名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知のコミュニティバス・明と暗1
 愛知県の奥三河で公共交通再生への動きとして、隣接自治体のコミュニティバスを相互乗り入れさせる「郡」単位でのバス路線再編成が行われました。平成の市町村合併により全国各地で消滅した行政単位「郡」。これが公共交通では再編の舞台となりました。「郡」って決して過去の行政単位じゃないんですね。

 全国に点在するコミュニティバス。その多くは既存の路線バスが赤字などの理由で撤退する代替手段として導入されるケースが多いですが、補助金の負担割合などがネックとなって隣接自治体への広域路線は少なく、自治体内で完結したバスの運行にとどまるケースが圧倒的なのが現状です。したがって、隣の街など広域移動ができず公共交通維持はおろか、かえってクルマへの移行を推進しかねないものもありました。特に郡部では隣接自治体への買い物・通院・通学などが日常的な地域も多く、経済圏や生活圏を重視した「広域コミュニティバス」が求められていました。

 奥三河ではJR飯田線・豊鉄バス・町営バス・村営バスが入り混じりながら各事業者の連携が悪く、利用者は乗り継ぎの不便さや初乗り運賃の2重払いなどの弊害を受けていました。
 豊川水系の設楽町と天竜川水系の東栄町・豊根村では経済圏が若干異なるものの、高校は設楽町(東栄町の高校は統廃合されている)、病院は東栄町という具合に郡内唯一の施設を広域で利用することが、過疎地域での施設存続のためにも急務だったわけです。
 今回の再編により、特に最奥の豊根村は劇的な改善となったようです。
 私、かつて豊橋に暮らしていたのですが、奥三河でも豊根村へ公共交通で行こうものなら相当苦労したものです。
豊橋(JR飯田線)→東栄(東栄町営バス)→本郷(豊根村営バス)→豊根村

 豊根村の奥地へ行こうものなら更に乗り換えが必要です。豊根村へ行くにも半日がかり。日帰りとなると常に時計を見て動かねばならない状況でした。乗り換えが1回無くなるだけでもありがたいですし、運賃の軽減によりメリットも大きいので十分な改善といえます。
 また、愛知県の公立病院においても、東栄病院は経営状況が大変厳しいとニュースで聞いたことがあります。地域医療は地域住民が守る。そのために今回のバス再編で少しでも利用されやすい環境を整えることができるわけで、単なる公共交通の再編に限らないポイントの高さ、これを評価したいです。
 ゴミ処理や水道を隣接自治体との共同で行うケースがあるのだから、コミュニティバスも同様に隣接自治体との広域運行にした方がメリットが多いのです。行政も変な縄張り意識を排除し、どうすれば住民の利便に寄与できるのか、もう少し頭をひねってほしいものです。

 

 設楽町と東栄町、豊根村は4日、3町村で独自に運営していた公営バスを相互に乗り入れ町村をまたいで運行させる試みを始めた。乗用車を運転できない高齢者や子どもらの利便性を高めようと、3町村でつくる「北設楽郡公共交通活性化協議会」が病院への往復や通学時間を考慮した運行形態を策定。2011年度までを実験期間とし、その後はダイヤ改定などで実験結果を反映させ継続する。
 3町村間を越境運行するのは3路線。これまでは大半が各町村内で中心部と集落を結ぶだけだったが、豊根東栄線では豊根村役場からJR飯田線東栄駅(東栄町)に直結。乗り換えに30分近くもかかることもあった郡内唯一の公設病院「東栄病院」(同)にも、乗り換えなしで行けるようになった。

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100105/CK2010010502000030.html

北設楽郡総合交通システム「おでかけ北設」
http://www.town.shitara.aichi.jp/odekake/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/573-fa06a704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。