名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名鉄広見線(新可児~御嵩)存廃問題
 岐阜県は超クルマ社会であり、これまでも鉄道廃止で公共交通が大きく衰退した事例がたくさんあった。県内では数年前の岐阜の路面電車全廃によって、関市や北方町では代替バスの貧弱さから混乱を招き、周辺地域からの流入減少で岐阜市繁華街衰退の一要因になっている。すでに、この地域でも名鉄八百津線が廃止されている。その時の代替バスも道路の貧弱さから所要時間の増大による通勤・通学者への影響が出た。現に赤字のローカル鉄道線のバス代替で地域交通が活性化したという事例は極めて少ない。運賃の高騰・運行本数の問題・所要時間の増大・定時走行の問題など、課題が山積する。
 今回、広見線の新可児~御嵩のバス転換で、また公共交通の衰退に拍車がかかることだろう。可児市内の路線バス網は崩壊寸前だし、コミュニティバスも曜日限定運行では話にならない。代替バス(新可児~御嵩)の登場で、途中の明智駅から発着する八百津線代替バスも新可児駅まで乗り入れなんてプランも想定されるが、可児市は市内の道路が貧弱(片側1車線道路ばかり)なため、市街地の渋滞が慢性化しており、運賃の高騰に加え定時走行が困難なため通勤・通学者に多大な影響を及ぼすことだろう。
 興味深いのは鉄道を失った八百津町が参加している件。地域の協議会に参加している関係であろうが、代替バスが可児まで直通すれば可児までの運賃が安くなる可能性もあるのに鉄道存続に参加しているのは、鉄道が遠ざかることによって町民への影響が避けられないことを知っている八百津町民への影響が大きいからだ。
 でも、カネだけの問題だろうか。利用されないのは根本的に利便性が悪いからだ。たとえば、新可児~明智間にピアゴ(旧ユニー)可児店の脇を電車は通過しているが、あそこに駅があれば、少なくとも買い物客は利用していたことだろう(まぁ、今となれば御嵩に同会社の大型店アピタがオープンしてしまったので、店がなくなるという噂もあるが)。存廃以前に陳情できたはずである。
 「規模1流・設備2流・人間3流」の名鉄(あくまでも私見)も相当なミスを犯しているのは事実だと思うが、利用者の意見を汲み上げない自治体の財政支援だけで鉄道を存続できるかは疑問だ。

 赤字路線として存廃が取りざたされている名鉄広見線(新可児-御嵩間)について、沿線の可児市、御嵩町、八百津町の3市町長が1日、御嵩町役場で同鉄道の柚原誠副社長・鉄道事業本部長と会談し、引き続き同鉄道が路線を運行することなどを要望した。
 山田豊可児市長、渡辺公夫御嵩町長、赤塚新吾八百津町長の3人は(1)上下分離や別会社の設立はせず、名鉄が引き続き運行してほしい(2)市町は利用者増加策に取り組むので、最大限の協力を(3)市町は一定期間、名鉄運行に対する財政支援を行う--などを柚原副社長に申し入れた。
 同副社長は「沿線市町が利用者増、収支改善への支援を主体的に取り組むという前提で可能な範囲で協力する」と答え、支援策の具体化に向けた協議の早期開催を提案した。
 柚原副社長は会談後、「どこまで協力できるか検討し、努力したい。今年度の上期くらいには結論を出したい」と話した。渡辺町長も「住民らの熱意は伝わっていると思う。鉄道の利用促進が基本。赤字への助成をどういう形で出すか、協議に入らねば」と述べ、存続に向けた具体策の決定を急ぐ考えを示した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000029-mailo-l21
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
広見線は必要か?
 私が地図を見た感触としては、広見線末端は無理して残すよりも強力なバスを回した方が利便性が上がる気がします。完全に鉄道がどうでもいい場所に走ってしまっているのでは残す価値がないんです。(岐阜の路面電車もそうですが、岐阜の街作りはどこも極端な道路重視の気がします)それに新興住宅街の住民から見れば「なぜ鉄道沿線だけこんなに厚遇する必要があるの?」になるはずです。このバランスがとれないように思います。

 で、散々鉄道をいじめておいて名鉄に「大手だから残せ」って無茶苦茶じゃないですか?安いと言っても他線の犠牲のもとで成り立っているのです。卑怯に思うんです。
 名松線(三重県、JR東海)、とか三江線(島根県、広島県、JR西日本)とか、もう鉄道の用はなくなった、復活させようがない路線でも行政は激安運賃固持の為残せ残せって言っている。それと比較すればまだ広見線はかわいいのかもしれないですね。

