名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

JR名松線現地ルポ1
 11月1日、一部区間の廃止が伝えられたJR名松線を見に出かけた。その模様を2回に分けてお届けする。
meisyo20091101a.jpg
 松阪駅にて待機する、13:18発・家城行き列車。
meisyo20091101b.jpg
 車内は4名しか乗車しない。閑散としてものだ。運転士氏と駅員氏の会話を盗み聴きしていると…

運転士 「この路線、本当に廃止になるんですか?」
駅員  「本社はそうしたいらしい」
meisyo20091101c.jpg
 家城~伊勢奥津間は代替バスで対応しているが、なんとデータイムに間引きされている。松阪9:34発と13:18発は、普段なら終着の伊勢奥津行きなのである。まだ、正式決定したわけでもないのにJR東海は廃止に向けた縮小モードに入っているのだろうか。
meisyo20091101d.jpg
 たった4人の客を乗せて列車は発車。雨の降るなか、農村部をひた走る。途中駅で最も乗降のある一志駅で2人乗車。他の駅で乗降は一切なかった。運転士氏のご厚意によって、前面のワイパーを動かしていただき、悪天候にもかかわらず前方撮影ができました。ありがとうございます。
meisyo20091101e.jpg
 並行する県道15号線は整備されている。クルマが列車を追い越していく。
meisyo20091101f.jpg
 家城駅到着。
 この先は進めないという意味なのか、信号機に「×」が貼られていた。
meisyo20091101g.jpg
 5分ほど停まると、折り返し松阪行きとして発車する。この路線はタブレットスタフ交換がある。
meisyo20091101h.jpg
 駅員が発車の合図を送ると、列車は定刻通り発車していきました。列車を見送ったときに1つ気づきました。
 右の駅名票を見てほしい。拡大したものがこれ↓である。
meisyo20091101i.jpg
 次の駅名(伊勢竹原)のところに紙が貼られ消されていた。JR東海としては、この先(家城~伊勢奥津間)を復活させるつもりが無いという意思の表れだろうか。いよいよ、不通区間に足を踏み込む(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
IF・・・
何とも残念な事ではありますが。
名松線の駅は、松阪駅を除くとつい最近まで一志郡だった場所に立地しています。このうち、三雲町と嬉野町は松阪市に、一志町と白山町、それに美杉村は津市にそれぞれ合併されました。仮にもし、これらの町村が全て松阪市に合併されたとしたら、松阪市が財政支援するなどして存続に動いたのではないか(もしかすると第三セクター化していたかもしれない)。
ふっとそんな事を考えてしまいました。
【2009/11/06 20:03】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: IF・・・
 名松線については、意外にも鉄道存続を希望する声があるようですね。仮に三重県・津市・松阪市に赤字補てんを要求するにしても、年間7億円も赤字を出し続ける鉄道を維持させることに、県民・市民が納得するのか疑問です。
 沿線では、合併新自治体による周辺部切り捨てという論理で名松線を語ろうとする論調もありますが、お門違いも甚だしいと思います。意外にも伊勢新聞(愛知県図書館で時々読んでます)が存続派の肩を持っているので驚きです。沿線の事情からみても、鉄道の経営が成立する状況ではないというのに、いくらバスが当てにならない交通機関だとはいえ、そこまで鉄道に執着するのは予想外です。
 名松線がいかに中途半端な路線だったのか、それは三重の鉄道史から見ることができます。そして、沿線自治体・三重県・津市・松阪市が納得できる名松線問題からの次の一歩について、今後特集をしてみたいと思っています。
【2009/12/02 00:50】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/530-f2a3a8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)