名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市長選4人目の候補(5)
 名古屋市長選独走ネタの第5弾をお送りする。
はじめてご覧の方は、↓のバックナンバーをご覧いただくと話の筋がわかります↓。
第1弾:http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-366.html
第2弾:http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-367.html
第3弾:http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-368.html
第4弾:http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-376.html
20090501132229.jpg
 大川総裁による切り込みは想像以上にすごかった。これまでの演説会でうやむやにしてきた内容を
次々と明らかにした。概要をコメントを入れながら以下に記す。

【公約関連】
・「エネルギー研究(名大・愛大など)の盛んな中部。中部としての方向性が求められている。」

→名大はわかるが、バリバリ文系大学の愛大がエネルギー研究をしているのだろうか?
ただでさえ、愛大はデリバティブ取引で100億円以上の損失が出て四苦八苦なのに。
・「トレセン・競馬場を誘致したい。」
→すでに中京競馬場と名古屋競馬場があるが、まだ必要なのか?

【選挙関連】
・「非政党候補の経歴は、デイトレーダー・警備員・元町議など多彩だった。」

→元アルバイトという経歴も相当なものですよ。
・「当選したら「地球生命党」を設立する。」
・「投票率50%なら、河村候補35万票、黒田克明37万票。投票率80%ならミリオン(100万票)達成!!」

→投票率が3割上がれば63万票も集まるからくりが逆に知りたい。
・「市長公舎で暮らしたい」
20090501132220.jpg

【選挙裏ネタ】
・「ラスト3日間は『市長モード』で挑んだ。」
・「バンザイしない、ポスター貼らないがポリシー。」
・「掲示板にポスター貼ろうとしても、住民に拒否される。選挙妨害はあったと考えている。」
・選挙資金は保険利用者貸付、銀行、ノンバンクから集めた。

→元アルバイトで貸し付けてくれる銀行がどこなのか、逆に気になる。

【ライフスタイル】
・「官庁・企業への要望・抗議活動を選挙活動を並行していた。」
・「黒田氏へ要望のメールを出す市民団体がいた。」
・「本人いわく『クレーマーじゃなく気づいちゃう。』」
・年収は120万ぐらいだった。

【家族】
・選挙出馬に家族は大反対だった。
・今年3月、自宅に隠しておいた市長選出馬の書類が母親に見つかり勘当される。
・「感動して、勘当された。」
・家を閉め出され納屋で一晩過ごすが寒さに耐えかね、翌朝に瑞穂警察署へ飛び込むも民事不介入として相手にされず。
・これ以降、ネットカフェ生活。

【今後の政治活動】
・「数字(開票結果)を見て考える。」
・「モチベーションが見つかればいく。」
・「国政(出馬)はまずない。まずは名古屋・愛知の自立を見届けたい。」
・「エコビレッジを目指している。」

【大川興業(総裁・阿曽山)語録】
・(抗議活動の話を聞いて)「家電芸人というのもいますから、抗議芸人になる道もありますよ。」

→黒田氏「才能を生かしたタレント活動をするつもりはない。」
・「黒田さんには宇宙飛行士になってほしい。」

 黒田氏は競馬に相当詳しい。特にトウカイテイオーに思い入れが強く、毎日サウナでトウカイテイオーのYoutubeを見ているのだという。
今回の選挙も1993年の有馬記念のように「4枠4番、体重14㎏増」は本人と同じ状況であるため、黒田氏いわく「第4コーナーから大逆転がある」
と力説してきた。
 「毎日見ている画像を見せてくださいよ。」阿曽山氏から要望が出る。黒田氏が慌てて一般の方に質問を振る。

