名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

青木酒造酒蔵開き
SSCN3999.jpg
1月30日、「米宗」のブランドで知られる愛西市の青木酒造さんの蔵開きに行ってきました。公式サイトによると、

アクセス
名鉄佐屋駅より タクシー5分 徒歩30分
近鉄富吉駅より タクシー10分
近鉄佐古木駅より 徒歩30分
JR永和駅より タクシー5分


 ある程度覚悟していたけど、最寄駅からバス一切なし。歩いて30分はちょっとしたハイキング大会です。海部郡・津島方面って電車の線路から一歩離れると、バス路線すら無い地域ばかり。名古屋から20km圏内でクルマが無いと生活できないところが多すぎるけど、地元の人はどう思っているのでしょう。
 佐古木駅より永和駅の方が近そうと思いJR名古屋駅から関西線で行こうとしたら、運悪く普通列車が出た直後。仕方ないので近鉄で佐古木駅へ向かう。佐古木駅からハイキング大会スタート。佐川急便の支店を目標に歩くが、田んぼの中で遮るものが無く強風の中を歩くのは苦痛だった。途中、道に迷って遠回り。45分歩いて蔵元へ到着しました。ちなみに、Yahoo!の地図によると、蔵元から最寄り駅は名鉄佐屋駅2.3km、次が近鉄佐古木駅で2.8km、JR永和駅は3.1kmと判明。不動産広告で使う「1分=80m」で換算すると佐古木駅から標準的な時間でした。
 ちなみに、昨年までは送迎バスを良いしていたそうです。ただ、佐古木・永和・佐屋と3方向へバスを出さねばならないので、負担が大きく大変だったかと思います。
SSCN4000.jpg
 今回の蔵開きは13:30~15:00と1時間半しか行わないストライクゾーンの狭いイベントなので、大急ぎで蔵の中へお邪魔します。
SSCN4001.jpg
 蔵の中に入りますと、
SSCN4002.jpg
 蔵の方が作業をしていました。上から下りてきているホースが気になります。上へ行く階段があったので上ってみます。
SSCN4003.jpg
 すると、蔵の2階には麹室で造られた米麹(出麹)がありました。
SSCN4004.jpg
 ホースの正体は、労力の簡素化を目的にダイレクトでタンクに投入していたものでした。こういう蔵は結構あります。
SSCN4005.jpg
 ズラリと並ぶタンク群。
SSCN4007.jpg
 搾り機(ヤブタ式)の前で本当のしぼりたてを試飲。アルコール度数は高いのですが、飲みやすい酒でした。
SSCN4006.jpg
 純米酒から大吟醸・山廃・本醸造・にごり酒・甘酒まで、様々なお酒を楽しませていただきました。公開は15:00までなのですが、16:00まで蔵では見学者で賑わっていました。帰りに冨吉駅又は永和駅までタクシーを呼ぶ人が多く、近隣のタクシー業者にちょっとした特需をもたらしていました。
SSCN4008.jpg
 蔵の売店には、様々な酒が並んでおり、
SSCN4009.jpg
 「うさぎ」を土産に買い、名鉄佐屋駅まで30分歩いて名古屋まで帰りました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

>海部郡・津島方面って電車の線路から一歩離れると、バス路線すら無い地域ばかり。

名古屋市~津島市間の名鉄バスと名古屋市~大治町間の名古屋市営バス以外全くありませんね。以前は名鉄バスとか三交バスの路線も結構あったのに。
自家用車を所持しているのならそれでいいのでしょうが、アルコールを口にしたら車を運転できなくなりますから(それでも高額の罰金&交通事故を覚悟の上で運転する者もいますが)、そうなった場合どうするのだろうか。タクシーを使うのかもしれませんが、相乗りでなければ結構金がかかるし。
愛西市の場合、市の運営する巡回バスが運行されており、青木酒造の近くにも路線があります。しかし本数が少なく、その割には系統が複雑ですので、こういうイベントの時には適していないかもしれません。それでも最寄りの駅から歩くよりはずっとマシですから、愛西市役所にはもう少し利用しやすいダイヤ・ルートにしてもらいたいですね。
【2010/03/28 10:04】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: タイトルなし
massanさん

