名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学4年生の放火から見えるもの
 名古屋市中川区戸田の寺院火災は、全国ニュースでも取り上げられました。最近の寺院火災は多くが漏電が原因なのですが、放火・しかも犯人が10歳の少年ということでショックなニュースになってしまいました。中村区まで行く用がありましたので、ついでに現場を見てきました。
 戸田は名古屋市郊外の街ですが、古くからの住宅が密集したエリアです。
20091104191540

 お寺には檀家の方や近所の皆さんが集まっていました。
20091104191533

 地域の心のよりどころを失った悲しみ。途方に暮れています。
20091104191525

 本堂。まだ若干焦げ臭く、ポンプもそのままになっています。それにしてもひどい。立派な柱をしていますが、1487年建立の古刹だったとか。
20091104191517


 がれきの向こうにはお墓が。ご先祖様も大変だったことでしょう。
 このお寺のお隣は別のお寺。こちらにも延焼しており、片付けに追われていました。
20091104191503

 幸い御本尊は無事だったようで、よかったですね。また、住宅密集地なのですが、民家への延焼は無かったようで、こちらもよかったです。

 ところで、放火した少年は過去にもボヤ騒ぎを2件起こしていたことが判明。動機も気になりますが、寺社・地蔵とターゲットに共通性があることを思うと確信犯的要素があり、少年が心を病んでいるのは間違いないようです。そして、親。社会的責任を追及するのは簡単なのですが、言葉が浮かびません。親の教育能力の問題もありますが、我が子を守る以前に親も病んでいたのかもしれません。
 確かにゴミなどを燃やすと特に憂鬱なときは気分がスカッとするものです。しかし、野焼きや自宅でゴミを燃やすことが無くなった現代では、安易な火遊びが危険であるという意識すら希薄になっているのでしょうか。そして、放火が殺人の次に罪が重いということも。ここまで教えないといけない時代なのでしょうか。

 3日午後4時半ごろ、名古屋市中川区戸田3の「西照寺」(神戸誓真住職)から出火、いずれも木造平屋建ての本堂と居宅部分を全焼し、南隣の木造平屋建ての別の寺に一部延焼、両寺の計約800平方メートルを焼いた。42歳と61歳の付近の女性住民が転倒したり、煙を吸って治療を受けたが、いずれも軽傷。約6時間半後に鎮火した。
 この火事で愛知県警中川署は同日、現場近くにいた同市内の少年(10)を現住建造物等放火の非行内容で児童相談所に送致した。
 同署によると、現場付近で不審な少年を住民が発見し、署員が事情を聴いたところ、少年は放火を認めたという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091103-00000026-maip-soci

 名古屋市中川区戸田3の古刹(こさつ)、西照寺が全焼した3日の火事で、現住建造物等放火の疑いで市児童相談所に送致された市内の小学4年生男児(10)が、今年5月と昨年12月にも中川区内の地蔵や神社敷地に火をつけたことが、男児の通う学校や中川消防署などへの取材で分かった。学校側は男児と親への指導にとどめ、市教委に報告していなかった。
 地蔵の火事は5月25日夕方に中川区江松5の地蔵堂で発生、地蔵の着物などを焼いた。付近住民の目撃情報からパトロール中の警察官が男児を見つけ、補導した。男児は地蔵堂に備えてあるマッチで火をつけたという。昨年12月には、同区内の神社で男児が枯れ枝に放火したところを住民が見つけ、学校に連絡したという。
 同校は、男児や親に「決してやってはいけないこと」と指導。男児は「火で遊びたかった」と話し、反省した様子だったという。
 火事騒ぎを市教委に報告しなかったことについて、同校教頭(53)は「火遊びということで、学校での指導で十分と考えた」と説明。「二度とやらないと思っていたので、非常に驚いている。指導が至らず残念」と話した。
 同校によると、男児は学校内では目立つ存在ではなく「普通の子」(教頭)だった。いじめを受けたなど学校でのトラブルは確認されていないという。ほかの児童や保護者への説明は今のところ予定していないという。

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009110402000225.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/532-44e9b74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。