名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

図書館が進化・増設される陰で…。
 図書館フリークとして、こんなサイト

東海地方の図書館探訪
http://www.geocities.jp/kouryudo758/library.html

を運営している者として(といっても、恥ずかしながら長い間更新していなかったりしますが)は気になるニュースだ。
 これまで、東海3県下の図書館を70%ほど訪問してきた。総じて思うのは、職員のレベル格差が激しいこと。最近、経費削減を図るために臨時職員としてアルバイト雇用するケースが多い。この人たちを批判するつもりはないが、本の位置を案内することができる程度でレファレンスが全くできないというのは利用者としては頼りない。しかし、輪をかけてひどいのは正職員たちだ。タメ口で応対する人、貸し出し券を手で渡したのに机に置いて返す人、アルバイトに応対を任せて奥へ逃げ込むチキン職員の多いこと。ひどい例では質問に知識不足で返答できないをのを棚に上げ逆ギレする人もいた。こんな連中が年収500万・800万なんて思うと怒りがこみ上げる。
 だったら、専門家ばかりで固めたらどうかと思う。ワインの世界には専門家としてソムリエという資格があるように、図書館の世界でも同様に専門家として(図書館)司書という資格がある。私は図書館フリークでありながら、恥ずかしながらこの資格は持っていない。機会を見て取得してみたいとは思っているのだが、この資格の弱点はソムリエと異なり、就職・転職にほとんど有利に作用しない。学芸員・社会教育主事と並んで、司書という資格は就職に優位に展開しないのだ。公務員試験でも天文学的な倍率になる。図書館は年々増えており、夜間や祝日開館するところも年々増えているというのに、専門職の人の採用は逆に減少している。
 なぜなら、いまだに図書館に理解の無い運営者が多く、書庫と倉庫の区別すらできない人がいるようで、特に公立図書館では戦力外になっているダメ職員のたまり場みたいなところも目立ち(特に愛知県図書館・名古屋市各図書館)、図書館としての本来の姿と程遠い現場があるからだ。やはり、行政には「使わせてやっている」程度の意識しかないのだと思う。
 たとえば、不動産会社では1事務所に5人に1人の割合で専任の宅建主任者資格を持つ人を置くことが法律で定められている。図書館も司書資格の地位向上のために法律で規制かけるしかないのでしょうか?

図書館司書ら半数超が非正規 低賃金 職員の質低下懸念
 全国的に図書館が増える中、蔵書の選定などを担う専門職の司書と司書補の非正規職員化が進んでいる。複数の非常勤や臨時職員の実働時間を合わせ年間1500時間で司書・司書補1人分と換算すると、非正規職員数が正規職員数を上回り、半数以上を占めている計算。1998年度に1館当たり3.1人いた正規職員は、2008年度に2.1人まで減少している。

引用元:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/contingent_workers/?1249714552
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/439-1e390582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)