FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

無念・「誠のサイキック青年団」打ち切り
 「新聞のラジオ欄からサイキックの文字が消えた!」。関西在住のサイキッカー(リスナー)から情報を知ったのは昨日の夕方だった。名古屋ではわずかに読売新聞でのみ確認できるのだが、大阪・朝日放送(ABC)のラジオ欄を確認するのは至難の業。サイキック青年団のファンサイトを見ながらリスナーが混乱に陥っていることを知る。先週の放送ではいつも通り終了していた。最悪の結果を心配しながら、勝手に「今週は休み」と思い、とりあえず、午前1時を待とうと気を落ち着かせた。

 午前1時。ABC独特の低い時報が鳴り、緊張の一瞬を迎えた。いつも通り始まることを願いつつ・・・。時報から2秒ほど沈黙の後、アナウンサーが何かコメントを読んでいる。ノイズが多く聴き取れない。ただ、いつもと違うことは間違いない。コメントを読み終えると音楽が流れ始めた。明らかにおかしい。ラジオを持って近くの公園まで走る。1:10頃、再度アナウンサーからのコメントが始まった。

長年にわたりご愛聴いただきました「誠のサイキック青年団」は、
今月29日をもって終了するとお伝えしていましたが、
諸般の事情により、先週(3月8日)の放送を最終回とさせていただきます。

番組を楽しみにされていた皆さん、ほんとうに申し訳ありません。

なお、ラジオをお聞きの方から様々なご意見を頂戴しましたことにも、
お礼を申し上げます。
中には、放送内容についてのご指摘もありました。
お調べしたところ、一部に、リスナーの方々に大きな誤解を与えるような表現があり、
この点について、話題で取り上げた関係者の皆さまに、
ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

改めて、長年のご愛聴に感謝申し上げます。ありがとうございました。


 「・・・。」
 誰もいない真っ暗な深夜の公園でうなだれた。 「番組打ち切り」の瞬間だった。

 「諸般の事情」って何なんだ!!ABCもちゃんと説明しろ!って言っても期待薄だが。ただ、各方面から情報が集まってきたので事情がわかりつつある。まさか、本丸に潰されるとはね。

 何の挨拶もなし。ひどすぎる。番組は21年、私も17年聴き続けてきて、この終わり方は無いだろう。残り3回で17年聴き続けてきたラジオ番組の大団円、そしてラジオリスナーとしての青春時代の終焉をいかにして迎えるか、番組もリスナーとしても大切な場面をこんな後味の悪い打ち切りで潰されるとは本当に無念でなりません。
 誠さんは今日の午後、名古屋・CBCラジオでレギュラー番組があるので発言が大いに注目されましたが、ナイトスクープの話ばかりで核心には触れませんでした。誠さんしかり竹内さんしかり、当分言えない内容なんだろうね。

 ラジオの伝説になってしまった 「誠のサイキック青年団」。この番組から教えられたことも数多くある。「○○がヅラ」「△△はホモ」という情報ではなく、身の回りに氾濫する情報をいかに吟味して処理するかということ。「情報を鵜呑みにするな」「物事を正面からでなく、下・横・斜めなど違うところから新しい発見をせよ」「情報や事件・事故に隠れるカラクリをみつけろ」…。ノイズだらけの中をかいくぐり、岐阜の山奥で聴いていた14歳の中学生は32歳のオッサンになった。その間に、「情報収集に長けている」「物知り」「雑学王」などと言われるようになった。別に努力したというわけではない。これは「深夜の情報判断番組」であったサイキックが「情報の見方」を教えてくれたからだ。

 サイキック青年団で培った精神は、今後もサイキッカーが継承していきます。私も生涯これを生かし精進していきます。
 誠さん竹内さん、本当にお疲れ様でした。ありがとう「サイキック青年団」。
また、いつか復活できるその日まで・・・。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/337-05c72988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)