名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ネーミングライツの行方
20090203113018

20090203113006

 名古屋でも「日本ガイシホール(元レインボーホール)」とか「大洋薬品オーシャンアリーナ(金城埠頭にあるフットサル専用競技場)」など登場しているが、「中京大学文化市民会館」のようなセンスのかけらも無いナンセンスな施設名も散見されるので、意味不明な名称がつくよりは逆にいいのでは無いかと思う。こんな部分より、もっと上手な方法で銭儲けしろよって言いたい。役所もカネが入ればそれでいいのか? その場しのぎの低レベルな施策だ。
 しかし、まぁ中京大学文化市民会館なんてネーミング、名古屋市もよく許可したよな。まぁ、カネをもらっちゃったから反対意見も何も言えなくなってしまったというのが、事の真相みたいだが。名古屋市民220万人が中堅私大・中京大学の下に位置するというナンセンスぶり。中京大学は鼻高々なのだろうが、名古屋市民から見れば名古屋を乗っ取られたみたいで不快以外の何者でもない愚行だ。このネーミングについて、中京大学と市民会館の間に「文化」を挟み調和を図ったというが、何の調和なのか意味不明である。少なくともこのネーミングに「文化」は存在しない。「文化不毛都市」名古屋の名を確固たるものにしているだけだ。名古屋市民の一員として恥ずかしい。

地方自治体が厳しい台所事情を補おうと、公共施設で命名権(ネーミングライツ)の導入を進める一方で、企業の応募がないケースが増加している。米国発の経済危機に端を発した景気低迷が逆風となっている。「長期契約なら安定収入につながる」と、地方を救う“切り札”としてもてはやされてきた命名権も、先行きが見えない経済状況の前に窮地に立たされている。(小川寛太)
 (中略)国内の命名権は、平成9年ごろから本格導入され始め、公共施設では、15年に食品会社「味の素」が5年分を12億円で東京都などから命名権を購入した「味の素スタジアム」(東京都調布市)が最初の事例として知られる。
 (中略)ベイキューブシー命名権事業部の盛光大輔ディレクターは「現在の景気で企業は広告費の削減を進めているが、命名権は地域貢献というイメージアップにつながる。テレビCMなど他の媒体と比べても割安感があるものは多い」と説明。その上で、自治体側には「企業にわかりやすく命名権の意義や利点を伝える努力が必要だ」とアドバイスしている。
 ■命名権 スポーツ施設や公共施設などに名称を付けることができる権利。1990年代後半から、米国でスポーツ施設などに企業名やブランド名を付けることがビジネスとして広まった。施設の管理者側にとっては、命名権を販売することで収入を得られるというメリットが、命名権を購入する企業にとっては、施設名がメディアに露出することで宣伝効果を見込めるというメリットがある。

出典元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000055-san-soci

20090203113209

 信号機の名前も当然長くなる。視力検査じゃないんだから。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/303-2325fa61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)