 ユニーに駅を作ればという指摘、このクラスだったら効果は少ないと思います。逆にバスだとこういう場所のフォローが簡単になるのです。新可児からユニー、ヤマダ通って八百津行った方が格段に便利に思いませんか?
【2009/05/08 20:54】 URL | FtI4C #- [ 編集]

Re: 広見線は必要か?
FtI4Cさん
>広見線末端は無理して残すよりも強力なバスを回した方が利便性が上がる 
 バスはフレキシブルな対応ができるのが魅力ですが、裏を返せば改悪も簡単にできるのです。代替バスで活性化された事例って、本当に少ないです。最近の例では、桃花台~春日井のバスぐらいでしょう。広見線では運賃問題はさほど問題ないでしょうが、可児~御嵩間の所要時間が2倍ぐらいになるので、精神的距離は長くなり公共交通衰退の要因になるはずです。

>完全に鉄道がどうでもいい場所に走ってしまっているのでは残す価値がないんです。
>(岐阜の路面電車もそうですが、岐阜の街作りはどこも極端な道路重視の気がします)

 鉄道は可児市の中心と御嵩町を最短距離で結んでおり、どうでもよい場所とは思いません。ただ、可児市は郊外型店舗が一気に街を取り囲むようにでき街の構造が変わってしまい、沿線人口も少ない中でクルマへの移行が進んで電車が一気に衰退したと見ることはできます。ちなみに、岐阜県内の道路事情が改善されたのはここ10年ほどの話です。可児市もそうですが、岐阜市の長良川から北や多治見市中心部など、いまだにひどい地域もあります。

>新興住宅街の住民から見れば「なぜ鉄道沿線だけこんなに厚遇する必要があるの?」に
>なるはずです。このバランスがとれないように思います。
>
 少々意地悪ですが、山を切り開くなどしてクルマを使うことを前提で入居した新興住宅地住民と旧来からの鉄道沿線住民とのバランスを取ることなんてできるのでしょうか? 新興住宅地では住人の高齢化が進んでおり、将来の運転免許返上を考え都心回帰する現象がみられ、すでに高蔵寺や多治見など人口が減り始めている地域もあります。

>散々鉄道をいじめておいて名鉄に「大手だから残せ」って無茶苦茶じゃないですか?
 逆に今の名鉄がベストを尽くしていると思いますか? まだまだでしょう?
 
>名松線(三重県、JR東海)、とか三江線(島根県、広島県、JR西日本)とか、もう鉄道の用は
>なくなった、復活させようがない路線でも行政は激安運賃固持の為残せ残せって言っている。

 まだ、内部補填ができるだろっていうことじゃないですか?ただ、個人的に名松線は久居~一志~美杉と松阪~一志のバス路線を設けて、いつでも代替可能だと思います(後者は早々と無くなりそうですが)。もう、鉄道で輸送するレベルではありませんし。三江線は事情を把握していないのでコメントしかねますが、バス路線はあまり長すぎると沿線の細かなニーズに対応できないので、道路整備を理由に簡単に転換できない例もあるようです。近鉄から引き継いだ養老鉄道も朝ラッシュに対応できないとともに、代替バスの設定が難しいことが存続の要因だそうです。

>ユニーに駅を作ればという指摘、このクラスだったら効果は少ないと思います。
>(中略)逆にバスだとこういう場所のフォローが簡単になるのです。新可児からユニー、
>ヤマダ通って八百津行った方が格段に便利に思いませんか?
 ユニーはあくまでも例えです。いまさら造っても遅いです。八百津線代替バスが可児まで延長されたら便利になるでしょうが恩恵を受けられる人は限られます。
 可児駅から御嵩のアピタまでは一旦国道21号まで出なくても、ピアゴ(ユニー)の踏切を越えて「子守神社前」交差点を右折すればショートカットできます。ただ、それでも可児~御嵩間の所要時間は、電車に比べ2倍以上になるのは確実です。ただ、御嵩町内では国道21号バイパスが全通していないので、渋滞への不安が払拭できません。バイパス全通が代替の条件になると思います。
 名鉄の廃止代替バスでは、利用者数が電車時代に比べ50~60%減少したデータがあります。名古屋の某大学の先生の講演で聞いたのですが、本来は70%減を見込んでいたといいます。つまり、交通弱者を除くと代替バスで不利な条件を「折れて」利用する人は少なく、クルマに移行してしまうということです。だから仮に名鉄が廃止しても、公共交通の問題が地域の問題にスモールパッケージ化されるだけで、根本的には何も変わらないのです。

長文失礼しました。
【2009/05/10 20:53】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/386-61768258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。