名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスはよみがえるか?とよたおいでんバスで考える
 久しぶりに豊田へ出かけた。まず、駅前で驚いたのは次々とやって来るオレンジのバスたち。豊田市中心部と旧郡部の周辺地域を結ぶ「とよたおいでんバス」という地域間を結ぶ基幹バスだ。名鉄電車や愛知環状鉄道との接続も考慮されており、豊田市内での総合的な交通ネットワークが形成されている。豊田市駅夕方のターミナルで観察してみた。
20090528001525

 「おいでんバス」は「豊田市公共交通基本計画」に基づき、2007年11月1日から既存の名鉄バスを引き継いで運行を始めたのだという。「おいでんバス」は地域間を結ぶ「基幹バス」と旧郡部の各地域内を走る「地域バス」の2段構成になっている。ちなみに「おいでん」とは、三河弁で「いらっしゃい」という意味で、東三河(豊橋方面)地方の「のんほい」に対する西三河(豊田・岡崎方面)を代表する方言だ。
 驚くのは、明確な運賃システムとバス運転本数の多さだ。下の公式サイトを参照されたい。
豊田市HP「みちナビとよた」:http://michinavitoyota.jp/main/c_train-bus/bus.html
 名鉄バスの頃は終バスが18時ごろだったのが、21時台まで繰り下がっているのは特出すべき点だと思う。
20090528001533

 旧小原村の上仁木まで行くバスは、名鉄バスの頃は1日5本程度だったはず。おいでんバスになってから本数が倍増している。途中の木瀬(旧藤岡町)までは1時間1本運行されている。
20090528001538

 次にやってきたのは、愛知県有数の公共交通劣悪地域だった「秘境」旧旭町の小渡行き。これも名鉄バス時代は1日3本程度しか運転されない乗車難易度の高いバスだった。午後までは2時間おき、夕方からは1時間おきの運行がなされている。
20090528001542

 こちらは、旧下山村の大沼行き。豊田市に合併したが、岡崎へのバスがあっても豊田市中心部へのバス路線が無い(昭和40年代まではあったが廃止されたそうだ)というすごいエリアで、数年前まで豊田へ通う高校生は途中まで毎日親がクルマで送迎していたらしい。地域からの要望で試験運行を行った上で正式路線に昇格した経緯を持つ。
20090528001545

 一方、一部路線では名鉄バスも並行して運行している。運賃は同じ。おいでんバスも名鉄バスが運行を受託しているので、「競合」というよりは「住み分け」のような関係ができている。豊田市駅から電車を利用する場合は「トランパス」対応カードが使える名鉄バス(おいでんバスは使えない)で乗り継ぎ割引の恩恵を受け、豊田市内だけの利用なら逆においでんバスを利用するといった使い分けもできるはずだ。バス停では「次のおいでんは何時かな」なんてやり取りもあって、地域に定着しつつあるようだ。
 昨年1年で21%も利用者が増加したのは非常にいい結果だとみられる。豊田市の利用予測は少し目標が高すぎはしないかという思う部分もあるが、おいでんバスの運営問題もあるとみられる。行政は少しでも早く目標を達成できるように利用者需要の掘り起こしを行い、地域住民はバスを積極的に利用する習慣を根付かせてほしい。
 これまで地域交通は交通事業者に任せっぱなしだったのが、公共交通衰退の一要因である。各地でコミュニティバスが走るようになり、公共交通も水道や学校と同様、インフラの一環として地域が運営していく時代になっているのだ。

 豊田市は、08年度の市バス利用状況をまとめた。旧町村などを結ぶ基幹バス(おいでんバス)の利用者は120万2347人で07年度比21%増、地域バス(コミュニティーバス)は23万1人で同3・6%増。市は10年度までに他の事業者のバスを含むバス利用者を1・5倍(07年度比)に増やす計画だが、08年10月時点で1・13倍にとどまっており、目標達成が厳しい状況となっている。
 基幹バスは、08年4月に名鉄バスから引き継いだ小原藤岡方面3路線が61・8%、下山・豊田線が40・8%、保見・豊田線が25・5%、それぞれ増加した。一方、中心市街地玄関口バスは33・1%の減となった。
 市交通政策課は、名鉄運行時に比べ、運賃を下げたり運行本数を増やしたため通勤・通学客が増える一方、中心市街地玄関口バスは豊田厚生病院(旧加茂病院)が移転したため利用客が減少したと分析している。
(中略)市のバス路線充実は、渋滞緩和や温暖化対策を目的に計画し、路線の新設や増便などを行っている。今年度はバス運行費負担金として計約8億円の予算を充てている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000081-mailo-l23
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/401-9403d7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。