 すると、名大(名古屋大学)のジャーナリズム研究会が手を挙げた。ところが、名大の女子学生から出た質問の冒頭は
「あの、これは教授からの質問なんですけど…」
 呆れてものが言えない。なぜ、自分自身の質問じゃないのか? 名大で培われるジャーナリズムってこんな程度なのか。大手新聞各社や名古屋の民放などへ旅立つ名大の学生でも、とりわけ志の高いはずのジャーナリズム研究会の学生が自分の言葉で取材の一つもできない始末。ジャーナリストとしてのやる気がまるで無い。ホント、がっかりだよ。
 確かに華のある河村氏・細川氏・太田氏の政党候補者を取材したかったのだろう、黒田氏担当となった経緯はくじ引きなのか何だか知らないが、受けた仕事を満足にこなすこともできない学生がジャーナリズムの現場で成功するとは到底思えない。黒田氏はマスコミが泡沫候補として相手にしていないのだから、逆にネタの宝庫だと思うがね。黒田氏がこんな人なのだということを伝えるだけでも充分だと思うけど。
 名大生が私が取材してきたので、「昨日はすっぽかしたようですが」と逆質問。女子学生は「都合が悪かったので…。」どうもジャーナリズムごっこのレベルから脱していないようだ。要領だけが良くてうまく人生のコマを進める人間が多い。10代から甘い汁を吸うことを目標としているので、そんな連中がマスコミに就職しても質的にダメなのだ。最近のテレビ番組のように粗製乱造となのも、放送局の連中がジャーナリズムよりも目先の利益にしがみつき、本分を忘れてしまったからだ。制作費削減だけが理由ではない。先輩学生よ、後輩の根性を叩き直した方がいいよマジで。

「トウカイテイオーの方はどうなりましたか?」
阿曽山氏は忘れていなかった。黒田氏が慌ててYoutubeを探し出し、イーモバイル抱き合わせ商法の100円パソコンをこちらへ向けた。トウカイテイオーのVTR上映会である。1993年有馬記念の模様である。
20090501131815.jpg
 ちなみに、画像はこちら。http://www.youtube.com/watch?v=gKB9SUVSIJM&feature=related
 ビワハヤヒデ・メジロパーマー・マチカネタンコイザ…。懐かしいサラブレッドの名前が次々と登場する。確かに1990年代前半は中央競馬ブーム絶頂期だった。確か、マチカネ…って最後ゲート内で鼻出血で出走取消の後引退だった記憶がある。
 すごい空気が漂う中で、競馬VTR上映会が始まった。断っておくが、これは競馬ファンによるオフ会ではない。
名古屋市長選挙候補者の演説会で、

こんなことが実際に行われていたのだ。


 総裁の斬り込みの中から時折、本音がこぼれてきた。
・「心が折れそうになったことは、マスコミ対応の冷たさと、市庁舎のガードマンはおろか選管すら自分を知らないこと。」
・「テレビ的に追っかけてくれるだろうと思っていた。」
・「ポスター貼りや街頭演説など、そんなハードルの低いことはやりたくなかった。」
・「逆に変に参加している奴がいると思われるのが嫌だった。」
・「威厳を保つ。ライトに動いちゃダメ。」
・「学歴や職歴から聞き倒すマスコミの姿勢が嫌だった。」

 そして、本人の口から立候補について、

「まだ早かった。」

 この言葉が聞きたかったのだ。
 最後に投票日はどうするかの質問に「ドニチエコきっぷ(名古屋市交通局の1日乗車券)で名古屋市内をめぐろうか」と答えた。
 名大生が黒田氏へ質問を始めるが、時計を見ると午後8時を5分ほど過ぎた。街頭演説は午後8時までと法律で定められている。警備員も会場に現れて演説会の進行を見つめている。
「午後8時を過ぎていますが、大丈夫ですか?」
 大川総裁にそこまで心配させてしまう黒田氏。「屋内なら午後9時まで大丈夫」と黒田氏。最後に総裁がお決まりの写真を数枚撮影し、演説会は終了した。名大生はさらに取材を続けていたが、総裁も帰路に就いたため、私も撤収した。
20090501131823.jpg
最後はややお疲れのようでした。

 さて、開票の結果なのだが、ここからもう一波乱が起こる。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/04 23:10】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/381-cd38b1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。