名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

秘境・深沢峡へ挑む2009冬Ⅳ
秘境探検の第4弾。今回で最終回です。
前回の内容:http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-447.html
SSCN1159.jpg
 八百津町側から五月橋を眺める。
SSCN1160.jpg
 「歩行者通行止」って、もう渡っちゃったんですけど。おそらく、橋が板張りだったころの看板だと思われます。危険だから人が渡れる程度に最小限の整備をしたんですよね。
SSCN1161.jpg
 さて、県道大西瑞浪線の終点である、国道418号線に向かうことにする。
SSCN1162.jpg
 瑞浪側に比べ、更に道幅が狭くなる。本当にオート3輪が通行したのか怪しくなる。しかも、道が川に向って傾いているのだ。怖すぎる。ちなみに、五月橋の八百津町側には、貸ボート屋・土産物屋・木材加工場があったらしい。
SSCN1164.jpg
 ここで、一度振り返り、五月橋を眺める。
SSCN1163.jpg
 登り坂が続くが、瑞浪側ほどの急坂ではない。ただし、右側は30m以上の断崖絶壁。落ちたら命の保証はありません。
SSCN1165.jpg
 もう、心細さもそろそろ限界かなと思い始めたころ、先が開けてきた。
SSCN1169.jpg
 ついに見つけました。県道352号大西瑞浪線の起点です。長年の疑問が遂に解消されました。
SSCN1166.jpg
 ここが起点である岐阜県加茂郡八百津町潮南字大西です。
 家はおろか、電柱すらありません。もちろん人口ゼロ地帯です。
 左へ下っていく道が、これまで歩いてきた県道352号大西瑞浪線、そして、右側へ登っていく道が伝説の国道もとい酷道418号線なのです。瑞浪市の深沢から歩くこと約1時間。何度も怖い思いをしてきたので、このろくでもない酷道418号線でも何だか頼もしく思えてしまいます。
 この418号線、八百津町湯谷橋から恵那市笠置ダムまで約15kmが昭和57年の集中豪雨以降、ろくに整備もされないまま、新丸山ダム建設のため水没が決まったので放置されている伝説の国道なのです。
SSCN1168.jpg
 その中でも、この県道分岐から恵那方面へは特に危険なエリアとして道路マニア・国道マニアから恐れられています。ところが、全面通行止めなのに、恵那方面へのバリケードが解放されています。勇者がこの危険地帯に突入したものと思われます。
 機会があれば、この国道418号線についても探検してみたいと思っています。

 この時点で時刻は15:30。日没後は完全に闇に包まれるエリアです。今回は瑞浪市の環境センター前にクルマを停めたままにしているので、再び小1時間かけて来た道を戻りました。長年の思いを実現させた充実感と恐怖感が交錯した、今回の探検でした。(完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

はじめまして。
滅茶苦茶面白い記事でした。土岐にいるので、行ってみようか、と思います。
今は藪山登りをしていますが、もうかれこれ20年程前になるでしょうか、当時はバイクを休日ごとに乗り回していて、蘇水峡からR418dでこの五月橋の袂まで行ったことがあります。
余りに深入り過ぎて、戻るに戻れず、いっそこの橋を渡って深沢に抜けようかと思いました。結局決断できず、十日神楽へと抜けました。
【2014/01/17 17:13】 URL | float cloud #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/448-5aef61f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)