名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

テレビ愛知への微妙な救済計画
 何気なく、新聞のテレビ欄を見ていたら、
 20100214235550.jpg

20100214235540.jpg

 テレビ愛知だけ「0:52放送終了」って、いくら日曜日でも早すぎ。

 しかも、無い。放送が無い。「おねだりマスカット」の放送がない(怒)。
 
 休止させてしまったテレビ愛知の理由はデジタル放送の工事らしい。

 エリアの愛知県なのに地上デジタル放送が見られない人がいるテレビ愛知のデジタル放送受信問題。今年に入って犬山と常滑に中継局ができ、大幅に改善がなされましたが、それでもまだ受信ができない県民がいます。意外に多いのが、お膝元の名古屋市です。テレビ愛知の本社がある大須の商店街でもワンセグの受信ができない始末で、そのだらしなさには失望を通り過ぎ、笑い物のレベルでした。地デジでは、テレビ愛知は地元の放送局ではなかったのです。
 テレビ愛知の受信問題は愛知県内でも随分問題化していましたが、ついに瀬戸のデジタルタワーの送信方式の変更、及び名古屋市内にテレビ愛知専用の中継局が設置されるそうです。

東海総合通信局HPより
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/tool/kohosiryo/hodo/21/02/0210-2.htm

 テレビ愛知は、CBCなど東海3県下すべてを営業エリアとする放送局ではなく、愛知県にエリアを絞った県域放送局なので、デジタル放送電波は岐阜県側へ流れないように極端に電波の送信方角を絞っています。したがって、一宮や犬山など、岐阜県寄りの地域ではテレビ愛知のデジタル放送は受信しにかったのです。また、名古屋市内でもビルの陰などの理由で受信できない世帯が多く、今年1月に犬山と常滑に中継局ができるまでは、テレビ愛知が受信できない愛知県民が数十万人単位でいたことになります。
 今回の工事によって、一宮方面へ電波を飛ばすように変更するとのことで、尾張地方での難聴は大幅に解消されるとみられています。また、名古屋市内でも名駅と国際センターに中継所を作るそうです。しかし、エライところに造るものです。前者は名古屋駅のツインタワー建設時からテレビの難聴問題が指摘されていたので、自然な流れでしょうが、国際センターに造る意図って何なんでしょう? 1つにまとめては都合が悪かったのでしょうか?
 もう1つ疑問なのが、アンテナの問題。名古屋市民の半数ほどはデジタル放送開始に際し、瀬戸に向けるアンテナを増設する必要がありました。テレビ塔・八事・三重テレビ用アンテナに加えて、瀬戸へ向けたデジタル専用のアンテナを立てたのに、更に国際センターに向けて自腹でアンテナを出す必要がある人もいるのでしょうか? 屋根に5本ものテレビアンテナを立てるとは。えらい賑やかな屋根になるお家が見られそうです。おそらく、国際センターへ向ける家はごくわずかで、携帯電話等の「ワンセグ」がメイン利用となる中継所になると思われます。

 テレビ愛知も受信問題には神経を使っていたかと思います。その証拠として、今年元日の中日新聞でテレビ愛知の社長は、年頭あいさつとして「愛知県内のどこでも地上デジタル10チャンネルを見られるように全力を挙げます」という異例のコメントを発表しました。しかし、正直なところ「何をいまさら」と思いました。これが3年前なら、もう少し企業努力としてテレビ愛知を評価できたのですが、ここまでエリア内でデジタル放送を見られない愛知県民を放置していたのですから。
 テレビ愛知がエリア内で努力するのは、民間企業として当たり前のことです。この問題への取り組みは、やる気や根性・リベンジなんてものではありません。なぜなら、地上デジタル放送の受信問題テレビ愛知単独で解決できる問題ではないからです。テレビ愛知にできるのは、繰り返し官庁詣でしながら陳情するぐらいでしょう。
 それもそのはず、放送局は国の許認可による事業であり、総務省による護送船団方式に任せる他に方法がありません。地上デジタル放送も総務省の音頭の下で展開されているのですから、総務省は問題が表面化したテレビ愛知に対して、何らかの救済策を講じる必要が出てきたのですが、それより先に地上デジタル放送の中継局設置が優先され、テレビ愛知を含め各地域の受信事情対策には後手に回ってしまったのです。
 タケノコのように、愛知県内の至る所にテレビ愛知専用の中継局を設置することも一考の価値がありましょう。しかし、それよりも手っ取り早いのが、親局である瀬戸のデジタルタワーの送信設備を改良することです。総務省のやり方は広い濃尾平野の特性を全く生かさないどころか、敢えて殺してしまっています。今回も電波の出力増量だけは総務省が頑なに拒否したようで、妥協点が国際センターだったのではないかと思われます。また、この背景にはテレビ愛知で妥協してしまうと、ここより事情の悪いテレビ大阪の電波送信問題も押し切られてしまう危険があるために、敢えて前例や特例を作らない方針だったのではないでしょうか。

 今回、テレビ愛知は相談窓口を設置しています。

テレビ愛知公式サイトより
http://www.tv-aichi.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=0&NCODE=97

 送信方式の変更により一宮方面が充実する半面、三重県方面・知多半島・西三河方面へのいずれかが電波が弱くなる危険性があります。弱くなる地域では他の中継所にテレビ愛知専用のアンテナを新規で立てる必要が出てくる可能性もあります。
 テレビ愛知は安泰かもしれませんが、テレビ愛知の電波がどうなるか、工事が完了する今月21日以降も愛知県民の憂鬱は、もう少し続きそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/607-95f23020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)