名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒字化への道遠し・三岐鉄道北勢線
 4年連続乗客増加は、公共交通・特にローカル線では喜ばしいニュースなんだけど、年間4億8900万円の赤字で累積赤字24億円というのは重たい問題だ。三岐鉄道に変わって近鉄時代と比べ大幅な収支改善が続いたが、会社側の経営能力だけでは克服が難しい数字になりつつある。来年度からは費用が減少するとはいえ、あくまで予測にすぎない。沿線会社の通勤客減少が気になるらしいが、高校生も自然減で今後あてにできなくなる。今後は集客力のある鉄道作りが必要だ。
 先日、日曜深夜の「NNNドキュメント」で、山形県の第3セクター鉄道・山形鉄道の社員が乗客増加を狙うべく奮闘する姿を取り上げていた。開業以来すっと赤字の鉄道に民間企業からやってきた社長が地元出身の社員が意見をぶつけながらも、鉄道を守ろうとする必死な気持ちは同じだった。旅行業界出身の社長が旅行会社に営業し、山形への旅行ルートに山形鉄道を組み込ませ、社員が山形弁丸出しの観光案内で場を楽しませ、1日に23台の観光バス客をこなすのは圧巻だった。
 東海地方では岐阜県の明知鉄道がよくイベント列車を企画しているが、北勢線もこの手の企画をしてみたらどうだろうか。程よいスピードや産直物直売所のある大泉駅や終点の阿下喜駅近くには温泉もできた。日帰り旅行などに組み込んでもらえるように営業活動するのも一考だ。

 近鉄から事業譲渡された三岐鉄道北勢線(桑名市-いなべ市)の沿線自治体と同鉄道で作る「北勢線対策推進協議会」(会長=水谷元桑名市長)の会合が27日、桑名市内であった。同鉄道が事業報告をし、客数は4年連続増となったが、赤字は解消されなかったことを報告した。
 旅客運賃などの営業収入が3億5900万円(前年度比1200万円増)だった。一方で人件費や修繕費などの営業費も6億9500万円(同2400万円増)となった。経常損失は3億6200万円(同1300万円増)で、減価償却費を加えると4億8900万円の赤字となった。
 利用客数は228万2561人で、前年度より8万5527人増えた。内訳は▽定期外77万565人▽通勤59万8500人▽通学91万3496人--で、いずれも増加した。景気悪化の影響が昨年12月以降にあったものの、ダイヤ改正や各駅の駅舎、駐車場の整備などで利用しやすくなったことが増加につながったと説明している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000045-mailo-l24

 三岐鉄道北勢線管理部は27日、2008年度の北勢線利用状況を明らかにした。利用者は前年度に比べ約8万5000人(3・9%)増、旅客収入も約1186万円(3・5%)増となった。一方で、設備投資による減価償却費を含めた経常損失は4億8900万円で、2000万円悪化。依然として厳しい状態が続いている。
 (中略)利用者は、定期外、通勤、通学ともに増加。阿下喜行きの増発をはじめとしたダイヤ充実などに加え、昨年12月に移転、新築した蓮花寺駅での伸びも寄与した。ただ、景気後退の影響で、下期は沿線にある工場の従業員などの通勤・定期外利用で減少傾向が目立っているという。
 営業費は、運転士の定年退職を見越した新規採用による人件費増大などで、2400万円増の6億9500万円。累積赤字は約24億円となった。
 高速化工事が08年度で終了したことで、09年度以降は減価償却費や利息支払いは減少するとしている。

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090528/CK2009052802000015.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/407-38fd5416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。