名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

プロ野球にくすぶる場外乱闘の火種
 横浜の大矢監督が休養(事実上の解任)となった。大矢監督といえば、横浜が昨年も早い段階で最下位に低迷し、シーズン途中で進退伺を球団に出した経緯がある。でも今シーズンの指揮を決めたのは、代わりがいなかったからという噂だ。
 そもそも、あの戦力で140試合戦いぬけるのか。監督云々の問題ではない。大矢監督は主力選手を次々と放出しながら、ろくな戦力補強をしないする無能な球団首脳の被害者だ。結局、経験の少ない若手に頼らざるを得ず、生え抜きで打開しようとする作戦で挑むしかなくなったのだ。
 横浜って、古くは屋敷・高木豊などを放出した事件もあった。クルーン・鶴岡も放出した。なぜ、歴史は繰り返すのか。そして、親会社であるTBSは一体何をしているのか。球団経営がなってない。方向性が見いだせないなら身売りしろ。ただ、この経済状況で買い手が現れるかは疑問だが。かつての阪神・広島に続いて横浜の暗黒時代は当分続きそうだ。

 ところで、我らがドラゴンズも決して安泰ではない。現有戦力重視のオレ竜最大の危機である今シーズン、これまでの王道野球が通用しなくなっている。若手の酷使が裏目に出ることも多く、綱渡りが続いている。この前は幸運にも3連勝できたが、相手が横浜では両手を挙げて喜べない。チケットの売れ行きも近年稀にみる惨状で、阪神戦とロッテ戦のレフトスタンド以外は売れ行きが鈍いと栄の某プレイガイドの方が言っていた。ドアラ頼りなんて、情けないことのないように。
 交流戦で勝率5割を維持できるかが、後半戦・クライマックスシリーズへのカギとなる。巨人の独走だけは許すな。セ・リーグの灯を消すな!!

 阪神も真弓監督に対する風当たりが強まっているし、ロッテも球団とファンの間で揉めている。プロ野球の世界では場外乱闘の火種がくすぶっている。

 18日、プロ野球開幕からわずか1カ月余で、横浜が大矢明彦監督(61)を事実上、解任した。なぜ、今なのか。球団の目指すビジョンが見えてこない。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000075-mai-base
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/396-cde614e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)