名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR名松線現地ルポ3
 2回でまとめるはずでしたが、4回に分けることにしました。現地ルポは今回で最後です。
200911033a.jpg
 家城駅からやってきた伊勢奥津行列車代行バスには、4名の乗客がいました。乗り物好きにとってバスの一等席である最前列にはJR東海三重支店の課長さんが車掌代理として乗務していました。普通、こういう役割の人は運転士の真後ろか後部ドアの脇に座るのですが、こういうKYなところは、さすがJR東海クオリティ。
 県道15号線は竹原から先、道幅が若干狭くなるものの、センターラインもある道で中型バスなら楽勝で走れる生活道路になっています。
200911033b.jpg
 雨の中の走行でまともな撮影もできないまま、バスは伊勢奥津へ向かいます。線路と雲出川、そして県道15号線が狭い谷に沿って並行しています。名松線線路は山沿いを走るケースが多いのが特徴です。狭い谷の貴重な耕地や集落の真ん中を通っては困るという、山間部の鉄道にありがちなパターンです。途中、がけが崩れていると見られるのが2ヶ所ほどありましたが、目立ったものは見当たりませんでした。伊勢八知から比津までの間は県道の道幅が狭く、対向車とのすれ違いに難儀する場面もありましたが、根本的に車の量が少ないのでバス転換しても影響は小さいような気がしました。
200911033c.jpg
 美杉地区の中心、伊勢八知で1人下車した他は、終点の伊勢奥津まで乗車。
200911033d.jpg
 伊勢奥津駅。公民館との併設です。伊勢八知駅も同様なタイプでした。伊勢竹原駅で感動した私にとっては少しショックでした。
200911033e.jpg
 ここから名張へ抜ける路線バスは、なぜか駅から少し離れたところにバス乗り場があって、
200911033f.jpg
 運行本数は以下の通り。「乗れるもんなら乗ってみろ」状態です。
200911033g.jpg
 ここの名物である給水塔を眺める。この先、名張へ行くはずだったのに…。
200911033h.jpg
 駅舎内にはノートが大量に置かれていまして、訪問者の足跡が。
200911033i.jpg
 そのなかには、東海ラジオ「流石の源石」リスナーの姿も。「源石様指令をください」のコーナーに応募したリスナーが指令を達成したようだ。
「寝ろ!!」と言われて、帰りのバスでは爆睡してしまいました。
 さて、名松線への見解を次回書いて、特集を締めくくりたいと思います。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/559-e757ca8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。