名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

JR名松線・家城~伊勢奥津間部分廃止か?
 JR東海が今月の台風18号の影響で不通になっていた名松線(三重県)のうち、末端区間の家城-伊勢奥津を廃止する意向を固めた模様。近年、台風や大雨による長期運休路線では越美北線・大糸線・三江線・姫新線などが挙げられます。そのうち、宮崎県の高千穂鉄道は再開を断念して廃止になりましたが残りは復旧させており、JR東海でも数年前の高山線・飛騨古川~猪谷での復旧工事は見事なものでした。
 JR東海の発表によると、運賃体系は維持するとのことで、かつての旧国鉄士幌線(北海道・廃線)末端区間みたいな扱いになるのでしょうか?

 名松線の今後の輸送計画について(JR東海公式サイトより)
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000410.html
 かなり衝撃的な内容だ。確かに運転見合わせの多い路線だと以前から思っていたが、1時間たった2mmの雨で運転抑止していたとは思わなかった。にわか雨や通り雨でもアウトなのだ。どうも、沿線の山林荒廃が深刻なレベルで、線路を補強しても、山崩れなどで運休を強いられるため安全運行が困難になっているということらしい。
 分割民営化以降、22年で利用者数が60%減、さらに家城~伊勢奥津間に限れば80%減という惨状だ。しかも、1日90人しか利用していないとなると、億単位の投資をしても1日90人しか利用しない鉄道を維持すべきか問われるレベルだ。一昨年に沿線を歩いたが、並行する県道15号線の整備が完了しており、バスでも対応可能と思われる。
 通勤通学客の多くが、一志駅から近鉄川合高岡駅まで徒歩連絡して津方面へ通っている。松阪への流れは少なく、利用動向が鉄道のベクトルと異なっているのだ。久居~一志~美杉と松阪~一志の2路線でバスを走らせれば、JR名松線の代替することができるのだ。

 台風18号の影響で一部区間の不通が続いている三重県のJR名松線(松阪-伊勢奥津(おきつ)駅、43.5キロ)について、JR東海は29日、不通区間(家城(いえき)-伊勢奥津駅、17.7キロ)を廃止し、バス輸送への切り替えを決定、地元自治体と協議を始めたことを明らかにした。JR東海発足後、同社が鉄道路線を廃止するのは初めて。
 今月8日の台風では、同線の39カ所で線路上に土砂が流入したり、盛り土が流れ出すなどの被害が発生。同15日から松阪-家城間で鉄道運行を再開したが、家城-伊勢奥津間は代行バスを運行、被害調査を進めていた。
 記者会見で中村満・鉄道事業本部長は廃止を決めた理由について▽険しい地形のため速度制限や雨量規制が厳しいこと▽仮に復旧しても、台風18号以下の風水害で長期の運転規制が起きうること▽周辺道路が改良され、バスの方が安全で安定した輸送を行えること▽利用者の減少--などを挙げた。28日、三重県や津、松阪市に考え方を伝えたという。
 地元の同意が得られ次第、国土交通省に同区間の廃止届を提出する。代行バスは現在、三重交通が1日11本を運行しているが、廃止後も同社へ委託するとみられる。
 名松線は1935年に全線開通。87年度には1日当たりの利用者は1670人だったが、08年度は同700人に減少。特に家城-伊勢奥津間は、87年度の同430人から同90人にまで減った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000058-mai-soci
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/523-29a405f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)