名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

大ベテランがドラゴンズを救う
 大ベテランの山本昌と井上にようやく開幕が訪れた。チームの勢いが失速し最低な試合が続出している昨今、久しぶりにチームに光を与えたのは大ベテランの選手たちだった。
 6回3安打1失点なら山本昌なら上々の内容だ。そして、ヒットが出た井上一樹。本当に良かったね。世代交代の波が一気に訪れているドラゴンズだが、まだまだ必要な選手ではなかろうか。勝つことはできてもファンとして何だか物足りなさを感じることが多い。ただ、クライマックスシリーズに向けて、ドラゴンズはベテラン陣が合流し厚みを増しつつある。

 【中日3―1ヤクルト】ちょうど1カ月前の8月11日に44歳になった。夏の暑さも終わろうかというころに、山本昌が今季初勝利を挙げた。
 これでセ・リーグ新記録の22年連続勝利をマーク。「こういう日が来ると思って頑張って良かった。22年連続?ピンと来ないけど、なんか、凄いですね」と人ごとのように笑った。
 6月13日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来の今季4度目の登板。直球は最速140キロをマークするほど躍動感があった。特にさえたのは内角への厳しい攻めだ。初回2死一、三塁は、ガイエルを内角スライダーで三邪飛に。4回2死二塁では、宮本を内角直球で詰まらせて遊ゴロに打ち取った。6回を投げ、被安打は3。失点は川島慶のソロ本塁打だけだった。
 2軍では泥にまみれてきた。投球回数102回はウエスタン・リーグ1位。自分の年齢の半分にも満たない若手とも対戦し「楽しめましたよ」と、まだまだ負けられないという刺激に変えた。通算205勝目。「ここまで時間がかかったのは初めてだけど、これから大事な試合もあるんで頑張りたい」。山本昌の26年目のシーズンの本番はこれからだ。
 ≪こちら20年目 井上今季初ヒット≫プロ20年目、井上が今季27打席目で初安打を放った。2―0の5回2死一、三塁で、バットを折りながらも左前へ落とす適時打。一塁ベース上で目を潤ませた38歳は「ヒットを打つのがこんなに難しいものかと身に染みた。試合後にメールがパンクするぐらいきて、いろんな人の支えがあったんだなと感じた。野球人生の中でも大きな1本だった」と感激の面持ちだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000005-spn-base
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/482-7145a8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)