名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

高岡散策
 1月に行ってきました北陸雪中行軍レポート第4弾。北陸地方の大雪で万葉線の撮影を諦め、富山市へ戻る途中に高岡市の街歩きの報告です。富山県第2の都市ですから、何か面白そうなモノがあるかと思ったので歩いてみました。
SSCN3750.jpg
 高岡大仏。奈良・鎌倉と並ぶ日本3大大仏だそうです。白の上着を着ております。この大仏を中心に高岡の中心部には渋い街並みも残っておりました。
SSCN3758.jpg
 商店街は閑散としていましたが、中心に北陸の百貨店・高岡大和がありました。中は客より店員の数が多かったですが、地方百貨店にありがちなレトロ感やさびれっぷりは感じませんでした。
SSCN3751.jpg
 商店街のアーケードまで乗り入れてくれる、コミュニティバス。お客さんが多かったのが救いです。
SSCN3759.jpg
 高岡駅前のいかにも再開発なビル。手前のビルはどうみてもホテル。奥のビルは…
SSCN3760.jpg
 下から読むと、生涯学習センター・図書館…。ありがちな行政系のビルかと思いきや、「富山県立志貴野高等学校」。えっ、ビルの中に県立高校ですか?
SSCN3761.jpg
 ちゃんと1階に校門がありました。いくら大きなビルとはいえ、駅前ビルに高校を誘致してしまうとはすごい。校庭は無く、体育館がビル内にあって体育はそこで行っているらしい。かつて「電車で通えるアメリカの大学」とか、「駅前留学」という英語教室もあった。ここはまさに「駅前高校」である。
 駅前高校なら日本中に結構あるのだが、県内第2の都市の駅のド真ん前に高校があるって、かなりすごいかと思う。複数の鉄道路線が集まるターミナルなので、通学至便で公共交通があれば間違いなく通える。立地条件はすこぶるいい学校だ。高校時代、バスの本数が少ないことから、毎日、高校まで自転車で30分、山一つ越えて通った私は、ここの生徒がうらやましく思えた。夜間部もあるのは、この立地あってのことだと思う。
 駅前再開発が失敗している都市が多い。商業施設も大切だが、人が集まるという意味では高校の誘致も効果があるよな。駅前商店街も少しは潤う。日銭商売程度なら個人商店でも何とでもなるし、生徒相手の商売にシフトすれば深夜営業も日曜営業も必要無くなる。結構おいしいかも。
 比較的土地に余裕があるといわれる富山県でこのような試みが行われていることに衝撃を覚えた。
SSCN3742.jpg
 さて、富山へ向かうことにします。しまった、高岡の激ウマ地酒「勝駒」を買い忘れた(涙)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

>富山県立志貴野高等学校

へぇ、駅前のビルの中に高校ですか。予備校・専門学校・大学・大学院なら聞いた事がありますが、高校とは・・・。これには驚きました。駅前再開発の面で盲点を突いているよね、高校誘致っていうのは。

富山県って、或る意味お隣の石川県より進んでいるって所ありますよね。工業の面では完全に上ですし、温泉郷のある石川県に対して北アルプスの富山県と観光面でも負けていない。鉄道網(特に民営鉄道)では完全に富山県が石川県を圧倒しております。富山や高岡の路面電車なんかその最たるものですし、こういうものこそ金沢市に最も相応しいと思うんですがねぇ(40年余前まで走っていたそうですが)。
とは言うものの、じっくりと行った事がありませんので、機会が有れば訪ねてみたいと思っています。
【2010/04/04 21:44】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: タイトルなし
> massanさん

> 富山県って、或る意味お隣の石川県より進んでいるって所ありますよね。
 そうですね。何といっても富山はコンパクトにまとまっている、これがいい意味で機能しているのではないかと思うのです。唯一の泣き所は民放テレビが3局でテレ朝系列が見れないことぐらいです(CATV等で幾分カバーできるそうですが)。街を歩くと住みたくなる気持ちがわかりますよ。逆に石川県は金沢近郊を除くと全般的に遅れが目立ち、特に能登地方の衰退ぶりには驚かされます。

>鉄道網(特に民営鉄道)では完全に富山県が石川県を圧倒しております。
 伝統的に石川県の行政は公共交通への関心が薄く、過去にもミスマッチで廃線に追い込んでいる例が複数あります。
 金沢の路面電車も古参車両の脱線転覆事故が廃線の引き金になったのですが、これは行政が北陸鉄道に丸投げで既に赤字だった路面電車への補てん等をしなかったことが原因です。また、のと鉄道の3セク移管でも中途半端な上下分離方式を導入したため、JR西日本の了解無くして駅設備の改善ができず、十分なサービスを提供できないことから客離れを招き、穴水以遠が廃線になりました。
 能登については空港も必要でしょうが、最も効果があるのは金沢への交通機関と共に、珠洲・宇出津から富山(又は伏木)への高速艇ではないかと思うのです。珠洲市あたりは富山の放送が受信でき(ちなみにMROラジオが受信できない)、富山への依存がある地域です。ちなみにのと鉄道能登線廃止の際に行きましたが、金沢から珠洲まで鉄道で4時間かかりました。

>こういうものこそ金沢市に最も相応しいと思うんですがねぇ
 同感です。金沢駅~香林坊~野町を結び、北陸鉄道の2路線と直通運転とか。金沢が致命的なのは、金沢大学や病院等が郊外の鉄道の無いエリアに移転しているため、バスへの依存が強く、仮にLRT化しても利用者が限定的という見方があるため消極的になっているという話を聞いたことがあります。
【2010/04/15 13:57】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/634-2909316b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)