名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

未決定ばかりの「エコポイント」考
20090520222756.jpg
 こんなひどい見切り発車も珍しいのだが、「ポイント」と聞くと体が反応してしまうので少し調べてみました。Yahoo!で「エコポイント」と検索すると、2つのエコポイントが出てくる。

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について
http://www.env.go.jp/policy/ep_kaden/index.html 環境省・経済環境省・総務省が共同で行っている政策。未確定部分が多すぎる。

エコ・アクション・ポイント公式サイト
http://www.eco-action-point.go.jp/
 こちらは環境省が単独で行っている政策。余談だが、「よだれを垂らしているみたい」「顔があまりに適当すぎる」など、キャラクターがすこぶる不評らしい。
top_01.jpg
確かにこの程度なら、素人にでも書けそうなレベルだわ。小学生の方が面白いキャラクターを書いてくれるだろう。あれで広告代理店に多額の金を支払っているかと思うと腹が立つ。センス無さ過ぎ、公費(税金)の無駄使いである。

 今話題の「エコポイント」は前者である。★4つ以上のエアコン・冷蔵庫・地デジ対応TVが対象で
内容によってポイントが異なる点、ポイント認定及び交換は夏以降などは、すでに新聞・テレビなどで周知された内容だ。
 公式サイトにはQ&Aもあるのだが、それでもわからない素朴な疑問が3点。

「ポイント獲得のため、事務局に購入証明として送付する保証書と領収書は、きちんと返還してくれるのか?」

 返送するのが面倒なので全部シュレッダーでは、故障など何かあった時に対応できなくなる。膨大な家電の使い捨てになる危険性もある。そこまでバカじゃないとは思うが。ただ、日本中から殺到する申請書類の紛失の危険性は否めない。また、個人事業主が業務用で購入した場合、返還されないと決算時に支障をきたす場合も想定できる。

「獲得したエコポイントを他のポイントへ振り替え(又は譲渡)を解禁するか?」

 ポイントは現金交換ではなく商品券などで対応するという話だが、交換レート次第ではポイントを振替又は譲渡した方が実用的になる場合もある。個人的には譲渡解禁希望である。ただ、認証制度であるので、本題からしても交換を購入者に限定することも考えられる。ただ、それでは肝心な消費が限定的な効果にとどまることから、商品券やベルマークのように自由に取引できる様にした方が賢明だと思われる。

 ポイント最大の疑問は
「事業実施者がポイント事務の中間コストとして、どれだけ搾取するか?」
である。事業者も企業だから利益を得なければならない。運営コスト圧縮のために政府からの業務委託料に限らず、国民からも搾取するかという問題だ。そうなると、必然的に手をつけるのが「ポイント」そのものだ。交換レートを下げることで利潤を容易に確保できるのだ。もちろん、政府の監視・指導があるはずだが、そこで政府がどこまで搾取を容認するかが気がかりだ。

 消費者はわからない、家電量販店もしどろもどろ、政府も未決定だらけ、経済効果は?
期待しているのは家電メーカーと家電量販店だけ。謎だらけのエコポイントなのである。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/397-48c40169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)