名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

つばめのバスが巣立つとき1
 愛知県瀬戸市及び春日井市を中心に展開する、JR東海バスの一般路線バスが今月末で全線廃止となる。同時に共同運行している「ゆとり~とライン」(名古屋ガイドウェイバス)からも撤退するので、JR東海バスは高速路線のみのバス会社となる。
 1930年12月20日に岡崎駅~多治見駅間・瀬戸記念橋駅~高蔵寺駅間にて省営自動車岡多線の運行を開始して以来79年、地域に根付いていたつばめのバスが巣立ちの時期を迎えた。
 今月いっぱい、短期集中特集としてJR東海バスの一般バス路線を取り上げたい。

20090903005624.jpg
 瀬戸市駅前にて。
20090903005628.jpg
 廃止のお知らせ。瀬戸・春日井の全路線は名鉄バスへの移管が決定している。
20090903005632.jpg
 夕方の瀬戸駅前。帰宅する瀬戸電(名鉄瀬戸線)からの乗り換え客が次々乗り込んでいく。JRバスは瀬戸に無くてはならない存在だったのだ。

 つばめのバスとの出会いは、20年以上前の子供の頃にさかのぼる。私は名古屋郊外の守山で暮らしていたのだが、守山の名鉄瀬戸線に並行する瀬戸街道は、市バス・名鉄バスに加えJRバスも走るバス銀座だった。私は時々、何らかの用事を作ってはバスに乗っていた。
 その中でもJRバスは独特の空気を持っていたので、わざわざ選んで乗っていた。市バス・名鉄バスに比べ車両がボロいのが特徴で、板張りの床・後扉には車掌用のスペースがあったりした。守山図書館から小幡までの短い間だったが、名古屋で珍しい後乗りバスと運賃が上がらないかソワソワしながら楽しんだものだ。当時のJRバスは、名古屋駅から大曽根・小幡・志段味経由で瀬戸追分・瀬戸記念橋まで1時間に1~2本、高蔵寺間で1日数本運行していた。都心の渋滞・瀬戸街道の渋滞で10分遅れはざらで、ダイヤはあって無いようなものだった。
 ここ20年ほどの記憶を思い浮かべながら、つばめの巣立ちを見届けたい(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
はじめまして ^^
名鉄バスへの 移管が きまっとるのなら、住民の あしが なくなると いう 心配は ない わけですね。
でも、広隆堂さん おもいでの JRバスが 撤退して しまう ことは、さぞかし さびしい ことでしょう。
【2009/09/06 17:43】 URL | あきひこ #- [ 編集]

Re: はじめまして ^^
>あきひこさん

 名鉄バスへの移管が決定していることから、トランパスによる瀬戸電への乗り継ぎ割引も瀬戸市内全域で拡充されるなど、改善の部分が多いかと思います。JRバスは瀬戸や春日井で孤立していたのは事実ですので、発展的解消として今回の撤退を見送りたいと思っています。
【2009/09/16 00:57】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

初めまして
瀬戸市在住のmassanと申します。どうぞ宜しく。

私にとって国鉄バス~JR東海バスといえば、末期の白・青の塗り分けよりも国鉄からJRへの過渡期に存在した青・銀の塗り分けや、国鉄時代の肌色・緑の塗り分けの方が思い出深いです。
家のすぐ近くを国鉄バスが通っていたので、小学生時代は栄へ行くときは名鉄瀬戸線と地下鉄名城線を乗り継いでいましたが、名古屋駅へ行くときはそのまま国鉄バスで乗り換え無しで行っておりました。流石に名鉄瀬戸線が栄町まで乗り入れるようになってからは、あまり利用しなくなりましたが。
国鉄バスに慣れ親しんでおりましたので、広隆堂さんとは逆にたまに市バスや名鉄バスに乗ったりすると、国鉄バスと雰囲気が違うのに驚いたりしたものでした。
【2009/10/05 23:16】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: 初めまして
massanさん、こちらこそ初めまして。

 名古屋市民でしたから、まず後乗りのバスが珍しかったのです。名鉄バスも良かったのですが、やはり、独特の雰囲気があった国鉄バスが好きでした。
 だから、複数のバス会社路線が並行していると、極力市バスを回避して利用していました。私が暮らしていた守山の千代田街道沿いは、瀬戸電もバスも選択肢が多い地域で、目の前の矢田川を越えると基幹バスも利用できました。出来町通りに基幹バスができたころ、なるべく名鉄バスを利用していました。マイクをONにして「信号よし!」など呼称確認が聞こえるキビキビした運転士の姿に感動し、座席の豪華さで市バスを完全に凌駕していました。
【2009/10/17 12:41】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/471-60451ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)