名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンキー・井上一樹選手引退
 野球選手というのは、イチローや現役時代の落合監督のように、ストイックに走る傾向が強すぎるのだが、この人は常に親しみやすく人間的だった。優しさが滲み出ていた。常にチームのことを思う人だった。
 引退セレモニーでは、阪神ナインも参加。レフトスタンドの応援団も残ってくれた。選手を称えるその姿勢、ホントに頭が下がります。これだから、野球が好きなんです。
 井上選手の感動的なあいさつ。全文公開します。

(感極まり嗚咽)すいません…。
今シーズンを持ちまして、井上一樹は現役を引退します。
ふるさと、鹿児島からこの名古屋に出て来て20年、
球団に、名古屋に、そしてドラゴンズファンに育ててもらいました。
僕は決して、強い人間ではありません。
弱い自分をいつも支えて、助けて、
そして励ましてくれたみなさんに感謝します!
しゃべるのは僕は不得意ではないんですが、
すいません、今日は言葉が出ません。
阪神球団の方、そして阪神ファンの方も、
僕のこのセレモニーに、立ち会ってくれてありがとうございます。
そして今まで一緒にプレーしてくれたみんな、ありがとう!!


 そして、タイガースからも元ドラゴンズの矢野選手が花束贈呈。数日後に同じセレモニーを行う立浪選手からもねぎらいの言葉が。ドラナインに続き矢野選手と元ドラゴンズの高橋光信選手も参加しての胴上げ。ラジオを聴きながら涙が止まらない。感動の引退セレモニーでした。

 思い出に残るのは、やはり1999年。伝説の開幕11連勝からの21試合連続安打かな。あの優勝を引っ張ったのは一樹です。そして、グラウンド以外での活躍。選手会長としてファンとの交流を積極的に進め、ファン感謝デーとテレビラジオに少し出るだけという、旧態的なファンサービスを変えたのは一樹の功績だ。
 背中で選手とファンを引っ張ることのできた選手、それが井上一樹だ。今後もドラゴンズに必要な人材だと思う。

20年間ドラゴンズ一筋。本当にお疲れ様でした。

 中日の井上一樹外野手(38)が25日、今季限りで現役引退を表明した。25日の阪神戦後にナゴヤドームで会見した井上は「悩みに悩んだが9月になって引退を決意した。ドラゴンズのユニホームを脱いで終わるのが最高と思った」と話した。
 井上は鹿児島商高から投手として89年のドラフト2位で入団したが、2年間で9試合登板し、通算1敗と振るわなかった。94年から野手で1軍に登場。99年には開幕21試合連続安打をマークし、リーグ優勝に貢献した。06、07年には中日選手会長になりファンサービスに努めた。今年は出場23試合にとどまり41打数3安打、打点5。プロ20年の打撃成績は通算1213試合に出場し3129打数863安打、79本塁打、349打点(今年の記録は25日現在)。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000131-mai-base
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/497-7c6bc7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。