>愛西市の場合、市の運営する巡回バスが運行されており、青木酒造の近くにも路線が
>あります。しかし本数が少なく、その割には系統が複雑ですので、こういうイベントの
>時には適していないかもしれません。

 コミュニティバスは地元住民の利用しか想定していない路線が多いうえに、公共施設へのアクセスに偏重しているところがあります。イベントには完全非対応でしょうね。東海3県下では「路線図ドットコム」などのおかげで随分軽減されていますがね。

 個人的には木曽3川をまたぐ公共交通があってもよいかと思っています。弥富~桑名経路(JR関西線・近鉄)の次は、遥か北の一宮~笠松経路(名鉄本線)までありません。途中に橋は何本もあるのですが、バスがまったく無いのです。昭和40年代までは津島から海津経由で須脇(お千代保稲荷)までのバスがあったそうですが廃止されています。

・津島(又は藤浪駅)~海津~石津駅
・起~羽島市役所前駅~岐阜羽島駅

 この2路線ぐらいはあっても問題ないと思います。いずれも愛西市・海津市・羽島市のコミュニティバスをいじる程度でどうにでもなるレベルなんですけど、市町村境や県境を越えることで相手側自治体への配慮なのか踏み出そうとしないんです。利便性が飛躍的に伸びると思うんですけどね。
【2010/04/02 19:33】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

これって、酒蔵開きの記事でしたよね・・・。
>木曽3川をまたぐ公共交通があってもよいかと

そうですね。
私個人としては、国営木曽三川公園のあたりにあってもいいのではないかと思います。特にイベントが開催されるとかなり賑わいますので、最寄りの駅(佐屋駅・長島駅・多度駅)から(季節運行でもいいから)路線バスが運行されると良かろうと思います。

>津島から海津経由で須脇(お千代保稲荷)までのバス

確か名古屋近鉄バス(今の名阪近鉄バス)が運行していたと思います。それどころか昔は名古屋と大垣とを結ぶ路線もあったそうです(一宮・笠松経由)。
しかしながら、このあたりのバス路線網は、愛知県は名鉄バス、岐阜県の岐阜地区は岐阜バス、西濃地区は名阪近鉄バス、そして三重県は三交バスと完全にエリアが区切られており、なかなか相互間の交通が無かったのかもしれません。尤も、そのバス路線もコミュニティバスに移行しておりますので、広隆堂さんの仰るように隣接する各自治体が協力して新たなバス路線網を造るべきではないかと思います。
これはもう千載一遇のチャンスなんだけどなぁ。

とここまで書いてふと思ったのですが、

肝心の酒蔵開きの件の感想について何も書いていないではないか。

ダメじゃないか・・・。

という訳で、この件については稿を改めます。
【2010/04/04 13:53】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: これって、酒蔵開きの記事でしたよね・・・。
>massanさん

 まぁ、別にいいですよ。

>国営木曽三川公園のあたりにあってもいいのではないかと思います。

 同感です。あそこって、公共交通でのアクセスが劣悪ですよね。

>確か名古屋近鉄バス(今の名阪近鉄バス)が運行していたと思います。

 名鉄と共同運行だったかと記憶しています。海津町史・平田町史・津島市史あたりに記述があったのですが、詳細を忘れてしまいました。申し訳ありません。

>なかなか相互間の交通が無かったのかもしれません。

 自動車交通が普及するとともに木曽三川に橋が架かりながらも、バス交通は既存経済圏や通学圏に執着し旧態依然だったことが、ライフスタイルの変化に伴うバス離れを加速させたのだと思います。羽島市や旧海津町が発展できない要因もここにあるかと思います。
【2010/04/15 13:01】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/643-b530c8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)