名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームラン級の四月バカ
 名古屋でお馴染みのZIP-FMミュージックナビゲーター(=パーソナリティ)ジェイムス・ヘイブンス。
もともと、「むちゃぶり」「ハチャメチャ」が売りの彼だが、エイプリルフールの冗談が原因で騒動に発展しているらしい。
 自らのブログに「私、ジェイムス・ヘイブンスは本日、タレント兼ファッションモデルである梅宮アンナ様と結婚する事をご報告致します」と書き込み、「去年夏に知人を通して知り合い、交流を深めてまいりました」、「彼女が名古屋に来る今月18日、出会った『プラチナム』でのイベントにて正式に発表するつもり」と具体的な出会いや、結婚発表の時期を明かした。梅宮アンナさんの自宅にマスコミが押し寄せる事態に発展。梅宮アンナは自らのブログで「どうやら私、結婚するらしいです。残念ながらまったくの誤報です」と否定。これを受け、ジェイムスのブログが炎上。書き込みは削除され、ブログも閉鎖された。

ジェイムスヘイブンス公式サイト:http://www.jameshavens.com/

 4月3日午後、注目されたZIP-FM・ジェイムス・ヘイブンスの番組「J-MIX」は「ジェイムス・ヘイブンスさんのご都合により」という意味不明な理由で急遽別番組に差し替えられた。ZIP-FMのタイムテーブル(https://zip-fm.co.jp/pro_index/time_table/)から、氏の新番組が削除され、「FRYDAY SPECIAL」という名称に変更されている。謹慎に入るという未確認情報もある。新番組が1回も放送されぬままお蔵入りになる可能性も浮上している。奇しくも念願の(?)関東進出を果たした大切な時だというのに、せっかくのチャンスを氏はどうするつもりなのか。
NACK5公式サイト:http://www.nack5.co.jp/timetable/program641.shtml

 今回の件は、てっきり双方で打ち合わせ済みのネタだと思っていたが、単独犯として行うにはどう考えてもやり過ぎである。仮にも約15年名古屋でFMラジオの第一線で活躍してきた氏。放送業界、そして芸能界にもある程度精通しているはずなのに、明らかにプロ意識が欠落している。それ以前にネタがちっとも面白くない。過去にもドリカムを批判して騒動を引き起こしたり、ブログでZIP-FM首脳陣を批判するなど、かなり際どい行動を起こしてきた氏。今回の件は、十分に反省してもらいたい。

 1990年代、開局間もないZIP-FMで平日朝7時~10時までのワイド番組“ZIP MORNING BUZZ”を担当し、朝一からギャグ連発のトークを展開。ダントツ№1の聴取率を叩き出し、閉鎖的だった名古屋のラジオ業界に革命を起こし、ZIP-FMの方向性を決定付けた氏。私も毎朝番組を聴きながら高校へ通った思い出がある。ZIP-FMの話題になると、「ジェイムスってまだ番組をやっているの?」って話は必ず出てくるほど、彼とZIP-FMは一体化している。かつて、人気ナビゲーターだった佐野恵里・クリス・グレンがZIPを去ったとき、「次はジェイムスか」という悲観的な声がネット上で挙がったが、彼が残り続けることで、勢いを失いつつあるZIPの屋台骨を支え続けてきたのだ。こんなことでZIPを去るようなことをして欲しくない。
 この春でラジオの名番組が次々と消えていった。続けたくても続けられなかった番組が多い中で、パーソナリティの独りよがりな暴走で番組を破壊して欲しくない。リスナーあっての番組であり、タレント生命なのだということを、氏には再認識していただきたい。そして、ラジオの危機を心配しているリスナーが多いことを氏に知って欲しい。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/349-0f64c975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。