活のススメ
 「いつもニコニコ現金払い」名古屋人は高額商品を購入する時でも現金決済にこだわるのは有名な話だ。この現金主義を「単なる見栄っ張り」と切り捨てる人もいるが、一方で「無駄な投資をしない、相手に貸しを作らない(=迷惑をかけない)名古屋人の美学」と言う人もいる。ところが、名古屋人の精神にしっかりと根付いている、この「現金主義」からの脱却を図る人が増えているようだ。なぜなら、「キックバックのある買い物」が魅力的になったからだ。
 数年前、ビックカメラが名古屋へ進出した時「10%ポイント還元」が注目され、「キックバック」のある買い物に魅力を感じた。他の家電量販チェーンでは「ポイントを買っている」と批判しているところもあったが、結局その動きは失速していった。昨年、中部電力が電気料金のクレジットカード支払いを解禁したら、予想の何倍もの申込みがあったという(私もその1人)。公共料金でクレジットカードのポイントが貯まるというのが魅力だったのだ。携帯電話各社に加え、今年から東邦ガスも追随している。

 そして、決定的だったのは電子マネー「Edy」の登場である。商店だけでなくコンビニにでも使えるなど使用範囲が広い。これまで、コンビニでの公共料金や税金の支払いは現金のみの取扱だったが、PASORI(パソリ)をパソコンにつなげてクレジットカードからEdyカードに入金すれば、公共料金や税金でも合法的にポイントを稼ぐこともできる。電子マネーは当初「キャッシュレス」を売りにしているが、デビットカードの失敗を踏まえてポイント制度を充実させているのが普及の原動力になっているのだろう。

 私が持っているEdyカードは「ANAマイレージクラブEdyカード」。「買い物200円ごとに1マイル付与」で10000マイル貯まると10000円分のEdyと、15000マイル貯まると航空券(2区間分)と交換できる。国内はおろか、韓国(仁川)へも行ける。昨年は飛行機登場たった1回(名古屋~福岡往復)でも1年間で4000マイルほど貯まった。マイルの有効期限は3年間。休日を長距離航空路線に乗り続ける「修行僧」とよばれる無茶をしなくても、「塵も積もれば…」で航空券獲得も夢ではなくなっている。買い物中心でマイルを貯めている人のことを「陸(おか)マイラー」というらしい。陸マイラーの私が名古屋でいかにマイルを貯められるか、このブログでも取り上げてみたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ショッピング - ジャンル:結婚・家庭生活

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/3-cbe04caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)