名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広小路夏まつり2009
20090821a.jpg
 何年振りだろうか、真夏の恒例イベント・広小路夏祭りを見に行きました。
 このイベント、名古屋都心の広小路通りの栄~伏見間を夜間限定で歩行者天国とし、通りの真ん中を合法的かつ安全に歩くことのできる貴重な機会でもあります。そもそも、名古屋では歩行者天国自体が大変珍しいので感動もひとしおです。
20090821b.jpg
 ただ、いつも思うのは、露店も少なく祭りらしくないところです。なぜなら、広小路通りは名古屋市が露店や屋台などの設置を禁止してしまっているからです。この祭りで出ている露店は道路占有許可を得ている企業の前など、ごく一部のエリアに限られています。なんか、人工的で文化の香りがしないのが、いかにも名古屋らしいと思います。

 広小路通りの各所で太鼓・ダンス・阿波踊り・手筒花火など、各ブースごとにイベントが行われました。
20090821e.jpg

 ぜんぜん知らないアイドルの公開ライブ。コアなファンが結構いました。こんな光景は秋葉原だけかと思っていましたが、名古屋にもしっかりと到達していました。
20090821f.jpg
アイドルより、こちらの方が観衆の視線を浴びていました。

 広小路夏祭りで唯一、文化の香りがしたのはこちら。
20090821c.jpg
 太鼓の会場に止まっていた山車。「広小路丸」というらしいのですが、
 この山車の装飾を製作し納入したのは、栄の百貨店のようですが、丸栄と並んで
20090821d.jpg
「オリエンタル中村」の文字を発見。この山車はいつ造ったんだ?

 今は無き、名古屋の百貨店・オリエンタル中村。現在の三越名古屋栄本店です。星ヶ丘へ出店したのが原因で業績が悪化。三越に看板を変えたのが1980年らしい。東京日本橋が本店だというのに、「名古屋三越栄本店」という奇妙な名称を使っていたのも、この中村の存在があったためだ。ちなみに、売上高は三越でも全国トップクラスだったらしい。
 うちの親父も長いこと、三越を「中村」と呼び続けていた。余談だが、同じ名古屋の百貨店・松坂屋は、社員がトイレに行くときの隠語として「中村行ってきます」と言っていたらしい(元社員の話による)。
 こんなところに名古屋の文化が隠れていたとは思わなかった。文化不毛な祭りと思いきや、思わぬ名古屋文化の発見だった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/456-5f90eaf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。