名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波警報による近鉄とJRの対応格差
 遥か遠いチリの地震に端を発する津波の影響が東海地方にも直撃しました。愛知県や三重県でも津波警報が発令され、津波の到達時刻に合わせてJRや近鉄が運転を見合わせているということで、名古屋駅へ行ってみました。
SSCN4310.jpg
 JR名古屋駅の関西線ホームにある電光表示には「調整中」の文字。伊勢湾に近い永和~富田間が運転見合わせ区間ということで、名古屋~永和間と富田~亀山間で折り返し運転にしていたそうです。
SSCN4311.jpg
 だから、この列車の方向幕は「桑名」行きと書かれていますが、実際は永和駅までしか行かないのです。駅では繰り返しアナウンスを行っていましたが、どう考えてもこの案内は利用者に誤解を与えかねない不親切な案内です。桑名行きと表示しながら永和駅までしか行かないようでは看板に偽りありであり、事情を知らずに電車に飛び乗った利用者がこの事情を知った場合にJRはどう対処するのでしょう。「永和」行きの方向幕が無いのなら、空欄にした方がまだ親切です。そこまでして「ワンマン」列車であることを示す方が重要なのでしょうか?
 今回、JR東海は運行を確保している近鉄への振り替え輸送を行いませんでした。これはどうしてなのか?不思議でした。為す術の無いJRの駅員は運転見合わせである旨を知らすと乗客との応対をしていましたが、傍で聴いていると、
「再開の目処は立っていない」
「弥富へ行きたければ永和駅からタクシーに乗れば良い」
「近鉄の事情は近鉄の駅で確認してほしい」

など、とても合格ラインに程遠い不合格返答を繰り返すと、応対のトラブルを恐れたのか?ホームから退散していました。
SSCN4306.jpg
 何とも情けないJR東海の対応を見た後で、近鉄名古屋駅へ乗り込みました。
SSCN4307.jpg
 近鉄は五十鈴川駅から先(鳥羽・賢島方面)のみ運転見合わせということで、鳥羽方面へ行く直通列車を五十鈴川駅止まりにした以外は平常運行でした。名古屋~桑名間ではJRより海沿いを走っている区間もあるというのに、近鉄は勇敢に利用者の安全輸送に挑んでいました。
 案内表示には「急行」の表記だけ。五十鈴川行急行も存在するのでパタパタにも入っているのですが、なぜか表示されていませんでした。
SSCN4308.jpg
 昼間には珍しい五十鈴川行急行。
SSCN4309.jpg
今回、トラブルでも「打たれ強い近鉄、ヘタレなJR東海」という両極端な対応が見られました。競合関係にある両社ですが、運賃で不利になっている近鉄が三重県民に根強い信頼を勝ち取っている理由も何となくわかる気がしました。

 テレビのニュース速報によれば、午後9時過ぎにJRが運行を再開し、午後10時過ぎには近鉄も全線で運転を再開したようです。太平洋に面する沿岸地域では避難勧告・避難指示も出た地域がありましたが、東海地方では大きな被害が無かったようで、まずは一安心ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

利益しか考えずに安全策や利用者へのサービスなんて考えないのは、民間企業として最悪ですね。さすが名古屋的思考の会社w
これでは国鉄時代のほうがサービスが良かった。
【2010/05/21 20:49】 URL | 名無氏之助 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
 JR東海は須田社長時代と葛西社長時代以降で、大きく異なっています。須田時代にも運転トラブルはあったのですが、世論を巻き起こすほどの動きにはなりませんでした。要はトラブルシューティングの悪さとマスコミ対策の悪さなんです。葛西会長が社長時代に新幹線がトラブルで停まってしまい、批判を恐れた氏はグリーン車から車掌室に逃げ込んだという話は、週刊誌にも取り上げられた有名な話です。
 その反省か、最近は太鼓持ち記事ばかりでウンザリしています。
【2010/05/24 02:10】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

微妙なところですね
名駅の駅員の態度は論外としても、警報発令中なだけに近鉄の運転再開は早すぎたような気がします。
東海の運転休止の発表が遅すぎたのも事実ですが。

一方、和歌山地方気象台が慎重になりすぎて、和歌山~新宮が12時から終日運休となり、海南以南は陸の孤島に、和歌山港入港を認めなかったために深夜にフェリーが入港するなんてことが起こっています。が、名古屋では報じられていないのでしょう。

実際、太平洋岸では0.5mの津波で済みましたが、東北あたりでは1.5m程度の波が押し寄せましたので、この処置はやむを得なかったのではないでしょうか。
【2010/05/26 13:59】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]

Re: 微妙なところですね
>くっち~さん
>警報発令中なだけに近鉄の運転再開は早すぎ
 近鉄の場合、名阪特急が運休又は遅れでもしたら、名古屋~大阪難波間全線でダイヤが乱れてしまい、津波の影響が無い伊賀地方や奈良県内まで拡散してしまうことを警戒したのでしょう。そもそも、伊勢湾内へ津波が侵入するとなれば、それ以前に尾鷲や御前崎などでの潮位変化がはっきりしているはずであり、それを判断材料にすれば最小限での列車運転見合わせで抑えられるということかと思います。

>和歌山地方気象台が慎重になりすぎて、和歌山~新宮が12時から終日運休となり、
>海南以南は陸の孤島に、和歌山港入港を認めなかったために深夜にフェリーが入港

 NHKでは運転見合わせの情報は流れていましたが、運転再開の情報は無かったかと記憶しています。阪和道以外は全滅ということですね。
【2010/05/27 03:18】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

阪和道が
和歌山か海南で通行止めだったような気がします。
国道42号線は当然通行止め、田辺からの国道311号線、新宮からの国道168号線以外は使えないでしょうから、本当に陸の孤島だったようです。

ラジオネタもつけておきます。
和歌山港自体は西に開いており、津波が回りこみにくい構造ですが、安政三連発地震のようなケースも有りますので、和歌山放送、ラジオ関西、ラジオ大阪、京都放送は非常時の相互放送の協定を結んでいます。最初は前三局だけだったのですが、神戸、大阪の両局が海岸近くにあるので、内陸の京都放送を含めての体制になりました。
NRNと独立系の組み合わせとは興味深いです。

今年、アナウンサーの新人採用がなかったのが理由か、MBSの鈴木アナは大阪へ戻りアナウンサーに復帰しました。3分のトークを20分しゃべって、早回しされてましたが。

水曜Digの話、JRAの源流は明治~大正期に設立された倶楽部(その一部は幕末の外人運営もありました)を統合したものを戦後一旦国有化(GHQが民間団体を認めなかった)の後1954年に政府100%出資の特殊法人になっています。
地方競馬は、馬産地競馬や草競馬が戦時体制で軍馬鍛錬競走となり、戦後ウヤムヤのうちに復活したものです。

「日本のギャンブル」という本が、大阪商業大学アミューズメント産業研究所から3150円で出版されています。競馬競輪競艇オートレースの他、宝くじ、サッカーくじ、パチンコまで解説されておりますので、興味があればご一読を。

ラジオネタ、ドラネタもブログでのエントリー、期待しています。
【2010/05/28 21:51】 URL | くっち~ #JyN/eAqk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/618-3d6911ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。